仕上げとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 仕上げ > 仕上げの意味・解説 

し‐あげ【仕上げ】

仕上げること。また、その結果や、できばえ。「みごとな仕上げ」

物事最後段階また、物を作る最後工程。「リハーサルの仕上げにかかる」

西日本で、葬儀のあと、世話をかけた人たちにごちそうをし、その費用支払いを済ますこと。忌中払い


し‐あげ【仕上・仕揚】

〔名〕 (動詞「しあげる(仕上)」の連用形名詞化

物事し終えること。また、物を作りあげること。完成すること。また、その結果できばえ

浄瑠璃釈迦如来誕生会(1714)一「尾筒抜けるか童が肘がはなるるか、しあげを見よ」

最後しめくくり最後工程

玉塵抄(1563)二六「羅漢聖者は、初果より二果三果四果次第して修行して、位があがるぞ。第四のしあげ果位羅漢と云ぞ」

③ (死後の作法しめくくりの意とも、また、死者の霊を天にあげる意ともいう) 死後三日目、七日目四九日目などの忌日にいとなむ法事忌中払。

言国卿記文明六年(1474)八月一三日「今日伏見殿御しあけ也了。御経供養之と也」

葬礼の後、手伝い人々荒布(あらめ)を煮たものを食べさせたこと。〔随筆・東牖子(1803)〕


仕上げ

読み方:しあげ

ガ行下一段活用動詞「仕上げる」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

仕上げ

読み方:しあげ

ガ行下二段活用動詞仕上ぐ」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの
仕上ぐ」の口語形としては、ガ行下一段活用動詞「仕上げる」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

仕上げ

読み方:しあげ
分類:加工

織り上げた後に補修すること。

仕上げ 【しあげ】

特に関西葬儀後に関係者慰労し、その費の支払いをすること。葬儀後の会食。「料理参照

仕上げ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/22 17:27 UTC 版)






仕上げと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「仕上げ」の関連用語

仕上げのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



仕上げのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JAやつしろJAやつしろ
Copyright(c)2021 JAやつしろ All Rights Reserved.
葬儀の相談センター葬儀の相談センター
Copyright(c)2021 葬儀の相談センター All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仕上げ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS