除草機とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 除草機 > 除草機の意味・解説 

じょそう‐き〔ヂヨサウ‐〕【除草器/除草機】

除草使用する器機。《 夏》「—を押して空知(そらち)の老父かな/風生」


じょそう‐き ヂョサウ‥ 【除草機】

〔名〕 除草用い農具草取鎌、万能熊手中耕除草機など。《季・夏

生活の探求(1937‐38)〈島木健作〉二「牛に除草機を引かせる」

古稀春風(1957)〈富安風生昭和二九年「除草機を押して空知老父かな」


除草機 (じょそうき)

除草機 田打車は、中耕効果重きをおいた転車をもつた器具である。考え方としては、従来雁爪回転式に改良したものということができる。二条取り田打機である。本器は、1板の鉄板曲げて爪の曲がりと同じような局面をもたせ、土にささる下緑に鋸歯状の歯をつけてささりをよくした。板の中央部泥土抜きよくするため窓を開けている。本器試行錯誤しながら研究がなされたことを如実に示している。転車幅13cm、柄の長さ142.5cm、重さ3.4kgである。

除草機,田均機 (じょそうき,たならしき)

除草機 従来回転除草機は、畦間の除草は満足すべき程度作業ができたが、株間除草は殆どできないのが欠点とされていた。それを解決したのが株間除草機である。本器原理は、特有の形態をした立て回転爪2個の間に稲株傷めないよう抱き込み株間土壌は、回転爪の回転かくはんすることにより除草する。これは、昭和30年から33年にかけて全国的に急速に普及したが、除草剤出現により消滅した。地方名は、田均し機という。前後同一形の除草回転爪2対を配したもので、より徹底した株間除草機といえる大正10年頃から昭和40年頃まで使用された。滑走板の全幅38cm、(1つの幅14.8cm)長さ24cm、柄の長さ129cm、重さ5.6kgである。

除草機

読み方:ジョソウキ(josouki)

田草をとる回転中耕除草器のこと

季節

分類 人事




除草機と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「除草機」の関連用語

除草機のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



除草機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS