過程とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > みちすじ > 過程の意味・解説 

か‐てい〔クワ‐〕【過程】

読み方:かてい

物事変化し進行して、ある結果達するまでの道筋プロセス。「進化の―」

「過程」に似た言葉

過程

作者生江健次

収載図書革命転向 新装版
出版社學藝書林
刊行年月2003.2
シリーズ名全集 現代文学発見


プロセス (曖昧さ回避)

(過程 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/01 14:26 UTC 版)

プロセス(process)は、英語で「過程」「工程」を意味する外来語である。プロセッシング (processing) と言った場合は、「処理」を意味する。 入力を出力に変換する過程を示し、工業では「工程」と呼ぶ。手続き(procedure)に着目し、対象を所定の手続きによって別のものに変換する活動を表す場合もある。手続きよりも抽象的な水準での定義をプロセスという場合もある。製造におけるプロセスの例として、牛乳からチーズへ加工する処理。行政におけるプロセスでは住宅ローンを受けるために書類手続きをする活動。コンピュータにおけるデータを目的の情報へ変換する処理などがある。




「プロセス (曖昧さ回避)」の続きの解説一覧

過程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 09:11 UTC 版)

メチルレッド」の記事における「過程」の解説

無菌状態チューブ内で遊離したものを使用するチューブ35°Cにして2 - 5日培養し培地2.5mLを他のチューブに移す。メチルレッドを5滴たらすと、チューブメチルレッド分散のため穏やかに動く。

※この「過程」の解説は、「メチルレッド」の解説の一部です。
「過程」を含む「メチルレッド」の記事については、「メチルレッド」の概要を参照ください。


過程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 09:50 UTC 版)

大陳島撤退作戦」の記事における「過程」の解説

1955年2月6日アメリカ第7艦隊援護の下で中華民国海軍船団基隆出港2月8日中華民国政府蔣経国指揮官住民移送計画実施2月11日最後の住民及び守備隊撤退完了する蔣経国自らが青天白日満地紅旗下ろし同時に台湾本島にあった中華民国浙江省政府中国語版)の廃止宣言した。なお、国民党大陳島を離れる際に家屋漁船徹底的に破壊し、さらに数万もの地雷を島に設置したが、これには護衛あたったアメリカ第7艦隊提督から反対の意見示されたものの、結局当時国防部であった兪大維の強い指示により焦土作戦実行することとなった後日人民解放軍大陳島に上陸して無血占領し、大陳島は中華人民共和国実効支配下に入ったその際、島には数名ほどの撤退から取り残された住民がいたとされている

※この「過程」の解説は、「大陳島撤退作戦」の解説の一部です。
「過程」を含む「大陳島撤退作戦」の記事については、「大陳島撤退作戦」の概要を参照ください。


過程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 06:43 UTC 版)

粉塵爆発」の記事における「過程」の解説

粉塵爆発には3つのステップがある。 第一ステップ - 浮遊する粉塵熱源作用乾留気化 第二ステップ - 可燃性ガス空気混合燃焼 第三ステップ - 粉塵燃焼により放出される熱量により、さらに付近に浮遊する粉塵気化燃焼し燃焼循環漸次的行われ反応速度持続的に加速

※この「過程」の解説は、「粉塵爆発」の解説の一部です。
「過程」を含む「粉塵爆発」の記事については、「粉塵爆発」の概要を参照ください。


過程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 14:01 UTC 版)

ポートアーサー事件」の記事における「過程」の解説

当日出来事は、警察による捜査後にとめられ1996年11月19日法廷提出された。

※この「過程」の解説は、「ポートアーサー事件」の解説の一部です。
「過程」を含む「ポートアーサー事件」の記事については、「ポートアーサー事件」の概要を参照ください。


過程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 18:04 UTC 版)

ひまわり学生運動」の記事における「過程」の解説

9時54分議場内の学生たちは警察議場を去るよう求め、「議場国民返せ」と大声で叫んだ9時56分に、青島東路にいた警察議場から追い出そうとした学生たちと警察との間で衝突起こり、そして学生たちは議場2階記者席及び傍聴席にも押し寄せた議場占領した学生たちはさらに《318青年立法院占領ブラックボックスによるサービス業貿易協定反対宣言》を発表しその中で主に、無理矢理可決させた後の経済発展行く末憂慮し、それに実質的にサービス業貿易協定審査改めてすることを求めると示したまた、10時20分学生代表として林飛帆が「我々は人民代表して立法院奪回する」、「私たち野党人民行動加わるのを歓迎する」、「我々は馬政府及び馬総統に、直ちに自ら国会出向き人民訴え応えることを要求する」という三つ条件提出しそれに加えて今回イベント参加した人々3月21日まで主席の席を占領することを表示した立法院長である王金平は、サービス貿易協定への進め方馬英九反目しており、学生排除にも否定的である。24日台湾テレビ局TVBS世論調査では、学生たちの行動市民51%が賛成しサービス貿易協定に対して68%が反対表明している。 3月25日馬英九総統は、学生の代表との会談提案学生側受け入れた。ただし、会談の方法について、学生側公開討論とするように要求するなどしている。条件折り合わず、学生側態度硬化させ、提案を一旦白紙戻した3月27日学生側記者会見で、無期限立法院占拠宣言した中華人民共和国国務院は、この状況に「両岸経済協力進展妨害されることを誰も望まない」と不快感示し陳水扁政権下冷え込んだ中台関係に戻ると牽制した。 3月29日馬英九記者会見で、中台間で結ぶ協定に対し立法院などによる監督権限定めた法令制定する考え表明した。しかし、協定そのもの撤回否定している。学生指導者林飛帆は、毎日新聞とのインタビューで、一連の抗議活動を「台湾民主主義を救うためだ」と説明している3月30日学生側総統府周辺抗議集会開いた規模主催者発表50万人警察発表では116000人である。また、香港でもこのデモ呼応して学生支持する市民800人が市街地デモ行進行った一方4月1日には、中台統一主張する親中派中華統一促進党など約1500人が立法院前に集まりサービス貿易協定賛成訴えとともに立法院侵入しようとした。こちらは警官隊阻止され学生たちと睨み合いとなった4月4日馬英九は、学生らが制定求めていた立法院などの監視機能定めた法令案(両岸協議監督条例)を行政院決定した学生らの要求に対して一定の譲歩示したが、学生側はより透明性の高い制度要求しており、さらにサービス貿易協定そのもの見直よう求めている。馬英九一定の譲歩示したことで、4月2日から3日にかけてTVBS世論調査では、立法院からの退去主張する意見33%となり、占拠継続への支持26%を逆転し上回った4月6日立法院王金平院長学生側要求応じ、「両岸協議監督条例」が法制化されるまで、サービス貿易協定審議行わない表明すると共に学生側議場から撤退するよう呼びかけた。この提案を受けて学生側は、「この段階での任務達成した」として4月10日立法院から退去することを発表した4月10日学生たちは立法院議場から退去した。しかし、退去反対する一部学生は、立法院敷地内に留まっていたものの、突入許可され警察によって排除された。 この一連の事態の中で台湾民放世論調査では、馬英九総統支持率10%前後にまで低下した4月16日中華人民共和国国務院学生動きについて、両岸関係平和的発展プロセス破壊妨害するものと批判した

※この「過程」の解説は、「ひまわり学生運動」の解説の一部です。
「過程」を含む「ひまわり学生運動」の記事については、「ひまわり学生運動」の概要を参照ください。


過程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/12 05:35 UTC 版)

ミールの軌道離脱」の記事における「過程」の解説

ツープ(英語版)(RMCC)と欧州宇宙運用センター(ESOC)に配置されていたミール軌道離脱監視グループメンバー運用動態全体計測監視行った運用最終段階間の大量の報道関係者存在からモスクワのRMCCの両管制室が利用された。各軌道離脱噴射間のRMCCの即時報告遠隔会議を通して欧州宇宙機関報道官国家機関代表者提供された。ESOCのためにRMCCからのビデオ送信利用可能になった3回プログレスM1-5推進点火のうち最初の2回は約90分間隔であり、ミール近地点地表から160kmに下げるために行われた。100kmの高度から大気との強い接触発生し希薄大気への猛烈な速度での衝突によって幾つかの太陽光パネルなど外部要素引きちぎられた。高度90kmほどで、ミール船体からの表面加熱によってホットプラズマの輝く光輪作り出したそのころ軌道上集合体千々にはなれて壊れプラズマ囲まれミール構成部の幾つかフィジーから夕焼け空背景観測された。この事象テレビ映像数分のうちに世界中に伝送された。工程全体現地の太陽時で16時20分から20時29分ほどで終了した軌道離脱最終段階カバーするため短い記者会見がRMCCで行われた公式声明として、5時5924秒(GMT)にミールが「消滅した」との発表が行われた。最後のミール追尾クワジャリン環礁アメリカ陸軍よるものであったESAドイツ国防省、NASA最終軌道再突入の間、ミール追跡支援した

※この「過程」の解説は、「ミールの軌道離脱」の解説の一部です。
「過程」を含む「ミールの軌道離脱」の記事については、「ミールの軌道離脱」の概要を参照ください。


過程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 00:46 UTC 版)

インターネットカフェ実験事件」の記事における「過程」の解説

2011年2月13日MBCニュースデスクにて『度を超えた”暴力ゲーム”』という題材報道していた。 しかし、報道内容中、MBC取材陣が"ゲームの暴力性調べる"という目的でソウル特別市内のインターネットカフェにて複数カメラ設置し当時取材進行していたユ・チュンファン記者インターネットカフェコンピュータ電源制御盤側から切断した。すると、それまでゲームをしていた利用者らは慌てその中には暴言なども確認された。やがて、落ち込んだ利用者らが店を出る様子撮影した映像報道された。そして記者はその一連について述べた続いてソウル大学校心理学科の郭錦珠教授へのインタビュー映像流れ報道終了した

※この「過程」の解説は、「インターネットカフェ実験事件」の解説の一部です。
「過程」を含む「インターネットカフェ実験事件」の記事については、「インターネットカフェ実験事件」の概要を参照ください。


過程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 02:15 UTC 版)

接触法」の記事における「過程」の解説

接触法5つの段階分けられる硫黄酸素 (O2) を結合させて二酸化硫黄作る浄化ユニット二酸化硫黄浄化する 五酸化バナジウム触媒存在下で450 °C1-2 atm過剰な酸素二酸化硫黄に加え作られた三酸化硫黄硫酸に加え発煙硫酸二硫酸)を生成する次に発煙硫酸に加えて非常に濃度の高い硫酸作る触媒被毒(すなわち触媒活性除去)を避けるには、空気二酸化硫黄(SO2)の浄化必要であるその次にこの気体洗浄し硫酸乾燥させるエネルギーを節約するために、混合物熱交換器による触媒コンバーターからの排気ガスにより加熱される二酸化硫黄二酸素次のように反応する。 2 SO2(g) + O2(g) ⇌ 2 SO3(g) : ΔH = -197 kJ·mol−1 ルシャトリエの原理によると、化学平衡を右へシフトするためには低い温度を使う必要があるこれにより収率増える。しかし、温度が低すぎると生成速度不経済なレベル下がってしまう。したがって、反応速度上げるためには、高温(450 °C)、中圧(1-2 atm)、五酸化バナジウム(V2O5)を用いて十分な(>95%)変換確保している。触媒熱力学的平衡位置変化させないため、反応速度上げ役割のみをする。触媒作用のメカニズム2つステップ構成されるV5+によるSO2SO3への酸化:2SO2 + 4V5+ + 2O2− → 2SO3 + 4V4+ 二酸素によるV4+からV5+へ戻る酸化触媒再生):4V4+ + O2 → 4V5+ + 2O2− 高温三酸化硫黄熱交換器通り吸収塔で濃H2SO4溶けて発煙硫酸作る: H2SO4 (l) + SO3 (g) → H2S2O7 (l) SO3直接溶かすことは反応発熱性が高いため非実用的であることに注意液体ではなく酸性蒸気もしくはミスト作られる発煙硫酸反応してH2SO4作る。 H2S2O7 (l) + H2O (l) → 2 H2SO4 (l)

※この「過程」の解説は、「接触法」の解説の一部です。
「過程」を含む「接触法」の記事については、「接触法」の概要を参照ください。


過程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 05:51 UTC 版)

スドマ川の戦い」の記事における「過程」の解説

1015年から1019年にかけての、ウラジーミル1世の子孫らによる権力闘争(ru)に勝利したヤロスラフは、キエフ大公即位しルーシ各地域に対する最高位統率手中に収めていた。ただしポロツク公国キエフ大公権限から離脱傾向にあり、歴代ポロツク公キエフ大公権限承認しようとしなかった。1021年ポロツク公ブリャチスラフはキエフ大公国領の都市ノヴゴロド攻撃した。これに対しキエフ座していたヤロスラフは軍を発し7日間で約800kmの行程を踏破すると、ポロツク公国首都ポロツク帰還中のブリャチスラフの軍をスドマ川河畔で迎え撃ち、ブリャチスラフを破ったヤロスラフノヴゴロドから連行中だった多くの捕虜解放し、ブリャチスラフはポロツク敗走した。しかしヤロスラフ追撃せず、その後和平交渉が行われた。このとき締結され和平条約によって、ヴィテプスクウスヴャートィ二都市がポロツク公国譲渡された。

※この「過程」の解説は、「スドマ川の戦い」の解説の一部です。
「過程」を含む「スドマ川の戦い」の記事については、「スドマ川の戦い」の概要を参照ください。


過程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 04:55 UTC 版)

言語獲得」の記事における「過程」の解説

胎児産まれる前から外部の音や母親の声に反応を示す生まれて数日後から母親視線表情による交流を始める。これは通常の会話と同じように相手反応を見てから反応還すというターンテイキング構造持ち、原会話呼ばれている。生後3ヶ月から半年うなり声喃語(ばぶばぶ、あうー)をあげるようになる。また8ヶ月から1歳頃まではどのような言語であれ反応するが、それ以降になると周囲話されている言語にだけ反応するうになる1歳頃には単語発音できるようになり、1歳半頃には二語文使用し始める。それ以降急速に言語能力発達し4歳頃にはアナロジーメタファー理解できるようになる。この過程は文化によって多少前後があるが共通した文化普遍的な現象である。

※この「過程」の解説は、「言語獲得」の解説の一部です。
「過程」を含む「言語獲得」の記事については、「言語獲得」の概要を参照ください。


過程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 01:22 UTC 版)

函谷関の戦い (紀元前241年)」の記事における「過程」の解説

紀元前242年、秦の蒙驁が魏を攻撃し酸棗・燕・虚・長平雍丘山陽など20城を奪い東郡置いたこれにより斉を除く、五国と秦は国境接すようになった。おそらく、これが函谷関の戦い発生の原因であると考えられている。 紀元前241年、趙・・魏・韓・燕は、秦を共同で攻撃するために、総大将考烈王総司令春申君として合従軍組んだ然し実際の合従軍盟主は趙だとも考えられている。その理由として、まずこの年に郢から寿春遷都したことが挙げられるそのため、合従軍大軍送ること不可能であった考えられている。また、趙は長平の戦い邯鄲の戦い中国語版)など、何度もに対して敗戦重ねていて、秦への恨み深かったからである合従軍は秦の寿陵取り函谷関攻撃した合従軍に対して秦軍函谷関で迎え撃った全軍総指揮執ったのは、この時点で権力握っている相国呂不韋考えられている。また、函谷関秦軍指揮執った将軍不明である然し過去戦歴等を考慮すると、蒙驁指揮採った考えてもおかしくはない。 また、今回合従軍では以前函谷関の戦い(紀元前318年)函谷関の戦い(紀元前298年)河外の戦い)とは異なり函谷関攻める軍以外の別働隊用意していた。趙の龐煖総大将として、趙・・魏・燕の四国精鋭部隊率いて蕞(現在の始皇帝陵付近)を攻めたが、落とせなかった。蕞は秦王咸陽にかなり近く、秦は滅亡の危機陥っていた。 函谷関でも秦軍攻撃すると、合従軍敗北した合従軍は、秦の味方である斉を攻撃し、饒安(現在の河北省滄州市塩山県南西)を占領して解散した

※この「過程」の解説は、「函谷関の戦い (紀元前241年)」の解説の一部です。
「過程」を含む「函谷関の戦い (紀元前241年)」の記事については、「函谷関の戦い (紀元前241年)」の概要を参照ください。


過程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 04:43 UTC 版)

射精」の記事における「過程」の解説

射精の過程は大きく分けて2つ段階からなり精液尿道前立腺部に集められる過程(エミッション:emission)と、精液尿道経由して外尿道口から放出される過程(イジャキュレーション:ejaculation)とに分けられる通常、「射精」と呼んでいるのは後者を指す。 1. 前段階 性的興奮高まると、まず、尿道球腺液分泌され勃起してあらかじめ酸性傾いている男性尿道内を中和する興奮安定期持続した場合にも分泌される)。精巣睾丸)が少しずつ陰茎根本の方せり上がる。そして陰嚢小さく引き締まり精巣は外から見て確認できないほど陰茎側に寄る。一部ではこの状態になると精液放出まで勃起治まらないという説があるが、これは間違いである(この時点で行為中断するなどして性的興奮収まると生殖器周辺の充血緩和し勃起治る)。 2. 移動の段階 さらに性的な興奮高まると、精巣上体副睾丸尾部蓄えられていた精子少量の分泌液とともに精管蠕動運動によって精管末端部にある精管膨大部まで順次運ばれ精子はここで射精瞬間まで待機するついには性的な興奮頂点に達するオーガズム)と脊髄内にある射精中枢反応し射精反射発生する。脳が関与できない反射のため、この段階に入ると男性自身意思の力で射精抑えるのは困難である膀胱括約筋固く収縮するとともに前立腺液尿道前立腺部に排出され精管膨大部蓄えられていた精子射精管通って尿道前立腺部に押し出される。この過程がエミッション射出)である。このとき膀胱出口固く閉じられているので、精液膀胱逆流することはない一方尿道括約筋固く収縮しているので精液行き場失い前立腺内で内圧が非常に高まる。これがいわゆる射精直前感覚である。性交中及び自慰中にこの状態になると快感急に強くなってくる。この時精液出そうとする直前ムズムズゾクゾクたような射精管感覚の快感感じ始める。この快感射精直前近づくにつれて強く気持ちよく感じ、また男性特有の感覚である。 3. 放出の段階 第二段階(イジャキュレーション)は尿道括約筋弛緩することから始まり前立腺内に充満した精液内圧によって一気押し出され尿道球海綿体筋などの働きによって陰茎先端外尿道口から勢いよく放出される同時に精嚢平滑筋収縮繰り返し精液の約7割を占め精嚢液が少し遅れて律動的に放出されるそのとき肛門括約筋また、収縮繰り返す。この時男性は、オーガズム達する。 射精律動は、1秒内外間隔数回にわたって連続して発生する回数が進むに連れて次第間隔開いて射精の勢い減少し急速に勃起が解けていく。

※この「過程」の解説は、「射精」の解説の一部です。
「過程」を含む「射精」の記事については、「射精」の概要を参照ください。


過程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 04:27 UTC 版)

アドルフ・ヒトラーの死」の記事における「過程」の解説

1945年初頭ドイツ全ての戦線完全に押し込まれ敗戦避けられない状況陥っていた。東部戦線ではポーランド全土占領した赤軍が、キュストリーンフランクフルト・アン・デア・オーデルの間を流れオーデル川渡って82キロ西方首都ベルリン攻略する準備進めていた。西部戦線では2月アルデンヌ攻勢戦っていたドイツ軍が、連合軍作戦開始地点より内側に押し戻され敗北フランスのほぼ全土からドイツ軍駆逐され、連合軍ライン川西岸達したアメリカ軍3月7日ドイツ軍の反撃退けてレマーゲン鉄橋確保初めライン川越えたイギリス軍カナダ軍ライン川越えドイツの中心的工業地帯であるルール地方侵入しつつあった。その南では、ロレーヌ地方占領したアメリカ軍が、ライン川流域マインツマンハイム向かって進撃続けていた。イタリア戦線では、1945年春のアメリカ軍イギリス連邦軍による攻勢の結果ドイツ軍北部追い詰められた軍事作戦並行して連合国2月4日 - 11日にかけて首脳会談ヤルタ会談)を実施しヨーロッパにおける戦争終結形態議論した戦況の悪化を受け、ヒトラー1945年1月16日から総統地下壕に居を移しており、以降ここから統括行っていた。ドイツ指導部は、ベルリンの戦いヨーロッパ戦線における最後の戦いとなることを認識していた。3月中旬ハンガリー油田確保名目行われた春の目覚め作戦では、赤軍反撃によりドイツ軍オーストリアまで潰走し、大規模な反攻作戦はここに全て終わったアメリカ軍4月11日までにベルリン西方100キロ位置するエルベ川渡った4月18日にはルール地方B軍集団325,000人もの将兵降伏し捕虜となった。この降伏により、アメリカ軍ベルリン進撃することが可能となった東部戦線では4月16日赤軍オーダー川渡りベルリンを守る最終防衛線であるゼーロウ高地突破するための戦い開始していた。4月19日までにはドイツ軍ゼーロウ高地から全面撤退しベルリン東方防衛線消滅したヒトラー56歳誕生日である4月20日ベルリン初め赤軍による砲撃受けた4月21日の夜までには、ベルリン郊外赤軍戦車部隊到達した側近国防軍首脳部一部は、ヒトラー南部ベルヒテスガーデンへの疎開進言したが、彼はそれを拒否した4月22日午後の軍事情勢会議においてヒトラーは、フェリックス・シュタイナーSS大将率いる「シュタイナー軍集団」が、前日ヒトラーから与えられたベルリン救援のための攻撃命令実行していないと知らされたことで、明らかな神経衰弱陥ったヒトラー感情抑えられなくなりドイツ軍司令官たちの不忠無能さ怒り任せて非難しついには戦争敗北したことを初め認めるに至った。さらに自分あくまでもベルリンとどまり最後には銃で自決すると宣言したヒトラーその後軍医であったヴェルナー・ハーゼSS中佐に、確実な自殺方法教えてほしい依頼したハーゼは「ピストルと毒」による自殺提案しシアン化物服用と、頭に銃弾撃ち込むことの併用勧めたヒトラー自殺決めたことを知ったヘルマン・ゲーリング国家元帥は、自身後継者指名した1941年総統布告に基づいて国家指揮権自身移譲するよう求める電報ヒトラー送った。この電報受けた官房長マルティン・ボルマンは、ゲーリングクーデター企てているとヒトラー説き、彼もゲーリング反逆確信したヒトラーゲーリング返信し、全官職辞さない限り処刑されることになると伝えた同日ヒトラーは彼をすべての官職から解任したうえで逮捕令を出した4月23日赤軍ベルリン市内に突入したベルリン外でも、4月25日エルベ河畔トルガウアメリカ軍赤軍邂逅東西戦線繋がった4月27日時点でベルリンドイツのほかの地域から遮断されていた。防衛部隊との間の安定した無線通信失われており、OKW気球打ち上げて短波通信頼らざるを得ず総統地下壕司令官電話回線用いて指示・命令下すことを強いられていた。同様にニュース情報の入手公共のラジオ放送頼らざるを得ない状況だった。4月28日ロイター通信発のBBCニュース報道地下壕傍受されその内容コピーヒトラーのもとに届けられた。この報道で、親衛隊全国指導者ハインリヒ・ヒムラーが、西側連合国に対して独自に降伏提案した拒絶されたこと、ならびに彼が自らにドイツの降伏交渉を行う権限がある連合国側ほのめかしていたことが伝えられていた。ヒトラーはこれを自分に対す重大な反逆とみなし、同日午後に抑えられない怒り苦々しさから、ヒムラーに対する罵詈雑言怒鳴り散らしたヒトラー直ちヒムラー逮捕令を出し総統大本営における彼の連絡将校であったヘルマン・フェーゲラインSS中将逮捕銃殺刑処した総統地下壕地上出入り口1947年取り壊し直前撮影取り壊され総統地下壕一部1947年この時点で、赤軍ポツダム広場にまで進出しており、総統官邸への強襲目前に迫っているという兆候観察されていた。この危機的状況と、最後まで信じていたヒムラーおよび親衛隊にまで裏切られた形になった事に最後の衝撃を受け、ヒトラー人生最期についていくつかの決定下したと考えられるヒトラーエヴァ結婚することを決め4月28日深夜2人総統地下壕地図室でささやかな人前結婚式挙げた結婚式のあと、ヒトラーは妻となったエヴァとともに簡素な結婚披露宴催したその後秘書官トラウデル・ユンゲ連れて別室移動し自身の遺言口述したアントニー・ビーヴァー考察している。午前4時ヒトラー遺言書類署名し床に就いた。なお、記録によってはヒトラー遺書口述したのは結婚式直前ということになっているが、いずれにしてもサインタイミングについては一致している。結果的にヒトラーエヴァ正式な夫婦として生活したのは、40時間満たなかった4月29日ヒトラー同盟国イタリア社会共和国指導者ベニート・ムッソリーニパルチザン捕らえられ処刑され死体逆さ吊りにされたことを知った。この出来事は、ヒトラー遺言の中で言及していた決意、つまり自分たちは死後晒し者にはなりたくないという恐れをさらに強固にした可能性が高い同日午後ヒトラーシアン化物カプセル偽物ではないか疑い始めたカプセル有効性確かめるために、ヒトラーハーゼ命じて愛犬ブロンディカプセル飲ませ、その死を確認した4月30日午前1時までに、ヒトラーがあてにしていたベルリン救援のためのドイツ軍部隊が、すべて包囲される守勢立たされていることがOKW総長ヴィルヘルム・カイテル元帥によって報告された。4月30日の朝遅くには、赤軍総統地下壕から500メートル離れていない場所にまで迫りヒトラーベルリン防衛軍司令官ヘルムート・ヴァイトリング砲兵大将会談持った彼はベルリン防衛軍弾薬がおそらく夜に尽きであろうこと、ベルリンでの戦闘行為24時間以内停止せざるを得ないことをヒトラー告げた同時にヴァイトリングヒトラー脱出許可願い出た彼は以前に脱出許可願い出て却下されていた。しかし彼からの回答得られなかったため、彼はベンドラーブロック(ドイツ語版)(官庁街)にある本部戻った同日13時ごろ、ヴァイトリングは夜を待って脱出試みることについてヒトラーからの許可を得た

※この「過程」の解説は、「アドルフ・ヒトラーの死」の解説の一部です。
「過程」を含む「アドルフ・ヒトラーの死」の記事については、「アドルフ・ヒトラーの死」の概要を参照ください。


過程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/23 07:00 UTC 版)

高松市役所」の記事における「過程」の解説

第5次合併先立つ1954年昭和29年6月1日高松市広域化する市域における行政サービスの向上を目的として、地方自治法昭和22年法律67号)第155第1項規定によりそれまで編入合併した旧町村のうち昭和期に合併した5町村第4次合併)について、その区域をもって市の出先機関設置したその2年後1956年昭和31年9月30日高松市周辺15町村一度に合併す第5次合併行い市域一気広域化することになる。以後例によって合併編入した町村には合併後その区域をもって市の出先機関置いている。 出先機関名称について当初は支所・出張所混在していたが、1959年昭和34年10月6日全て出張所統一された。しかしその後1966年昭和41年7月1日山田町編入すると、その区域置かれる出先機関出張所ではなく支所となったその結果現在では1956年までに設置されたものが出張所1966年以降設置されたものが支所となっている。そのうち出張所区域明治時代町村制施行時区域をほぼそのまま継承したものになっていることから支所よりも細分化された区域設定である。全体として支所の方出張所より管轄区域広く地区そのものの距離が市役所から離れている

※この「過程」の解説は、「高松市役所」の解説の一部です。
「過程」を含む「高松市役所」の記事については、「高松市役所」の概要を参照ください。


過程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/11 07:05 UTC 版)

国家統一綱領」の記事における「過程」の解説

1、 短期的相互交流交流による相互理解促進し相互利益により敵対関係解消する交流相互の安全と安定阻害せず、相互政治実態否定せず良好な相互協力関係を形成する両岸交流秩序策定し交流規範制定仲介機構設立により、両岸人民権益を守る。段階的に制限緩和し両岸民間交流拡大相互社会繁栄促進する国家統一目標とした両岸人民の幸福を増進するため大陸地区積極的な経済改革推進し段階的な世論開放民主法治体制確立する台湾地区憲政改革速やかに実施し国家建設推進して人民平等に豊かな社会形成する両岸敵対状態を解除し一つの中国の原則の下、平和な方法であらゆる紛争解決し国際社会に於いて相互尊重行い一方排除することなく相互協力の状態を形成させる。 2、 中期的相互信頼両岸対等な政府交流行なう両岸交流通信通航通商を通じて実施する大陸東南部沿海地区共同開発し、段階的にその他の地域対象とし、両岸生活水準差異解消する両岸国際組織加盟活動相互協力する。 両岸政府高官相互訪問し統一のための有利な条件協議する。 3、 長期的協商統一両岸統一協議機関設置し両岸人民希望により民主政治自由経済社会的平等軍隊国家化の原則の下、統一事業共同協議し立憲政治体制確立し民主的で自由、そして均し豊かな中国建設する

※この「過程」の解説は、「国家統一綱領」の解説の一部です。
「過程」を含む「国家統一綱領」の記事については、「国家統一綱領」の概要を参照ください。


過程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 16:14 UTC 版)

インフルエンザワクチン」の記事における「過程」の解説

インフルエンザワクチンは、11-12日齢病原体のないニワトリ卵を使用して製造される。 まず、ニワトリの上部をエタノールによって消毒するその後尿膜腔(卵殻直下に広がる空間内の静脈存在しない領域探し圧力解放するための小さな穴をあける。さらに2つ目の穴を卵の上部に作りそこからインフルエンザウイルス尿膜腔に注入する続いて2つの穴を溶融パラフィン密封し37 ℃48時間孵卵する。孵卵時間の間、インフルエンザウイルス内部で複製され新たに複製されウイルス尿膜腔の液中放出される48時間孵卵間のあと、卵の上部にひびを入れそこから10 mL尿膜腔液を取り出すと、約15μgインフルエンザワクチン成分を得ることができる。(15μgは、日本において3歳以上ワクチン1回接種量である0.5mLに含まれる抗原量に相当する。)その後インフルエンザワクチンウイルス抗原)は精製され添加物入れられたのち、注射薬ではバイアルシリンジ経鼻では鼻腔噴霧器スプレー)の中に注入されるこのような方法を経ることによって、必要とされるワクチン製造することができる。 また、インフルエンザワクチンニワトリ卵で作る過程において、ウイルスを卵の中で増えやすくするためには、ウイルスを卵で複数回増やし、卵での増殖適応させる馴化」という工程が必要となる。この過程でウイルスの遺伝子変異起き場合があり、これが起きた場合ワクチンの有効性低下することもありえる。そのため、製造されワクチン毎年有効性確認されている季節性インフルエンザワクチンでは、増殖させたインフルエンザウイルス上記のような方法分離精製したのち、エーテル理により脂溶性成分抽出除去しヘマグルチニンHA)を含む画分を得て不活化ワクチンとしている。そのため、このような不活化ワクチンは「インフルエンザHAワクチン」と呼ばれるかつてはホルムアルデヒドホルマリン)で不活化していたが、2017年現在の「インフルエンザHAワクチン」にはホルマリン使用されていない経鼻投与されるタイプでは、上記のような不活化の過程を経ない弱毒生ワクチン用いられている。(詳細は、別節を参照)

※この「過程」の解説は、「インフルエンザワクチン」の解説の一部です。
「過程」を含む「インフルエンザワクチン」の記事については、「インフルエンザワクチン」の概要を参照ください。


過程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/21 08:31 UTC 版)

映画配給」の記事における「過程」の解説

配給契約締結されると、または締結されることを前提に、国内の製作物映画作品)の配給委託を受ける場合であっても国外から買い付ける場合であっても同様に配給会社の手元に初号プリントないしはネガ原版からデュープされたデューププリントと、それに付随するデジタル原版等が渡される上映プリント量産は、配給会社業務である。外国映画の場合は量産前に字幕ないしは自国語吹替版の作成を行う。日本における映倫申請は、日本映画の場合は製作者側が製作のプロセス行い国外映画の場合配給会社が行う。 プリント量産前に配給会社映画館のブッキングを行う。量産するプリント数は、ブッキング数に応じたものである量産は、国内作品の場合は例外除いて初号プリント現像した現像場で行うのが通常である。 映画宣伝業務配給会社業務であり、宣伝部門を持たない企業はこれを宣伝会社アウトソーシングする予告篇作成は、宣伝業務である。宣伝部門・宣伝会社作成予告篇業者委託する予告篇初号プリント完成するとこれを量産しブッキングされた映画館等の興行側につなぎ、配送するのは純然たる配給業務である。日本特有制度である特別鑑賞券前売券)の作成販売・管理は、配給会社業務である。これをブッキングした映画館や、プレイガイド配送し販売委託する公開日前には、各劇場上映プリント配送する公開始まればブッキングした映画館入場人員数興行収入報告を受け、これを集計する多くマスコミに向けて発表されるのは、この集計数字である。日本においては2000年度までは配給収入発表していたが、同年をもって全世界共通の興行収入発表切り替えられた。配給収入興行者側との契約により、興行収入平均50程度である。 4週間ないしは5週間といった封切りからの上映をファーストラン呼びファーストラン以降は、ムーブオーバー(続映と呼ぶ。ムーブオーバーや、日本で言う二番館の上映のブッキング公開日前後して行う。ファーストラン終えて戻って来たプリントをムーブオーバー館、二番館配送する興行側が一定配分除いて配給会社支払料金映画と呼ぶ映画料の総計配給収入であり、国内作品の場合、ここから一定割合配給手数料宣伝費を含む配給経費等を除いた分を製作者側に戻すしくみとなっている。国外作品の場合、買付料を支払っているので、配給収入はすなわ配給会社収入となる。 製作・配給興行一社で行うことを垂直統合と呼ぶ

※この「過程」の解説は、「映画配給」の解説の一部です。
「過程」を含む「映画配給」の記事については、「映画配給」の概要を参照ください。


過程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 16:53 UTC 版)

造山運動」の記事における「過程」の解説

地向斜造山論では、造山運動の過程には次のようなサイクル存在するされていた。このサイクル造山輪廻(ぞうざんりんね)と呼ばれた第一段階地向斜期) 大陸周辺位置する浅い海底では、大河によって陸地から浸食され運ばれてきた砂や泥等の厚い堆積層形成される。これを地向斜と呼ぶが、地向斜堆積物重み沈降するので、海が埋められて陸化する事はなく、最終的には海底1万メートル越え程の地層出来る。 第二段階造山期) こうして深い海堆積物浅い海堆積物複雑に重なり基盤となる下方地層押し下げるように堆積した地向斜層が、側方から強く圧縮され一部褶曲山脈形成され始めると、圧縮力により周辺の地向斜複雑な断層堆積運動起こる。さらにこの圧縮力により地下深く溶けた岩石マグマとなって貫入し花崗岩類が生じる。 第三段階(後造山期) その後地向斜堆積物圧縮していた圧力低下すると共に広範囲に隆起による高い褶曲山脈出現する山脈風雨による浸食を受けるが、山脈形成する物質周囲の地殻より密度が小さいため、浸食上回るほどの隆起速度維持し、2億年ほどはその形状維持する隆起運動収まってくると、以後風雨による浸食作用によって次第低くなり、ついには準平原となり、大陸塊の一部となって安定し、その周囲新たな造山運動生じる。

※この「過程」の解説は、「造山運動」の解説の一部です。
「過程」を含む「造山運動」の記事については、「造山運動」の概要を参照ください。


過程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/02 01:10 UTC 版)

脈管形成」の記事における「過程」の解説

脈管形成血管新生似ているが、これらは一つの点で異なっている。すなわち、血管新生においては既存血管から新たな血管形成されるに対し脈管形成では既存血管持たないところに血管形成される具体的には、毛細血管から内細胞出芽する場合血管新生である。一方脈管形成では内皮前駆細胞血管芽細胞)が成長因子細胞外マトリックスからの刺激より分化、血管形成する。 こうして形成され血管網刈り込み血管新生起こる。

※この「過程」の解説は、「脈管形成」の解説の一部です。
「過程」を含む「脈管形成」の記事については、「脈管形成」の概要を参照ください。


過程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/06 14:13 UTC 版)

研究」の記事における「過程」の解説

研究を、作業工程という観点から考えた場合基礎研究応用研究の別によらず大雑把に言えば研究とは仮説の構築とその検証再評価延々たる繰り返し」である。 「一つ研究」に着目して考えると「一つ研究」の各段階は、概ね計画実行評価」の流れで見ること出来より詳しくは以下の要素からなっていると考えること出来る。このように研究の過程が構造化されていることは、研究結果公表物であるところの論文IMRADのように構造化されているのとよく似ているしかしながら、「論文におけるIMRADのような略称」は今のところない。 予備調査予備実験先行研究レビュー:「何を調べたいのか」、「何を調べるのか」、「何を調べことが出来るのか」、「何を調べればモノになるのか?」「調べようとする問題に先人どのように取り組んできたのか」、「調べようする事柄を調べるにはどのような方法検討しえるのか」を整理するために文献調査討論予備的な実験等を行う。 研究目的決定:これからおこなう一連の活動によってどのような問題解決解明しようとするのかを決定するまた、これから解決解明しようとする問題にどのような切り口から光を当てるのか、どのような着眼点を持つのかをまとめる。 仮説の構築:"(2)"で設定した問題の「仮の答え」をいくつか考える。ここでいうところの「仮の答え」は、「棄却すべきであるか否か」を「いくつかの実験事実等の事実」と「それからの推論」のみで決定できるものでなければならない検証可能性)とされ、通常定性的あるいは定量的モデル立てるという形をとる。 但し、場合によっては明確な形の仮説をおかず、「ここを調べればちょうど抜けたパズルのかけら埋まりそうだ」といったレベル考えで話を進めることもある(だからといって悪い結果得られるとは限らない)。また、どのような実験をすればどのような結果どのような範囲傾向結果)が得られるのか」であるだとか、「もしこういう結果出た場合こういうことが考えられる」、「複数実験および先行研究結果組み合わせた上でどのような知見得られるのか」などの問題意識をよりハッキリさせるにとどまる場合があるそのようなケースにおいては(2)段階(4)段階との区別あいまいになる (仮説検証のための)調査方法実験方法立案実験の準備:実際に行う実験を「いつ、どこで、何をつかってどのように何を行う」といったルーチンワークレベルの作業手順におとす。必要な機材なければ購入計画を立てるあるいは設計するあるいは自分で製作するまた、解析するための方法を検討する解析方法実験回数選択などは統計学特に実験計画法に従って検討する実験調査データの収集データ解析):"(4)"で立案した計画に沿って実際の実験調査解析などを行い結果グラフや図や表にまとめる。適宜統計処理を行う。実験解析などの段階においては下の"(9)"の「偶然的発見」が得られることがあり、また、誤謬紛れ込む可能性も高い。その意味この段階は、まさに研究におけるクリティカルフェーズである。この過程では、特に実験ノート威力を発揮する考察:仮説研究目的妥当性の評価得られたデータから予想あるいは主張できる内容抽出仮説真偽判定及び修正、及びそれらに基づいた研究計画修正などを行う。また、得られたデータ先行研究によって得られ事実どのような文脈中におくのかを検討する研究成果発表公表:学会発表専門誌への公刊研究室内、学内での研究報告会、審査会等。ここでもらった意見一部研究フィードバックされる。 突然のひらめき:有名な学者多くが、行き詰まった環境下でふと、あること気づきブレークスルー繋がったというエピソードを語る。 偶然的発見セレンディピティ):有名な学者多くが偶然という言い方をするが、実際のところは、広くアンテナ張り巡らし、適切な記録をとり、わずかな兆候見逃さず、いろいろな解析理を試せるだけの技能チャレンジ精神持ち適宜研究計画フィードバック加えるといったことが出来るぐらいに訓練され人間以外にはなかなかこのような幸運訪れない。 偶然(学会ディスカッション)などで情報めぐり合う:ある噂を聞いてあわてて帰って研究室引きこもって何かに取付かれたように研究に取組んだという逸話が残る先生何人かいる。 研究経費獲得科研費COE等):地獄の沙汰も金次第高等学校向けの理科検定教科書課題研究の項や、各大学の学生実験指導書等、研究の初心者あるいはそれ未満レベルの人を対象とした人向けの教育課程では研究の過程として「『(1)(2)(3)(4)(5)(6)(1)』のループ何度か繰り返したあと、(7)に至る」などといった極めてオーソドックス流れ解説している。ただし、理科検定教科書間でも記述若干違いがあり、執筆者個性伺われる。ただし、どの教科書おいても概ね要素」としてあげているものは上の(1)(7)尽きている。問題は一部要素結合されていたり、省略されていたり、より細分化されていたり、ループさせる/させない違いだけである。特に、「得られ結果実際の予想とが大きく食い違うこと」は、課題研究学生実験では起こりにくく、また、そのような変則的”(実際には変則”でないほうがおかしいのだが)な事態対処できるレベル意外に高いという考えから、「研究結果フィードバックさせる」というトレーニングをするか否か大きな違い現れるまた、(8)-(10)は、学生実験高等学校課題研究レベルでは問題になることが殆ど全くなく、検定教科書には解説されていないこれらの要素をどのようにつなげるのか、どのように偶然的要素目標現実とのズレ実際の研究計画フィードバックするのかは、研究者の腕や個性場合によっては価値観感性かかわってくる問題である。その意味では、必ずしも実際の研究の現場では必ずしも各要素直線的に実行する(「『(1)(2)(3)(4)(5)(6)(1)』のループ何度か繰り返したあと、(7)に至る」といった具合に)わけではなく、そうあるべきとも限らないまた、優先度物を言う研究の世界では極端な場合過去データ見て突然ひらめいてそのまま発表するといった「(8)(10)のような話や、(6)の過程を省略し単なる実験結果羅列報告するケースなど、ショートカット省略多々あるとされるまた、偶然の発見決定的な証拠取れた場合再現実験何度か行いながら同時平行的に「それをどのような文脈におくのか」を検討するような流れ、つまり「(9)(1),(2),(3),(4),(5),(6)(7)のようなこともよくあるとされる。さらに、通常(6)段階テーマ分割整理統合が行われる場合よくある優れた研究者中には(4),(5)(6)間の往復に殆どに労力つぎ込み、ある程度結果たまったところで、(10)に至るものもある。また、実験計画立案実験のみを行う人、考察のみを行う人のように分業体制研究行っているところもある。実験系の場合には「装置開発」や「材料精製」の部分のみで学士修士博士学位与えられ場合によってはノーベル賞クラス評価与えられることもある。一見、「装置開発」や「材料精製」の部分のみを行うことは(4)段階にのみにとどまっているように見えるが、「装置開発」や「材料精製」という問題自体一つ課題として考えれば概ね上の要素還元できる場合が殆どである。 研究を行う際に研究者単独で行うか (個人研究)、もしくは民間企業等の他組織研究者及び研究経費等を受け入れて共通の課題について共同して行うか (共同研究)についても決定する

※この「過程」の解説は、「研究」の解説の一部です。
「過程」を含む「研究」の記事については、「研究」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「過程」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

過程

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 10:16 UTC 版)

名詞

かてい

  1. 物事進行変化していく途中段階。または、その道筋。

発音(?)

か↗てー

関連語

翻訳


「過程」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



過程と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「過程」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



過程のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプロセス (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのメチルレッド (改訂履歴)、大陳島撤退作戦 (改訂履歴)、粉塵爆発 (改訂履歴)、ポートアーサー事件 (改訂履歴)、ひまわり学生運動 (改訂履歴)、ミールの軌道離脱 (改訂履歴)、インターネットカフェ実験事件 (改訂履歴)、接触法 (改訂履歴)、スドマ川の戦い (改訂履歴)、言語獲得 (改訂履歴)、函谷関の戦い (紀元前241年) (改訂履歴)、射精 (改訂履歴)、アドルフ・ヒトラーの死 (改訂履歴)、高松市役所 (改訂履歴)、国家統一綱領 (改訂履歴)、インフルエンザワクチン (改訂履歴)、映画配給 (改訂履歴)、造山運動 (改訂履歴)、脈管形成 (改訂履歴)、研究 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの過程 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS