リハーサルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 心理学 > リハーサルの意味・解説 

リハーサル【rehearsal】

読み方:りはーさる

演劇・音楽放送などで、本番前に行うけいこ。予行演習


リハーサル

作者トマスF.モンテルオーニ

収載図書999狂犬の夏
出版社東京創元社
刊行年月2000.3
シリーズ名創元推理文庫


リハーサル


リハーサル

作者里庭由香

収載図書りんね観光のコンパクツアー
出版社日本文学館
刊行年月2007.4


リハーサル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/13 04:17 UTC 版)

リハーサル英語: rehearsal)は、個々の場面を本番と同様に進行させて、進行を確認する行為である。同義語や類義語には下稽古予行演習があり、業界用語としての略称にはリハなども使われる。


  1. ^ 2010年4月7日『スタジオパークからこんにちは』(ゲスト・所ジョージ)での城島茂談。
  2. ^ 2010年10月26日『笑っていいとも!』での真木よう子談。


「リハーサル」の続きの解説一覧

リハーサル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/08 04:20 UTC 版)

バブルンるーれっと」の記事における「リハーサル」の解説

ルーレットが回るかは不明ラッキー選んできてくれる。

※この「リハーサル」の解説は、「バブルンるーれっと」の解説の一部です。
「リハーサル」を含む「バブルンるーれっと」の記事については、「バブルンるーれっと」の概要を参照ください。


リハーサル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 05:39 UTC 版)

エフゲニー・ムラヴィンスキー」の記事における「リハーサル」の解説

その厳格なリハーサルは伝説的ともいわれ、妥協なき完全主義徹底したゆえに長大な時間費やした。特にムラヴィンスキー重視したのは楽器ごとの練習で、レニングラード・フィル就任後から始まった就任当初は楽団員猛烈な反発招いたが、ムラヴィンスキー決し妥協せずオーケストラレベル世界トップレベルにまで向上さていった。その凄さは、来日のときの日本側関係者が「あんなうまいオーケストラに、ここまでさせるとは」と団員同情するほどであったという。この厳しい姿勢最後まで崩さなかった。 BBCムラヴィンスキー特別番組放送した中に、旧レニングラード・フィルヴァイオリン奏者語ったムラヴィンスキー仕事ぶりを示す象徴的なエピソードがある。それは、ブルックナー交響曲第7番のリハーサルの話である。 「ムラヴィンスキーオーケストラメンバー完璧だ思って満足せずに、家でスコア研究し尽くし、メンバー全員ぎっしりと書き込み埋まった楽譜配布した通しリハーサルの日は何度も何度も繰り返し細かい要求応えなければならず体力的に厳しかった忘れられない一日となった最後の通しリハーサルのときはあまりにも完璧で信じられない演奏となり、そのクライマックスではまるでこの世のものではないよう感覚襲われた。しかし、最も信じ難いことは、ムラヴィンスキーがこの演奏本番キャンセルしてしまったことであったその理由は『通しリハーサルのように本番うまくいくはずがなく、あのような演奏二度とできるはずがない』というものであったこのような厳しい通しリハーサルを、演奏頻度多かったチャイコフスキー5番ショスタコーヴィチ5番のときでさえ、少なくとも10回は行ったという。 これもBBC番組内でのインタビューで、ある旧レニングラード・フィル女性奏者が以下のように語っている。 「ムラヴィンスキー演奏家として私の人生大きな影響与えた人です。私はレニングラード・フィル入団した時点では、ただ他人よりうまくヴァイオリン弾けるというだけの人間でした。しかし、ムラヴィンスキー指揮の下で演奏できたことにより、初め本物音楽家になれたように思えます」 なお、リハーサルの様子は、近年発売され録音映像確認することができる。

※この「リハーサル」の解説は、「エフゲニー・ムラヴィンスキー」の解説の一部です。
「リハーサル」を含む「エフゲニー・ムラヴィンスキー」の記事については、「エフゲニー・ムラヴィンスキー」の概要を参照ください。


リハーサル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 04:29 UTC 版)

テキサス (BB-35)」の記事における「リハーサル」の解説

訓練始まってからの12日間、テキサスは35.6cm(14インチ)砲を多数装備するイギリス戦艦ラミリーズ (HMS Ramillies, 07) とロドニー (HMS Rodney, 29) と共に火力演習行ったまた、この際イギリス空軍航空機砲弾着弾観測としてその照準手の役割担った同年4月29日テキサスおよびネバダアーカンソー北アイルランドベルファスト湾へ移動したベルファスト湾に到着後、航空機用カタパルト撤去が行われ、作戦に向けて最終的な準備段階入ったまた、無線誘導ミサイル捕捉妨害するための装置等、新たな無線装置取り付けられた。そして最終的な演習がダンドラム湾南で行われた。この作戦に向けて最終段階準備中5月19日上陸作戦司令官ドワイト・D・アイゼンハワーテキサス乗員会話するために艦を訪れた5月31日になると封緘ふうかん命令出され迫りくる上陸作戦についての状況説明乗員に対して行われた上陸作戦において、テキサス西部方面任務軍のオマハ・ビーチにおける砲撃艦隊旗艦指名された。テキサス担当する事になったオマハ・ビーチでの砲撃範囲は、オマハ・ビーチ西部であり、また、アメリカ第1歩兵師団上陸する東部、同第29歩兵師団上陸する西部アメリカ第2レンジャー大隊のポワント・デュ・オックそして、第2レンジャー大隊支援オマハ西部へ派遣される同第5レンジャー大隊等の支援担当することになったテキサス中心とした部隊オマハ・ビーチ西部担当しアーカンソー部隊東部担当した駆逐艦フランクフォード (USS Frankford, DD-497)、マコック (USS McCook, DD-496)、カーミック (USS Carmick, DD-493)、ドイル (USS Doyle, DD-494)、エモンズ (USS Emmons, DD-457)、ボールドウィン (USS Baldwin, DD-624)、ハーディング (USS Harding, DD-625)、サタリー (USS Satterlee, DD-626)、トンプソン (USS Thompson, DD-627)とイギリス海軍軽巡洋艦グラスゴー (HMS Glasgow, C21)、駆逐艦タナタサイド、タリーボント、メルブレイクおよびフランス軽巡洋艦ジョルジュ・レイグ、モンカルム等はオマハ・ビーチ東端拠点行動する事になった。 6月3日午前2時9分、テキサスおよび西部方面任務軍の当時そこに居た他の艦船と共にベルファスト湾からノルマンディー向けて出港した同時刻戦艦ウォースパイトラミリーズ等の英国艦隊も同じ方面航行を始めた。6月4日午前7時40分、ノルマンディー沖に到着した艦隊はそこで悪天候見舞われてしまい、元来進路逆にたどる羽目陥ったその日の夜、ランドリー島沖にいた艦隊は再び進路ノルマンディーへ向け、Z区域にて他の艦隊合流したその後進攻艦隊ノルマンディーへ向け進路南にとり、ドイツ軍敷設した機雷水域掃海艇掃海し、その空いた水域航行したこの間オマハ・ビーチの上作戦参加艦艇は1隻も失うことは無かった

※この「リハーサル」の解説は、「テキサス (BB-35)」の解説の一部です。
「リハーサル」を含む「テキサス (BB-35)」の記事については、「テキサス (BB-35)」の概要を参照ください。


リハーサル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 04:46 UTC 版)

カルロス・クライバー」の記事における「リハーサル」の解説

映像に残る彼のリハーサル風景は、楽員に対し彼の音楽解釈比喩的な表現用いて事細かく説明するものである(この点に関してエーリヒ同様だったという)。またリハーサルの前には必ず作曲家自筆譜調べ他の演奏家による録音入手して演奏解釈チェックし、また父エーリヒ使用した総譜研究するなど入念に準備行った。しかし細かいリハーサルに対し本番独特の流麗優美な指揮姿で、観客を(そしてオーケストラ楽員同僚の音楽家までも)魅了した(それらは幸い多くの映像残されており、オペラ映像では舞台上で歌が続く最中ピット指揮姿だけを1分上映し続けるという、常識ではありえない編集が行われているものもある)。その指揮から溢れ出る音楽は、めくるめくスピード感、リズム感色彩鮮やかさ詩情美しさ群を抜いており、世間からしばしば「天才指揮者」と称せられた。またその疾走するような若々しさから、カルロスは常に新時代リードする音楽家とされてきたが、実際はオーケストラ対向配置(第1ヴァイオリン第2ヴァイオリン左右に向き合う配置)にしたり、楽譜改変行ったり楽曲ある部分で弦楽器弓使いプルトごとに上下逆に弾かせるといった、第2次世界大戦以前に盛んだった方式用いることが多く、父エーリヒの強い影響下に旧時代の指揮者たちの流れを汲んでいると見るのが妥当であるオーケストラパート譜自分で所有してボウイングなど細かい指示書き込んで常にそれをリハーサルで使わせたという話である。

※この「リハーサル」の解説は、「カルロス・クライバー」の解説の一部です。
「リハーサル」を含む「カルロス・クライバー」の記事については、「カルロス・クライバー」の概要を参照ください。


リハーサル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 02:47 UTC 版)

オトマール・スウィトナー」の記事における「リハーサル」の解説

スウィトナーのもとで演奏したオーケストラ団員は、スウィトナーはリハーサルでは優しいことしか言わず、声も小さかった述べている。また、オーケストラ注文する際も「みなさんよくお弾きになっているんですが、どうしてもお一人だけお分かりじゃない方いらっしゃる」と言って、その団員見つめながら指揮をしていたという。なお、スウィトナー視線先にいた団員たちは「自分のことではないはずだ」と体避けながら演奏していたという。 また、NHK交響楽団コンサートマスター務めた堀正文は、普段おっとりしているぶん、スウィトナーが強い言葉で指示をしたときはとても迫力があったと述べている。堀はスウィトナー指揮アルバン・ベルクの『ヴァイオリン協奏曲』を演奏した際、第2楽章のあるパッセージについて「ライオンに肉をガッと抉られるような激しさで」と指示された回想している。また、堀はスウィトナーのリハーサルについて以下のようにも述べている。 なんとなく威圧感とか存在感があるマエストロですが、練習のときも言葉数少なくてやりたいことは、ひと言ふた言、的確な表現おっしゃるんです。でもそれを聞いて自分の中でこういう味なんだとうまく消化して演奏しないといけない。速いとか遅いとか、強いとか弱いとかいう具体的な表現でなく、味わい深い表現なんです

※この「リハーサル」の解説は、「オトマール・スウィトナー」の解説の一部です。
「リハーサル」を含む「オトマール・スウィトナー」の記事については、「オトマール・スウィトナー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「リハーサル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「リハーサル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



リハーサルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リハーサル」の関連用語

リハーサルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リハーサルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2023 AMEI.OR.JP
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリハーサル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのバブルンるーれっと (改訂履歴)、エフゲニー・ムラヴィンスキー (改訂履歴)、テキサス (BB-35) (改訂履歴)、カルロス・クライバー (改訂履歴)、オトマール・スウィトナー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS