サイバー攻撃とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 通信技術 > 攻撃 > サイバー攻撃の意味・解説 

サイバーテロ

別名:サイバー攻撃
【英】cyber-terrorism

サイバーテロとは、インターネット通信機能悪用して、情報技術関連のインフラ破壊しテロ匹敵する甚大な被害社会もたらす犯罪行為のことである。

サイバーテロの具体的な手口としては、膨大な量のメール送付する大規模なデータ量添付ファイルをつけたメール送付するウェブサイト侵入するクラッキング)してデータ改竄するユーザー偽のWebサイト誘導しフィッシング)、悪意あるプログラムマルウェア)をダウンロードさせる(ガンブラー攻撃)、トロイの木馬利用してバックドア設置し他のユーザーPC遠隔操作可能にし(ボット化)、それを多数用意してボットネット)、特定のWebサイト一斉にアクセスすることで機能不能にする(DDoS)、などの方法がある。

情報技術十分に普及浸透している今日では、サイバーテロによって現実社会へも多大な支障生じる。2009年7月には、韓国首相官邸青瓦台をはじめとする韓国の主要な銀行ECサイトなどが一斉にDDoSを受けて麻痺状態陥り大混乱陥っている。2010年11月には告発サイトWikiLeaks」などもDDoSによるサイバーテロの被害遭っている。


参照リンク
ハイテク対策 情報セキュリティ広場 - (警視庁
セキュリティのほかの用語一覧
ネットワーク攻撃:  SQLインジェクション  SAMAS  SAMSAM  サイバーテロ  サイバーマフィア  サイバーインテリジェンス  ゼロデイ攻撃

サイバーテロ

(サイバー攻撃 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 03:04 UTC 版)

サイバーテロ: cyber-terrorism)とは、ネットワークを対象に行われるテロリズムである。サイバー攻撃と呼ばれる場合もある。日本においては、犯罪の様態としては電子計算機損壊等業務妨害罪、および威力業務妨害罪(刑法犯罪)である。また民事損害賠償請求訴訟の訴因行為となる可能性がある。


注釈

  1. ^ ウェブサイトを閲覧できなくさせるには、膨大な数のアクセスを同時継続的に送り付けてウェブサイト側のサービス提供能力を飽和させるDoS攻撃がある。ウェブページの改竄は、SQLインジェクションなど手法を用いて既知のセキュリティホールを突き、ウェブサイト側のソフトウェアが全く予期していないメモリ領域を書き換えることによって、偽のページ情報を上書きするプログラムを読み込ませるなどで行われる。

出典

  1. ^ 『公益インフラにサイバー攻撃、複数都市で停電も』2008年1月21日付配信 ITmediaエンタープライズ
  2. ^ 中東の産業プラントを襲った 初の「殺人」マルウェア トリトンの恐るべき手口” (日本語). MITテクノロジーレビュー. 2019年5月30日閲覧。
  3. ^ a b 産経新聞2010年7月10日記事
  4. ^ 米、中国政府のハッカー2人を起訴 日本含む12か国でサイバー攻撃”. AFP (2018年12月20日). 2018年12月20日閲覧。
  5. ^ 【ニュース特集】米国産牛肉輸入問題 朝鮮日報
  6. ^ 米国産牛肉:警察庁などのサイトにハッキング相次ぐ
  7. ^ "猫ハッカー"が政党サイトをハッキング - 韓国
  8. ^ ロシア外交官35人追放 オバマ氏、大統領選干渉に対抗 日本経済新聞(2016年12月30日)2017年5月23日閲覧
  9. ^ Ukraine power cut 'was cyber-attack'BBC
  10. ^ 浄水システムに不正侵入、苛性ソーダ濃度100倍に設定 米フロリダ州”. CNN (2020年2月9日). 2021年2月11日閲覧。
  11. ^ Suderman, Alan (2021年5月8日). “Major US pipeline halts operations after ransomware attack”. AP News. 2021年5月8日閲覧。
  12. ^ Top US pipeline operator shuts major fuel line after cyber attack”. The Jerusalem Post (2021年5月8日). 2021年5月8日閲覧。



サイバー攻撃(2007年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/05 23:38 UTC 版)

政治的指向のある多くのインターネットサイトそうであるように、MIAは、悪意ある外部からの攻撃に対する問題負担としてのしかかっている。2006年11月からは、MIAサーバOSの誤設定による脆弱性狙った深刻なDoS攻撃幾度も直面した2007年1月には、攻撃によりアーカイブの大部分は機能不全陥りボランティアらにCPU問題解決託された。攻撃参加したシステム大部分中国設置、または中国機関属していることから攻撃中国政府からの政治的意向指揮よるものではないかとの憶測呼んだ攻撃深刻さ他のホスティング問題に影響したため、これによりMIAの主要サーバ幾つかのミラーサーバは、2007年2月から3月にかけて数週間閉鎖されることとなった後日、この問題は解決するところとなった

※この「サイバー攻撃(2007年)」の解説は、「Marxists Internet Archive」の解説の一部です。» 「Marxists Internet Archive」の概要を見る


サイバー攻撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 01:53 UTC 版)

4chan利用者などインターネット匿名サイト利用者主体の「アノニマス」(Anonymous)と呼ばれるグループ8日、「我々はインターネット自由戦士だ」「ウィキリークス対抗する者は誰でもわれわれの攻撃対象になる」と宣言ウィキリークスへの送金停止したPayPalをはじめ多くの企業個人ウェブサイト分散型Dos攻撃DDoS攻撃)を受けサーバ停止するなどの被害受けた。この一連の攻撃は「仕返し作戦」と名づけられている。 参加者徐々に増え始め若者コンピュータエンジニア約数千人参加している。 8日ビザマスターカードPayPal公式サイト一時アクセス不能な状態に陥った他にも血塗られた反米工作員」と非難したサラ・ペイリンアラスカ州知事アマゾンウィキリークス排除呼びかけたジョー・リーバーマン米上院議員公式サイト被害受けた一方アマゾンへ攻撃失敗した報じられた。Anonymousは「オーケー標的変えた。(Anonymousは)アマゾン攻撃するほど大きな組織じゃない」とメッセージ残している。 8日夜から9日未明にかけてスウェーデン検察庁ページDDoS攻撃を受け数時間ダウンした一方7日Anonymousサイト逆にDDoS攻撃受けた9日、「コールドブラッド」を名乗る22歳ハッカーは「これはデータ戦争だ。俺たちインターネット誰にでも開かれた自由なものにしようとしているのだ」と発言10日ビザマスターカードサイト攻撃したとしてオランダ16歳少年逮捕された。

※この「サイバー攻撃」の解説は、「アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件」の解説の一部です。» 「アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件」の概要を見る


サイバー攻撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:38 UTC 版)

詳細は「 サイバー攻撃 」を参照 サイバー攻撃は個人的データから電力系統までのあらゆるもの破壊する恐れがあるForesight Institure (英語版)の共同創業者元代表のクリスティーヌ・パターソン (英語: Christine Peterson )は、電力系統におけるサイバー攻撃が壊滅リスクなり得るのを信じる。

※この「サイバー攻撃」の解説は、「地球壊滅リスク」の解説の一部です。» 「地球壊滅リスク」の概要を見る


サイバー攻撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 21:14 UTC 版)

オリンピック開催前後に6億回のサイバー攻撃があり、組織委員会内部インターネットWi-Fiシステムダウンするなどの影響発生した。これらについて、調査進められていたが、アメリカ合衆国司法省イギリス政府2020年10月ロシア連邦軍参謀本部情報総局よるものであると発表した

※この「サイバー攻撃」の解説は、「2018年平昌オリンピック」の解説の一部です。» 「2018年平昌オリンピック」の概要を見る


サイバー攻撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 06:47 UTC 版)

サイバー戦争」および「中国サイバー軍を参照 中国政府人民解放軍がサイバー攻撃に関与していることを繰り返し否定しているが、複数メディアにより以下の事件報じられている(en:Chinese intelligence activity in other countriesも参照)。 2007年ドイツ首相府、経済省、外務省教育研究省へのサイバー攻撃。 2007年6月アメリカ国防総省にあるロバート・ゲーツ国防長官コンピュータシステムへの不正侵入確認された2007年イギリス外務省複数政府機関不正侵入可能性2013年アメリカ情報セキュリティ会社であるマンディアントは人民解放軍の「61398部隊」がサイバー攻撃に関与しているという報告書発表した

※この「サイバー攻撃」の解説は、「中国人民解放軍」の解説の一部です。» 「中国人民解放軍」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「サイバー攻撃」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



サイバー攻撃と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

サイバー攻撃のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サイバー攻撃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリサイバーテロの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサイバーテロ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのMarxists Internet Archive (改訂履歴)、アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件 (改訂履歴)、地球壊滅リスク (改訂履歴)、2018年平昌オリンピック (改訂履歴)、中国人民解放軍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS