キメラとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > キメラの意味・解説 

キメラ【chimera】

ライオンの頭、の尾、ヤギの胴をもち、口から火を吐くというギリシャ神話怪獣キマイラ

生物学で、異な遺伝子型細胞共存している状態の一個体。植物では接ぎ木したものにみられ、動物では異系統の発生初期の胚を融合させて作った人工キメラマウスなどがある。


キメラ


キメラ(Chimaera / Cimera)

遺伝子型の違う2種類以上の組織が同じ個体または同じ臓器内に存在する状態をいう。状態は移植突然変異などによって起こりうるモザイクともいう。

キメラ

ギリシャ神話登場する伝説の生物ライオンと牡山羊と、ドラゴンの首を持つ。尻尾持っているとも言われるその姿不可解説明しにくいことから、「訳の解らないものごと」のたとえにされることがあるchimera
植物体の一部変異見られる現象
斑入り葉多く場合通常の一部白くなったもので、葉緑素を失った細胞が交じった。(変種名variegatum は「斑入り」を意味する)
《例》Paph. insigne var. variegatum
   Vanilla planifolia ‘Variegata’
   Phaius tankerrvilliae‘Variegata’
   Dendrobium nobile var. variegatum
枝変わり同一個体から2種類の開花見られる


キメラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 02:15 UTC 版)

生物学における キメラ (chimera) とは、同一の個体内に異なる遺伝情報を持つ細胞が混じっている状態や、そのような状態の個体のこと。嵌合体(かんごうたい)ともいい、平たく言うと「異質同体」である。


  1. ^ 古畑種基『血液型の話』岩波新書、1962年、134-139P。
  2. ^ ネイチャー』(2002年5月2日)「Human genetics: Dual identities


「キメラ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キメラ」の関連用語

キメラのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キメラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
トランスプラント・コミュニケーション [臓器移植の情報サイト]トランスプラント・コミュニケーション [臓器移植の情報サイト]
© 1996-2008 Transplant Communication All Rights Reserved (Unless otherwise noted.)
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキメラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS