憶測とは? わかりやすく解説

憶測

読み方:おくそく
別表記:臆測


明確ではない証拠を元にして物事推測することを意味する語。

おく‐そく【憶測/臆測】

読み方:おくそく

[名](スル)自分でかってに推測すること。当て推量。「—をたくましくする


臆測

(憶測 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/03 02:23 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「臆測」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「臆測」を含むページの一覧/「臆測」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「臆測」が役に立つかも知れません。

関連項目



憶測

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/09 05:09 UTC 版)

モントーク・モンスター」の記事における「憶測」の解説

頭部には嘴(くちばし)を思わせる突出があり、歯も鋭く体毛無く体型既知の動物とは異なるような印象あるためキメラもしくは未確認動物とする説出された。現場から30キロメートルほどの所にある家畜疾病センターは、1954年まで軍の施設であったため、ここで遺伝子操作をして作られた新生物だという話もあった。

※この「憶測」の解説は、「モントーク・モンスター」の解説の一部です。
「憶測」を含む「モントーク・モンスター」の記事については、「モントーク・モンスター」の概要を参照ください。


憶測

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 01:21 UTC 版)

テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故」の記事における「憶測」の解説

他にも立証できないものの、事故つながった可能性のある要因推測されている。 管制塔からの送信音声のバックグラウンドノイズには、サッカー実況中継と思われる音声混じっていた(スペイン側事故調査報告書では一切言及されていないが、オランダ側の事故調査報告書では指摘されている)。スペイン管制官管制塔内で勤務中テレビまたはラジオサッカー中継番組視聴していたと考えられ試合状況に気を取られ管制おろそかになった可能性がある。 KLM4805便のヤーコプ・フェルトハイゼン・ファン・ザンテン機長KLMでも最上級操縦士で、B747操縦のチーフトレーナーでもあり、KLM所属するほとんどのB747機長/副操縦士は彼から訓練を受けており、事故当日KLM機内誌広告には彼の写真掲載されていたほどの人であった彼は6年フライトシミュレーション新人パイロット訓練する担当者になっており、その間月平均21時間しか飛行しておらず、またこの日飛行前12週間1度飛んでいない。これらのことからシミュレーターの中のすべての役割管制官を含む)を行ってき結果全ての権限彼の掌中にあると錯覚するようになり、そのため、彼が管制官指示を問いたださなかったのではないか示唆する専門家もいる。 KLM4805便は本来の目的地であるグラン・カナリア空港到着した後、さらに折り返してアムステルダムへ飛行予定していた。これ以上遅延する正規の勤務時間中にアムステルダム到着できず、クルー職務時間超過に関するオランダ規則触れて最悪の場合ライセンス剥奪される可能性があることから、KLM4805便のクルー遅れたフライト急いで再開しなければならない考えていた可能性があるまた、グラン・カナリア空港給油するとさらに時間浪費することからテネリフェ空港待機している間に給油することを選択した可能性がある濃霧がさらに悪化する視界不良により滑走路閉鎖される可能性高く一刻も早く離陸しないとテネリフェ空港に留まらざるを得なくなる。その場合には乗客宿泊代などのKLM金銭負担増える結果になる上に小島であるテネリフェ島ではそもそも宿泊施設確保することが困難であるから、散々待たせたPAA1736便まで巻き添えにして離陸できなくなるのは気の毒だの配慮による焦り指摘されている。

※この「憶測」の解説は、「テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故」の解説の一部です。
「憶測」を含む「テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故」の記事については、「テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「憶測」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

憶測

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 11:09 UTC 版)

名詞

おくそく臆測」の「同音の漢字による書きかえ」。「臆」が常用漢字含まれる現在は、「臆測」を表記優先した上で「『憶測』とも書く」とされている

  1. 不確かな根拠をもとに推測すること。

発音(?)

お↗くそく

別表記

臆測

類義語

当て推量

複合語

揣摩憶測揣摩臆測

翻訳

動詞

  1. 不確かな根拠をもとに推測する。

活用

サ行変格活用
憶測-する

翻訳


「憶測」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

憶測のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



憶測のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの臆測 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのモントーク・モンスター (改訂履歴)、テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの憶測 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS