リフレーミングとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 心理学 > リフレーミングの意味・解説 

リフレーミング【reframing】

心理学で、ある事柄を、今までとは別の視点見直すこと。

[補説] 多く消極的・否定的視点積極的な視点切り替えストレス軽減などに役立てることにいう。例えば、「10人の受験者のうち、5人が合格という事柄は、「半数しか合格しない」とも考えられるが、「半数合格する」と考えることもできる。


リフレーミング

「リフレーミング」とは、理想的な状態に向かうために、ものごと認知する枠組み別の枠組み捉え直すことをいいます。枠組みは英語で「Frameフレーム)」、そのフレーム改めることから「Reframing(リフレーミング)」と呼ばれます。もともとは心理学用語として家族療法などで用いられていましたが、現在はビジネスシーンなど幅広い分野で用いられている技法です。

リフレーミング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/21 14:11 UTC 版)

リフレーミング(reframing)とは、ある枠組み(フレーム)で捉えられている物事を枠組みをはずして、違う枠組みで見ることを指す。元々は家族療法の用語。西尾和美『リフレーム 一瞬で変化を起こすカウンセリングの技術』によると、「リフレームの目的は、今までの考えとは違った角度からアプローチしたり、視点を変えたり、焦点をずらしたり、解釈を変えたりと、誰もが潜在的に持っている能力を使って、意図的に自分や相手の生き方を健全なものにし、ポジティブなものにしていくこと」(32p)とのこと。




「リフレーミング」の続きの解説一覧



リフレーミングと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リフレーミング」の関連用語

リフレーミングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リフレーミングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2021 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリフレーミング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS