遊戯とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 遊戯の意味・解説 

ゆう‐ぎ〔イウ‐〕【遊戯】

遊びたわむれること。遊び。「言語遊戯

幼稚園小学校などで、運動社会性習得目的として行う集団的な遊び踊り。「お遊戯


ゆう‐げ〔イウ‐〕【遊戯】

「ゆうぎ(遊戯)1」に同じ。

「どこか—の趣を備えているのは」〈中島敦悟浄歎異


ゆ‐げ【遊戯】

古くは「ゆけ」》

仏語。心にまかせて自由自在振る舞うこと。遊化(ゆけ)。

遊び楽しむこと。ゆうぎ。

九重宮の内に—し給ふこと」〈栄花本の雫

楽しく思うこと。喜ぶこと。

「翁(おきな)、今十、二十年の命は今日のびぬる心地侍ると、いたく—するを」〈大鏡後一条院〉


ゆうぎ 【遊戯】

子供娯楽になっている遊戯や競技は、もともと宗教的・呪術儀礼であったとする学説がある。イギリスの「ロンドン-ブリッジ」なども人柱遺風だという。日本でも「ままごと」「鬼ごと(ごっこ)」などの「こと」は、儀礼の意だとされ、鬼ごと鬼祭の「わざおぎ」の一つだったという。→ 俳優

ゆげ 【遊戯】

仏教用語仏・菩薩の、自由自在で何ものにもとらわれない活動をいう。遊戯三昧。→ 遊戯

マルティヌー:遊戯

英語表記/番号出版情報
マルティヌー:遊戯Jeux(Hry)作曲年: 1931年  出版年: 1979年  初版出版地/出版社Panton 

遊戯

作者勝目梓

収載図書蟻地獄
出版社徳間書店
刊行年月1998.6
シリーズ名トクマ・ノベルス


遊戯

作者藤原伊織

収載図書遊戯
出版社講談社
刊行年月2007.7


遊戯

作者真田コジマ

収載図書シングルマザー
出版社ポプラ社
刊行年月2007.10


遊戯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/17 22:57 UTC 版)

遊戯(ゆうぎ):




「遊戯」の続きの解説一覧

遊戯

出典:『Wiktionary』 (2016/09/12 15:36 UTC 版)

名詞

(ゆうぎ, ゆうげ, ゆけ, ゆげ)

  1. (ゆうぎ, ゆうげ) 遊び戯れること。
  2. (ゆけ, ゆげ) 自由自在振る舞うこと。
  3. (ゆけ, ゆげ) 遊び楽しむこと。

翻訳

関連語

動詞

する (ゆうぎする, ゆうげする)

  1. 遊び戯れる

活用

サ行変格活用
遊戯-する

翻訳




遊戯と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「遊戯」の関連用語

遊戯のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



遊戯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2021 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの遊戯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの遊戯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS