ポップとは?

ポップ【pop】

多く複合語の形で用い、はじけること、飛び出ること、の意を表す。「ポップアップ

米国アップル社のiPhone操作方法の一。タッチスクリーンを指で強く押す動作のこと。iPhone 6sおよびiPhone 6s Plus3D Touch初め採用された。→ピーク2


ポップ【pop】

[名・形動

大衆向きであるさま。また、時代に合ってしゃれているさま。「ポップなファッション

ポップアートの。ポップアート風の。「ポップな感覚の色彩」「ポップな映像

ポップスまた、ポップス調であるさま。「ポップな旋律


ポップ【P.O.P.】


ポップ【POP】

post office protocol》⇒ポップスリー(POP3


POP 【point of purchase、ポップ】

店頭に置く広告宣伝一般のこと。通常は、看板など立体広告物を指すようである。

ポップ

ポピュラーの略。流行歌やひろく親しまれている歌や音楽のこと。

ポップ

名前 PoppPop

ポップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/24 04:59 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

ポップ

Pop
pop
POP
  • point of purchase の省略形で、客が代金を支払い商品を受け取る場所[2]など購入行為が実行される場所。類義語にpoint of sales (POS) がある。
  • 商品販売時に用いるアイキャッチ - POP広告
  • 文字の書体の一種で、POP広告で多用される特徴的な書体 - POP体
情報科学用語、IT用語
  • スタックからデータを取り出す基本操作のひとつで、pushとpopがある。
人物
架空のキャラクター

関連項目


  1. ^ popの意味 - 英和辞典 Weblio辞書”. ウェブリオ(株). 2015年11月29日閲覧。
  2. ^ Point of Purchase - POP”. Investopedia, LLC. 2015年11月29日閲覧。

ポップ

出典:『Wiktionary』 (2020/02/23 08:50 UTC 版)

語源

英語:pop (ポップ)からの借用語

名詞

ポ ッ プ(ポップ)

  1. (情報技術) スタックにおいて、データ取り出すこと。

関連語




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ポップ」の関連用語

ポップのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ポップのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2020 K'sBookshelf All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2020 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのポップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS