爪とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 部分 > の意味・解説 

そう【爪】

常用漢字] [音]ソウサウ)(漢) [訓]つめ つま

[一]ソウ〉つめ。「爪牙(そうが)・爪痕(そうこん)/美爪術

[二]〈つめ(づめ)〉「生爪深爪

[三]〈つま〉「爪先爪楊枝(つまようじ)」

難読爪哇(ジャワ)


つま【爪】

つめのこと。多く名詞動詞の上に付けて用いる。「爪先」「爪弾く

「—覚えて調べられたる御琴どもかな」〈宇津保・俊蔭〉


つめ【爪】

手や足の指の先に生え角質部分人間平爪(ひらづめ)、鉤爪(かぎづめ)、牛・馬の蹄(ひづめ)など。

琴爪のこと。

鉤(かぎ)のように、物をひっかけてとめるもの。

機械ついている1の形をした小片。「がんぎ車の爪」

辞書前小口(まえこぐち)にある、見出し語最初一字などを印刷した印。検索便宜のために設けられる。

[下接語] (づめ)貝爪・鉤(かぎ)爪・繋(か)け爪・雁(がん)爪・苦髪(くがみ)楽(らく)爪・草取り爪・蹴(け)爪・小爪・琴(こと)爪・出爪・生(なま)爪・平爪深爪・夜(よ)爪・楽髪苦爪

爪の画像

つま【爪】

〔名〕 「つめ(爪)」をいう。多く名詞動詞の上につけて用いる。「つま(ぐし)」「つま音」「つま先」「つまはじき」「つまずく」「つまびく」「つまさわやか」など。


つめ【爪】

〔名〕

① 手の指または足指先に生じる角質物で、表皮がかたく変わったもの。また、広く指先をさしてもいい、「つまびく」「つまさき」「つまはじき」などと「つま」の形で熟し用いられる。

古事記(712)上「速須佐之男命に、千位の置戸を負せ、亦鬚を切り、手足の爪(つめ)も抜か令めて」

② 琴をひく時に指先にはめる用具琴爪

大鏡(12C前)五「琴ひく人は、別の作りて、ゆびにさし入れてぞひくことにて侍りし」

③ 物をつったり、ひっかけたりして留めるしかけの道具装置。こはぜ・鉤(かぎ)の類。

④ =くらづめ鞍爪)〔日葡辞書(1603‐04)〕

(5)形動) (「爪が長い」の意から) けちで欲深いこと。また、そのさまやその人

歌舞伎伊勢音頭恋寝刃(1796)二「あの野めは大抵の爪ぢゃない」

(6) 昆布裁ち屑。形が似ているところからいう。

咄本新板一口ばなし(1839)初「こぶ屋はたちくづまで銭にする つめぢゃ」

(7) 花弁基部細くなっている柄の部分

(8) 辞書小口(こぐち)に、検索便宜のために設け見出し語頭文字などの印刷部分


ツース


つめ 【爪】

に関する呪術宗教的習俗世界的に多い。元来体の一部である爪は、切り取られても呪術感染してもとの体を傷つけるとの考えがあり、酋長の爪をかくした焼いたりする族がいる。夜爪切ってはいけないという禁忌タブー)も、このような観念と関係あるのかもしれない。正月初め爪を切る日を定めている地方もある。

爪(つめ)

刀身施される彫刻一種三鈷付剣または三鈷を略したもので、素剣か護摩箸の下に添えて彫るのが普通。また爪が長くなり、甲冑鍬形に似たものは鍬形とも称される。

作者山口洋子

収載図書東京の女
出版社新潮社
刊行年月1986.11

収載図書東京の女
出版社新潮社
刊行年月1989.8
シリーズ名新潮文庫


作者草野麻矢

収載図書おんなたち
出版社東京新聞出版局
刊行年月1996.4


作者柳美里

収載図書
出版社メディアファクトリー
刊行年月2000.2


作者倉阪鬼一郎

収載図書血の12幻想
出版社講談社
刊行年月2002.4
シリーズ名講談社文庫

収載図書鳩が来る家
出版社光文社
刊行年月2003.1
シリーズ名光文社文庫


作者北方謙三

収載図書コースアゲイン
出版社集英社
刊行年月2002.7

収載図書コースアゲイン
出版社集英社
刊行年月2005.8
シリーズ名集英社文庫



作者藤原直子

収載図書手にまつわる物語―第9回フェリシモ文学賞作品集
出版社フェリシモ
刊行年月2006.4


作者渡辺智恵

収載図書
出版社渡辺智恵
刊行年月2006.9


作者筒井ともみ

収載図書うつくしい私のからだ
出版社集英社
刊行年月2007.4


作者具志堅

収載図書ひたすら奇妙にこわい話寄せられた「体験
出版社光文社
刊行年月2007.7
シリーズ名光文社文庫



作者勝目梓

収載図書ベスト小説ランド 1987 1
出版社角川書店
刊行年月1987.1

収載図書アフガンハウンドの眼差し
出版社角川書店
刊行年月1988.8

収載図書アフガンハウンドの眼差し
出版社角川書店
刊行年月1991.8
シリーズ名角川文庫


作者地主朝子

収載図書血のいろ
出版社文芸社
刊行年月2008.5


作者ウィリアム・アイリッシュ

収載図書ちくま文学 7 恐ろしい話
出版社筑摩書房
刊行年月1988.6


作者浅利一郎

収載図書いつの間にか・写し絵
出版社勁文社
刊行年月1989.2
シリーズ名ケイブンシャ文庫


作者森内俊雄

収載図書恐怖の旅
出版社福武書店
刊行年月1989.3
シリーズ名福武文庫


作者牧逸馬

収載図書牧逸馬傑作選 5 世界怪奇推理 1
出版社山手書房新社
刊行年月1993.2

収載図書牧逸馬探偵小説
出版社論創社
刊行年月2007.9
シリーズ名論創ミステリ叢書


作者牧野信一

収載図書父を売る子心象風景
出版社講談社
刊行年月1993.6
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書牧野信一作品集
出版社沖積舎
刊行年月1993.8

収載図書牧野信一全集 第1巻 大正8年8月大正12年12月
出版社筑摩書房
刊行年月2002.8


作者さたなきあ

収載図書怪異譚輯 墓地物語黄昏に潜みおりし
出版社北宋
刊行年月1993.12


作者大下宇陀児

収載図書烙印
出版社国書刊行会
刊行年月1994.3
シリーズ名探偵クラブ


爪(つめ)

レストの矢を乗せる部分突起を言う。発射時にはここを矢が通過するので、乗る以外の不要出っ張りは矢に悪影響を及ぼすため、ほとんどは可動式で矢が当たれば待避する構造になっているまた、不要出っ張り部分アーチャー自らが切り落とすなりして改良するのが一般的

読み方:ツメ(tsume)

所在 岐阜県岐阜市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/11 22:46 UTC 版)

(つめ)は、有羊膜類の先端の背面にある、表皮角質が変化・硬化して出来た皮膚の付属器官。


  1. ^ 2012年5月29日放送のTBSひるおび!』で森田豊が行った解説より。ひるおび! 2012/05/29(火)11:00 の放送内容 ページ4”. TVでた蔵. 2020年6月24日閲覧。
  2. ^ http://www.aafp.org/afp/20040315/1417.html


「爪」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/05/15 14:07 UTC 版)

発音

名詞

  1. つめ)。手足指先皮膚角質化硬くなった部分

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



爪と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「爪」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



爪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2021 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2021 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
@-rchery.com@-rchery.com
copyright (c) 2021 @‐rchery.com All Rights Reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの爪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS