雁爪とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 農機具の種類 > 雁爪の意味・解説 

がん づめ [1][0] 【雁爪】

〔形が雁の爪に似ることから〕
農具の一。歯が三、四本に分かれ内側に曲がっている鍬(くわ)。短い柄をつけて田の株間打ち返しや、除草に用いる。爪(かにづめ)。
鉱石石炭などをかき寄せるのに用いる具。に似るが歯は曲がっていない

雁爪 (がんづめ)

雁爪 雁爪(がんづめ)は、水稲中耕除草の手農具である。型は、長柄付、中柄付、短柄付の3種があり、爪は3本と4本のものがある。この器具は、爪を土中打ち込みそのまま手前に引くようにして土を反転させ、中耕同時に除草効果をあげようとするのである。したがってこの器具は、土の反転作用重点において造られている。この器具による作業は、田植間もない初期成育期間に稲株の間を中耕除草する作業で、炎天下行われる過酷なものであったこともあり、手押中耕除草器の普及により、昭和20年以降は殆ど行われなくなった。長柄付雁爪は、立姿勢で作業するので楽である。土の反転作用は一応よくできるが、土のかくはん作用は、短柄付のような匍匐(ほふく)姿勢で行う作業より劣り総合的がんづめ作業より劣るといわれている。3本爪で、柄の長さ121cm、爪の長さ12cm、全幅11.5cm、重さ0.5kgである。

雁爪 (がんづめ)

雁爪 備中鍬類似する刃床部を有する4本雁爪で概して爪も長い24~27cm)ものである。この雁爪の用途中耕用といわれているが、刃床部の曲がり少なく反転性能犠牲にしても耕すことに都合のよい形をしている。このことは、除草効果もあるが、中耕重点をおいた器具と言える明治時代から大正初期まで使用した。爪全幅17cm、柄の長さ27cm、重さ0.7kgである。

雁爪

読み方:ガンツメ(gantsume)

田の草を取るために用いる農具


雁爪

読み方:ガンズメ(ganzume)

田畑草取りに用いられる鉄製のつめ

季節

分類 人事


雁爪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/17 02:23 UTC 版)

雁爪 (がんづめ) とは、水稲中耕除草用の手農具である。は、長柄付・短柄付の3種類があり、爪は3本と4本のものがある。


  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『笠九郎兵衛』 - コトバンク
  2. ^ 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『笠九郎兵衛』 - コトバンク


「雁爪」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「雁爪」の関連用語

雁爪のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



雁爪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの雁爪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS