サイバーポリスとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > サイバーポリスの意味・解説 

サイバーポリス

別名:サイバー警察
【英】cyber police

サイバーポリスとは、警視庁1998年6月発表したハイテク犯罪への対策強化プロジェクトのことである。

このプロジェクト構想実践に移すための部隊が、2000年設立された「ハイテク犯罪総合センター」であり、通報窓口などの役割担っているハイテク犯罪総合センターは「対策班」「捜査班」「技術班」から成り立っている。「対策班」は市民からの相談や、業界団体等の連絡窓口である。「捜査班」は、ハイテク犯罪捜査について警察署支援指導行い、「技術班」では、コンピュータ調査解析技術的支援を行う。

サイバーポリスのWebサイトにおいてはウィルスワームなどの最新情報や、セキュリティに関して喚起するコンテンツ、更に警視庁設置されているIDS(不正侵入検知システム)のデータなどが紹介されている。


参照リンク
警察庁セキュリティポータルサイト@police - (警視庁
セキュリティのほかの用語一覧
セキュリティ対策:  ログアウト  Shared Computer Toolkit  Server Core  サイバーポリス  最大深刻度  最悪のパスワード  セキュリティパッチ

サイバーポリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/11 02:34 UTC 版)

サイバーポリス(Cyber police)は、日本警察庁が推進するサイバー犯罪(ハイテク犯罪)対策体制の総称。1998年6月、警察庁により公表された。電脳警察(でんのうけいさつ)と呼ぶこともある。[1]




  1. ^ a b c 平成10年警察白書 第1章 ハイテク犯罪の現状と警察の取組み 第2節 ハイテク犯罪対策 用語解説
  2. ^ a b c d e f 平成11年警察白書 第3章 犯罪情勢と捜査活動等 第3節 ハイテク犯罪への取組み
  3. ^ a b 【サイバーポリス】”. 日経パソコン用語事典2010. 日経BP PC Online. 2010年8月26日閲覧。
  4. ^ 平成10年警察白書 第1章 ハイテク犯罪の現状と警察の取組み
  5. ^ a b 警察庁情報セキュリティ政策体系 II 背景 5 サイバー犯罪対策の推進
  6. ^ 平成12年警察白書 第1章 時代の変化に対応する刑事警察 第2節 国民の期待にこたえる刑事警察に向けて 4 新たな情勢と課題への対応 (5)高度情報化社会における犯罪
  7. ^ 平成14年生活安全警察(ハイテク犯罪対策関係)運営重点の実施細目について 1 ハイテク犯罪に的確に対処できるサイバーポリス体制の確立
  8. ^ “サイバー警察に家宅捜索を受けた際の体験談” (日本語). IT議論. https://it-giron.com/25 2018年6月28日閲覧。 
  9. ^ なぜコインハイブ「だけ」が標的に 警察の強引な捜査、受験前に検挙された少年が語る法の未整備への不満 (3/3) - ねとらぼ


「サイバーポリス」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サイバーポリス」の関連用語

サイバーポリスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サイバーポリスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリサイバーポリスの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサイバーポリス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS