除草剤とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 除草剤の意味・解説 

じょそう‐ざい〔ヂヨサウ‐〕【除草剤】

読み方:じょそうざい

雑草生育防除するための薬剤2,4-D(によんディー)、CNPクロルニトロフェン)、シメトリンなど。


除草剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 06:22 UTC 版)

除草剤(じょそうざい)は、植物雑草)を枯らすために用いられる農薬である。接触した全ての植物を枯らす非選択的除草剤と、対象とする植物種を枯らす選択的除草剤に分けられる。植物を枯らす仕組みは、光合成を阻害するもの、植物ホルモンを撹乱させるもの、植物固有のアミノ酸生合成を阻害するものの3つに分けられる。


  1. ^ Press release: IARC Monographs Volume 112: evaluation of five organophosphate insecticides and herbicides (PDF)”. International Agency for Research on Cancer, World Health Organization (2015年3月20日). 2015年5月15日閲覧。
  2. ^ 世界で始まるモンサントの残留農薬検査”. Alter Trade Japan (2015年4月23日). 2015年5月15日閲覧。
  3. ^ モンサントと親会社バイエル、知っておくべき5つの事柄フランス通信社(2018年8月14日配信)2021年2月1日閲覧
  4. ^ 除草剤の作用機構分類(HRAC より) (PDF) - 農薬工業会(2005年1月版)
  5. ^ 「ダイオキシン 山中に半世紀/除草剤26トン、42市町村に 流出懸念」『朝日新聞』朝刊2021年1月30日(社会面)2021年2月1日閲覧


「除草剤」の続きの解説一覧

除草剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 07:12 UTC 版)

レインボー薬品」の記事における「除草剤」の解説

コケ駆除剤除き全て【農薬】 粒剤ネコソギエースX粒剤 ネコソギトップDX粒剤 ネコソギトップ粒剤 - ブロマシル5%含有ネコソギクイック微粒剤 - 茎葉処理剤ではある発芽抑制剤配合しており、雑草の種からの発芽抑える根から吸収されにくい為、樹木下に使用できる。 ノンウィード粒剤 こっぱみじん - ブロマシル1%含有。 こっぱS微粒剤 - こっぱみじん微粒快速除草 ALネコソギAL1.0 - 2Lスタンドパックはコーナン限定品 ネコソギクイックプロシャワー(製造販売元:日本農薬) ネコソギガーデンシャワー - シャワータイプでは初めての農耕地登録品 バスタAL液剤0.2製造販売元:日本農薬希釈剤ネコソギクイックプロFL製造販売元:日本農薬芝生用シバキープ粒剤 シバキーププラスα【肥料】 シバキープAL コケ駆除剤全て農耕地用)コケレス コケとーるスプレー コケとーるシャワー 植物成長調節のびない

※この「除草剤」の解説は、「レインボー薬品」の解説の一部です。
「除草剤」を含む「レインボー薬品」の記事については、「レインボー薬品」の概要を参照ください。


除草剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 07:12 UTC 版)

レインボー薬品」の記事における「除草剤」の解説

粒剤【農薬】ネコソギ粒剤 ネコソギエース粒剤 ネコソギエースA粒剤 ネコソギクイック微粒剤 - 「クサノンQ微粒剤」(住友化学園芸)の商品名違い。なお、本品生産完了後も、「クサノンQ微粒剤」は製造販売継続している。(製造販売元:バイエルクロップサイエンス) AL【農薬】日農バスタ液剤0.2 - すぐに散布できるジョロ型除草剤。地上部だけを枯らし、根まで完全に枯らさないので傾斜地のり面除草に向く。成分土壌落ちると直ち不活化し、土壌中で素早く分解される為、雑草枯れた後に草花種まき植え付けが可能。キャップ部分改良封印キャップ採用)により「バスタAL液剤0.2」へ継承。なお、継承後も農薬名(農薬登録上の商品名)の変更は無い。(製造販売元:日本農薬ネコソギAL - 「ネコソギAL1.0」へ継承 希釈剤【農薬】ネコソギ乳剤 - ヤシマワイダック乳剤発売当初はミカサワイダック乳剤)の家庭用小分け品。(製造販売元:協友アグリ) ネコソギスーパーアップ液剤 - エイトアップ液剤家庭園芸向け仕様。(製造販売元:シージーエス) 芝生【農薬】シバキープ粒剤 - ベンポール粒剤商品名違い日本生え広葉雑草、特にスギナ有効でスギナに対して家の周り有用な植物植えい場所でも使用できる。 シバキーププラス粒剤肥料】 非農耕地コケ駆除剤コケレスAL製造販売元:日本バイエルアグロケム(現・バイエルクロップサイエンス)) 除草剤分解促進剤除草剤使った後にちゃんと処理 - 土壌処理専用。除草剤で雑草枯れた後に花などを植えたい時や、誤って花壇に除草剤を撒いてしまった時などに有効。天然成分カニ殻、ドライミルクなど)の働きで、除草剤の分解促し、土をフカフカ再生

※この「除草剤」の解説は、「レインボー薬品」の解説の一部です。
「除草剤」を含む「レインボー薬品」の記事については、「レインボー薬品」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「除草剤」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「除草剤」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

除草剤のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



除草剤のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの除草剤 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのレインボー薬品 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS