自動公衆送信とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 通信技術 > 送信 > 自動公衆送信の意味・解説 

自動公衆送信

読み方じどうこうしゅうそうしん

公衆送信のうち,公衆からの求めに応じ自動的行なうもの(放送または有線放送該当するものを除く。)をいう(著2条1項9号の4)。一般に,「オンデマンドon-demand送信」または「インタラクティヴ(interactive送信」ともいう。

関連項目


(注:この情報2007年11月現在のものです)

自動公衆送信

サーバー等の送信コンピュータ蓄積された情報を、公衆アクセスがあり次第自動的にその端末機器向けて情報送信することをいいます(第2条第1項第9の4号)。インタラクティブ送信(双方向送信)とも呼ばれます。放送有線放送のように同時に多数の人に送信する形態のものは自動公衆送信には当たりません。

公衆送信権

(自動公衆送信 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/11 09:37 UTC 版)

公衆送信権(こうしゅうそうしんけん)は、著作権の一部で、公衆によって直接受信されることを目的として著作物の送信を行うことができる権利である。






「公衆送信権」の続きの解説一覧



自動公衆送信と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自動公衆送信」の関連用語

自動公衆送信のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



自動公衆送信のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2019 Sekidou Kousuke.
文化庁文化庁
Copyright © 2019 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの公衆送信権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS