公衆とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 公衆 > 公衆の意味・解説 

公衆

著作権法での「公衆」とは、「不特定の人」又は「特定多数の人」を意味します(第2条第5項)。

相手が「ひとりの人であっても、「誰でも対象となる」ような場合は、「不特定の人」に当たりますので、公衆向けになります例えば、「上映」について言うと1人しか入れない電話ボックス程度大きさ箱の中ビデオ上映している場合、「1回に入れるのは1人だが、順番を待って100円払えば誰でも入れる」というときは「公衆向けに上映した」ことになりますまた、送信」について言えばファックス送信などの場合、1回の送信は「1人向け」ですが、「申込みがあれば『誰にでも』送信する」というサービスを行うと「公衆向けに送信した」ことになります(これを自動的に行っているのがサーバーなどの自動公衆送信装置)。

さらに、1つしかない複製物を「譲渡」「貸与」するような場合、「特定の1人に対して、「あなたに見て(聞いて)欲しいのです」と言って渡す場合は「公衆」向けとはなりませんが、「誰か欲しい人はいませんか?」と言って希望した人に渡し場合は、「不特定の人」=「公衆」向けということになります

特定多数の人」を「公衆」に含めているのは、「会員のみが対象なので、不特定の人向けではない」という脱法行為を防ぐためです。何人以上が「多数」かはケースによって異なると思われますが、一般には「50人を超えれば多数」と言われています。

不特定」でも「特定多数」でもない人は「特定少数の人」ですが、例えば「電話話しているときに歌を歌う」とか「子どもたち両親の前で劇をする」といった場合がこれに当たりこうした場合には著作権働きません。

公衆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/11 08:11 UTC 版)

公衆(こうしゅう)とは共通の関心で結ばれている組織化されていない集団である。


  1. ^ 工業所有権法(産業財産権法)逐条解説 第18版 p.82
  2. ^ 著作権法 第2条第5項


「公衆」の続きの解説一覧

公衆

出典:『Wiktionary』 (2019/03/16 04:12 UTC 版)

名詞

こうしゅう

  1. 社会一般人々
  2. 社会学で、伝統文化共有し、共通識見をもち、公共的なものに関心をもつ不特定多数人々

発音

こ↗ーしゅー

翻訳

関連語




公衆と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「公衆」の関連用語

公衆のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



公衆のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文化庁文化庁
Copyright © 2020 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの公衆 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの公衆 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS