習得とは? わかりやすく解説

しゅう‐とく〔シフ‐〕【習得】

読み方:しゅうとく

[名](スル)学問技芸などを、習って覚えること。「運転技術を―する」


習得

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 06:57 UTC 版)

DRAGON QUEST -ダイの大冒険- の呪文・技」の記事における「習得」の解説

本作では呪文ごとに儀式行って修得する設定になっているが、儀式済ませて術者力量不十分だ使えない初期のダイは既にブラスによって多くの呪文儀式済ませていたが使えず後々成長使えるようになっていく。後半ポップも同様。成長によって無意識のうちに発動していることもある。 なお、「使える」にも幅があり、初期のダイ灯火程度メラ氷の程度ヒャドしか出せず、メラの炎が出せるようになって魔法力のみでは前に飛ばなかった(その後投げつけるように放っている)。

※この「習得」の解説は、「DRAGON QUEST -ダイの大冒険- の呪文・技」の解説の一部です。
「習得」を含む「DRAGON QUEST -ダイの大冒険- の呪文・技」の記事については、「DRAGON QUEST -ダイの大冒険- の呪文・技」の概要を参照ください。


習得

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 07:28 UTC 版)

発声」の記事における「習得」の解説

新生児生まれてすぐに音を発生させる泣く)ことは出来るが、言葉として発声出来るようになるには身体的な声道発達とともに聴覚知能の発達とそれに伴う発声技術の習得が必要となる。新生児1歳頃までは泣き・笑い叫びなどの反射的発声始まり赤ちゃん言葉である喃語(なんご)の発声に留まる。この期間は「前言語期(pre-verbal period)」と呼ばれるこの前言語期における発達過程完全に解明されておらず研究者により異なった分析分類されている代表的な分類にはOller DKStark REものがある

※この「習得」の解説は、「発声」の解説の一部です。
「習得」を含む「発声」の記事については、「発声」の概要を参照ください。


習得

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 09:15 UTC 版)

半クラッチ」の記事における「習得」の解説

MT車半クラッチ操作は、半クラッチ状態のわかりやすさ車両差や個人差大きいことなどから、運転者コツを掴む時期二極化することが多いオートバイMT扱ったことのある人大型特殊自動車免許取得し原付MT扱ったことのある人比較自動車MT操作慣れやすい。特にこの技術必須な坂道発進は、運転免許マニュアルトランスミッション)の試験や運転教習では必ず行われる課題であり、最初の難所ともいえる。ペダル踏み具合クラッチレバー引き具合が半クラッチ感覚を掴む重要な要素なので、履物グローブ影響する。また自動車においては膝を使って操作するので姿勢によっても半クラッチ操作しやすさ変わるため、習得中の者はそれらを見直してみることもよい。また、自動車MT扱ったことのある人自動車免許取得し原付MT扱ったことのある人原付免許取得しMT扱ったことのある人比較オートバイMT操作慣れやすいが、初め取得する免許二輪免許である場合半クラッチ概念を掴むことが難しいこともある。

※この「習得」の解説は、「半クラッチ」の解説の一部です。
「習得」を含む「半クラッチ」の記事については、「半クラッチ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「習得」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

習得

出典:『Wiktionary』 (2021/11/07 00:27 UTC 版)

名詞

しゅうとく

  1. 習っ覚えること。勉強練習などにより技能身につけること。

翻訳

動詞

活用


「習得」の例文・使い方・用例・文例




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「習得」の関連用語

習得のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



習得のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのDRAGON QUEST -ダイの大冒険- の呪文・技 (改訂履歴)、発声 (改訂履歴)、半クラッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの習得 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS