雑草とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > > 雑草の意味・解説 

ざっ‐そう〔‐サウ〕【雑草】

自然に生えいろいろなまた、名も知らない雑多

農耕地や庭などで、栽培目的植物以外の

生命力生活力が強いことのたとえ。「雑草のようなしたたかさ」


雑草


雑草

作者あゆ子

収載図書アンネのばら小さな物語
出版社杉並区立中央図書館
刊行年月2006.3


雑草

作者

収載図書作品集 第1分冊
出版社鉱脈社
刊行年月2008.5


雑草

作者ジャック・ケッチャム

収載図書閉店時間ケッチャム中篇
出版社扶桑社
刊行年月2008.7
シリーズ名扶桑社ミステリー


雑草

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/21 00:58 UTC 版)

雑草(ざっそう)とは、人間の生活範囲に人間の意図にかかわらず自然繁殖する植物のことである。通常、(草本)についていう[1]。雑草を単にという場合もある(草刈りなど)。


  1. ^ 一般には、発芽直後の(木本)も雑草扱いされることもあるが、大きくなる前に駆除されるのが普通。なお、林業の立場からは有用樹主以外を通常雑木・柴などと呼ぶ。
  2. ^ 雑草の話 第1話
  3. ^ 『新版 日本原色雑草図鑑』
  4. ^ 雑草の話 第1話 第25話
  5. ^ 三浦 (2009)
  6. ^ 雑草の話 第1話
  7. ^ 雑草の話 第1話
  8. ^ 『きらわれものの草の話』p.8
  9. ^ a b 三浦励一「ドメスティケーションとは何か : 雑草とは何か : 特にドメスティケーションとの関係において」『国立民族学博物館調査報告』第84巻、2009年3月、 35-50頁。
  10. ^ [1]
  11. ^ [2]
  12. ^ [3]
  13. ^ [4]
  14. ^ 田中直著「雑草とご愛草」『宮中侍従物語』p.225-230
  15. ^ 流行語大賞は「雑草魂」「リベンジ」「ブッチホン」(1999年12月2日 読売新聞)



雑草

出典:『Wiktionary』 (2018/02/17 14:50 UTC 版)

名詞

ざっそう

  1. 栽培する作物草花ではなく人間意図関わらず生え人間にとって有用とはみなされないさまざまなくさ。

発音

ざ↗っそー



雑草と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「雑草」の関連用語

雑草のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



雑草のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの雑草 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの雑草 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS