連珠とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 連珠の意味・解説 

れん じゅ [0][1] 【連珠・聯珠】

玉をつなぎ並べること。また、つなぎ並べた玉。
五目並べルール整備した盤上遊戯先手三三四四・長連(一列に六目以上並べること)が禁手縦横各一五本の線を描いた連珠盤(一五道盤)を用いる。
漢文文体の名。真珠連ねたような美文。数句の対句から構成され、諷喩ふうゆ)を主とする

連珠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/17 17:52 UTC 版)

連珠(れんじゅ)は、五目並べを競技として成立するようにルールを整えたボードゲームの一種である。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「連珠」の関連用語

連珠のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



連珠のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの連珠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS