名人とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 名人の意味・解説 

めい‐じん【名人】


名人

作者川端康成

収載図書昭和文学全集 第5巻
出版社小学館
刊行年月1986.12


名人

作者ウォルター・デ・ラ・メア

収載図書恋のお守り
出版社筑摩書房
刊行年月1989.5
シリーズ名ちくま文庫


名人

作者柴田錬三郎

収載図書柴田錬三郎選集 17 後期短篇集
出版社集英社
刊行年月1990.7

収載図書時代小説アンソロジー 4 職人気質
出版社小学館
刊行年月2007.5
シリーズ名小学館文庫


名人

作者生島治郎

収載図書あなたに悪夢
出版社勁文社
刊行年月1992.1
シリーズ名ケイブンシャ文庫

収載図書28ショック
出版社出版芸術社
刊行年月1993.3
シリーズ名ふしぎ文学館


名人

作者開高健

収載図書開高健全集 第4巻 片隅の迷路
出版社新潮社
刊行年月1992.3


名人

作者白石一郎

収載図書徳川市井血風録―江戸城事件史 3
出版社青樹社
刊行年月1996.8
シリーズ名青樹社文庫

収載図書江戸日和市井・人小説傑作選 2
出版社学習研究社
刊行年月2004.1
シリーズ名学研M文庫


名人

作者原石

収載図書自選小説集 5
出版社原石
刊行年月2007.11


名人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/12 22:09 UTC 版)

名人(めいじん)


  1. ^ a b c d 広辞苑第六版「名人」


「名人」の続きの解説一覧

名人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 23:24 UTC 版)

レジェンズ (ウィズ)」の記事における「名人」の解説

3話5話12話に登場状況によってカニ取り名人やトリ取り名人やタコ取り名人になる。名前がちょくちょく変わるので、本来の前は不明

※この「名人」の解説は、「レジェンズ (ウィズ)」の解説の一部です。
「名人」を含む「レジェンズ (ウィズ)」の記事については、「レジェンズ (ウィズ)」の概要を参照ください。


名人(めいじん)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 05:59 UTC 版)

ロックマンエグゼシリーズ」の記事における「名人(めいじん)」の解説

伝説69連勝を誇るネットバトル名人。『2』〜『5』では様々なナビプレイヤー挑戦を受ける。『6』では対戦用のバトルチップ売ってくれる。カプコン開発部の本シリーズシナリオ担当江口正和モデルとなっており。江口本人イベントなどで「江口名人」の名で本シリーズ解説などを行う。

※この「名人(めいじん)」の解説は、「ロックマンエグゼシリーズ」の解説の一部です。
「名人(めいじん)」を含む「ロックマンエグゼシリーズ」の記事については、「ロックマンエグゼシリーズ」の概要を参照ください。


名人(めいじん)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/31 00:24 UTC 版)

ロックマンエグゼ (漫画)」の記事における「名人(めいじん)」の解説

ナンバー1のネットバトルインストラクター。電脳世界で来てマント身を隠してロックマン実力試した

※この「名人(めいじん)」の解説は、「ロックマンエグゼ (漫画)」の解説の一部です。
「名人(めいじん)」を含む「ロックマンエグゼ (漫画)」の記事については、「ロックマンエグゼ (漫画)」の概要を参照ください。


名人(めいじん)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 09:36 UTC 版)

ロックマンエグゼ4」の記事における「名人(めいじん)」の解説

スゴ腕ネットバトラー。レッドサン・ブルームーントーナメントの対戦相手一人

※この「名人(めいじん)」の解説は、「ロックマンエグゼ4」の解説の一部です。
「名人(めいじん)」を含む「ロックマンエグゼ4」の記事については、「ロックマンエグゼ4」の概要を参照ください。


名人(めいじん)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 10:03 UTC 版)

バトルネットワーク ロックマンエグゼ3」の記事における「名人(めいじん)」の解説

スゴ腕ネットバトラー

※この「名人(めいじん)」の解説は、「バトルネットワーク ロックマンエグゼ3」の解説の一部です。
「名人(めいじん)」を含む「バトルネットワーク ロックマンエグゼ3」の記事については、「バトルネットワーク ロックマンエグゼ3」の概要を参照ください。


名人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 09:20 UTC 版)

清元節」の記事における「名人」の解説

近代以降のおもな名人としては、 太夫四世清元延寿太夫五世清元延寿太夫五世弟子清元志寿太夫四世栄寿太夫弟子清元寿國太夫美月太夫三代目輔)。 三味線方に 五世延寿太夫相三味線務めた三世清元梅吉後の二世清元寿兵衛五世弟子で、後に大和楽三味線方・作曲家としても活躍した清元榮壽郎(前名:清元榮次郎清元榮壽郎弟子で師に続いて人間国宝認定受けた清元榮三郎(志寿太夫長男)、清元一寿郎(寿國太実弟)などがいる。男性主体音楽あるため女流の名人はあまり聞かれないが、時には男性演奏家比較して別格として挙げられるのは四世延寿太夫の妻で、数多く作曲手がけた清元お葉である。

※この「名人」の解説は、「清元節」の解説の一部です。
「名人」を含む「清元節」の記事については、「清元節」の概要を参照ください。


名人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/02 21:52 UTC 版)

常磐津節」の記事における「名人」の解説

名人として名高い初代常磐津林中は、近世邦楽不出世の名人とされ、清元節家元五代目清元延寿太夫長唄研精会創始した四代目吉住小三郎吉住慈恭)など他流の名人からも一目置かれ明治39年万朝報には「名人と称へられたるは、僅かに能楽梅若六郎宝生九郎と、常磐津林中三人なりし…」等と高い評価を受けている。また、一説では後藤象二郎にとても気に入られたという説がある。

※この「名人」の解説は、「常磐津節」の解説の一部です。
「名人」を含む「常磐津節」の記事については、「常磐津節」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「名人」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

名人

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 10:21 UTC 版)

名詞

めいじん

  1. 技芸優れた人。
  2. 江戸時代囲碁将棋九段の者に与えられた称号

発音(?)

め↗ーじ↘ん

関連語


「名人」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



名人と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「名人」の関連用語

名人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



名人のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの名人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのレジェンズ (ウィズ) (改訂履歴)、ロックマンエグゼシリーズ (改訂履歴)、ロックマンエグゼ (漫画) (改訂履歴)、ロックマンエグゼ4 (改訂履歴)、バトルネットワーク ロックマンエグゼ3 (改訂履歴)、清元節 (改訂履歴)、常磐津節 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの名人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS