ゼロデイ攻撃とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > ゼロデイ攻撃の意味・解説 

ゼロデー‐こうげき【ゼロデー攻撃】

zero-day attackコンピューターで、ソフトウエアシステム上にセキュリティーホール見つかった際、それを修正するパッチ配布されたり対応策がとられたりする前に、その脆弱性を狙う攻撃。ゼロデーアタック。


ゼロデイ攻撃

読み方ゼロデイこうげき
別名:ゼロデイアタック
【英】zero-day attack, 0 day attack

ゼロデイ攻撃とは、ソフトウェア脆弱性セキュリティホール)を標的とした攻撃のうち、脆弱性発見されてから、開発者によって修正プログラムなどの対策が提供されるまでの時間差利用して行われる攻撃のことである。

ゼロデイ攻撃は、メーカー修正プログラム公開する前にクラッカー側が脆弱性に関する情報入手し、いち早くコンピュータウィルス・コンピュータワームを開発した場合などに行われる脆弱性に対応する有効な防御手段が提供される前に行われるため、万全対策を講じることは難しいとされている。

ゼロデイ攻撃として行われとされる代表的なウィルス・ワームの例として、「Blasterワーム」が挙げられることが多い。


ゼロデイ攻撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/29 15:27 UTC 版)

ゼロデイ(: zero-day)とは、情報セキュリティにおいて、セキュリティホールが発見された日から、その脆弱性を解消するための対処方法が確立される日までの期間のことであり[1]、その期間に、当該脆弱性を利用して行われるサイバー攻撃のことを、ゼロデイ攻撃(ゼロデイこうげき、: zero-day attack)という。






「ゼロデイ攻撃」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ゼロデイ攻撃」の関連用語

ゼロデイ攻撃のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ゼロデイ攻撃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリゼロデイ攻撃の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゼロデイ攻撃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS