オペラとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > オペラの意味・解説 

opera

別表記:オペラ

「opera」の意味・「opera」とは

「opera」とは、音楽と劇融合した芸術形式を指す。歌、音楽演技舞台美術コスチュームなどが一体となり、物語を描く。例えば、ヴェルディの「アイーダ」やプッチーニの「トスカ」などは、世界的に有名なオペラ作品である。

「opera」の発音・読み方

「opera」の発音は、IPA表記では /ˈɒpərə/ となる。カタカナ表記では「オペラ」と読む。日本人発音する際は「オペラ」が一般的である。この単語発音によって意味や品詞が変わるものではない。

「opera」の定義を英語で解説

An opera is a form of theatre in which music is a fundamental component and dramatic roles are taken by singers. Such a "work" (the literal translation of the Italian word "opera") is typically a collaboration between a composer and a librettist.

「opera」の類語

「opera」の類語としては、「musical」や「operetta」がある。これらも音楽と劇融合した芸術形式であるが、それぞれ特徴スタイル異なる。「musical」は話し言葉と歌が混在し現代的なテーマを扱うことが多い。「operetta」は軽快音楽ユーモラスなストーリー特徴である。

「opera」に関連する用語・表現

「opera」に関連する用語としては、「aria」や「libretto」がある。「aria」はオペラの中で歌われる独唱部分指し、「libretto」はオペラの台本を指す。これらの用語は、オペラを理解する上で重要な要素である。

「opera」の例文

1. I went to the opera last night.(昨夜、オペラを観に行った
2. She is studying opera at the conservatory.(彼女は音楽学校でオペラを学んでいる)
3. The opera house was packed with people.(オペラハウスは人でいっぱいだった)
4. The opera was composed by Verdi.(そのオペラはヴェルディによって作曲された)
5. The opera singer hit the high notes effortlessly.(オペラ歌手高音難なく出した
6. The opera is based on a true story.(そのオペラは実話基づいている)
7. The opera lasted for three hours.(オペラは3時続いた
8. The opera was performed in Italian.(オペラはイタリア語演じられた)
9. The opera was a critical success.(そのオペラは評論家からの評価高かった
10. The opera has a tragic ending.(そのオペラは悲劇的な結末迎える)

オペラ【(イタリア)opera】

読み方:おぺら

歌唱中心にして演じられる音楽劇16世紀イタリアで誕生管弦楽伴奏とし、扮装(ふんそう)した歌手舞台上で演技を行う。歌劇

[補説] 語源ラテン語で、骨折りの意。

「オペラ」に似た言葉

オペラ【Opera】


オペラ【OPERA】


Opera

読み方:オペラ

Operaとは、OperaノルウェーOpera Software ASA開発したWebブラウザの名称である。フリーソフトとして無償提供されている。2008年4月現在の最新バージョンはOpera 9.27である。

Operaはタブブラウザ方式採用した草分け存在であり、IEMozillaとは異なレンダリングエンジン搭載している。当初からファイルサイズ小さく動作軽快であるとの定評得ていた。キーボードショートカットマウスジェスチャーポップアップブロックなどの機能多彩さ特徴となっている。

またOperaは対応するプラットフォーム多さ特徴としており、WindowsはじめとしてMac OSLinuxSolaris、あるいはフルブラウザとしてモバイル機器対応したOpera Mobile」なども提供している。2006年には任天堂携帯ゲーム機ニンテンドーDS」向けに開発された「ニンテンドーDS ブラウザ」も登場している。

Opera
Opera 9.0のスクリーンショット

Operaは世界中言語それぞれ対応した言語ファイル提供しており、現在では世界40数ヵ国語対応している日本語版は2001年11月公開されバージョン6Windows向け)で初め用意された。

Operaは1997年初め一般に発表された。Opera 4まではシェアウェアとして提供されており、続くOpera 5ではシェアウェア形式加えてフリーソフト形態でも配布されるようになったこの際無償入手Operaの片隅には常にバナー広告表示される状態になっていた(そのまま使用続けることもできるが、Opera社に登録料支払えばバナー広告を消すことができた)。2005年9月発表されたOpera8.50からは完全に無償利用できるようになった



※画像提供 / Opera Software ASA.
参照リンク
Opera ブラウザ ホーム
アプリケーションソフトのほかの用語一覧
Webブラウザ:  Netscape Navigator  ネットスケープ6  ネットスケープ7  Opera  O3D  Opera Unite  Opera Neon

【オペラ】(おぺら)

オペレーション指揮所)の略称。


オペラ

ネックレス長さ28インチ(約71cm)の呼び名
チョーカーの2倍ぐらいで、一番下の部分バストぐらいの位置にくる長さ。2連にしてチョーカーとしても使えます

関連情報
アクセサリーの長さ

オペラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/12/25 04:56 UTC 版)

オペライタリア語: opera英語: operaフランス語: opéraドイツ語: Oper)は、演劇音楽によって構成される舞台芸術である。歌劇(かげき)とも呼ばれる。


注釈

  1. ^ 「スタンダード・オペラ鑑賞ブック」全5巻(音楽之友社1998)、「オペラ・ガイドブック」(成美堂出版2008)、堀内 修, 石戸谷 結子編「オペラ・ハンドブック」(三省堂2009)など、オペラをイタリアオペラとドイツオペラに分けて紹介した書籍は例外なくモーツァルト全作品を後者に入れている(それ以外は国別分類をしないか、古典派として国別とは別の枠を設けている)。また、武田好「イタリアオペラに行こう」(2010年日本放送出版協会)、「イタリアの都市とオペラ」(2015年水曜社)、河野典子「イタリア・オペラ・ガイド」(星雲社2017)など、イタリアオペラ入門書の多くはモーツァルトには触れていない。

出典

  1. ^ 水谷 彰良「新イタリア・オペラ史」音楽之友社、2015年、162ページ。本書はイタリア語で書かれたオペラはイタリアオペラと呼ぶべきという主張からモーツァルトにも筆を割いている。
  2. ^ 季刊誌「OPERA」の欧州歌劇場上演スケジュール、雑誌「音楽の友」の海外ニュースなど
  3. ^ 『オペラ史(下)』P476~477
  4. ^ dtv-Atlas zur Musik、Deutscher Taschenbuch Verlag、日本語訳は白水社から出ている。
  5. ^ 野村三郎「ウィーン国立歌劇場 すみからすみまで」18ページ音楽之友社、2014年
  6. ^ 野村三郎「ウィーン国立歌劇場 すみからすみまで」音楽之友社、2014年、106ページ。
  7. ^ 野村三郎「ウィーン国立歌劇場 すみからすみまで」音楽之友社、2014年、107ページ。
  8. ^ 野村三郎「ウィーン国立歌劇場 すみからすみまで」117ページ音楽之友社、2014年。
  9. ^ 野村三郎「ウィーン国立歌劇場 すみからすみまで」音楽之友社、2014年、129ページ。
  10. ^ 野村三郎「ウィーン国立歌劇場 すみからすみまで」音楽之友社、2014年、181ページ。
  11. ^ 野村三郎「ウィーン国立歌劇場 すみからすみまで」音楽之友社、2014年、30ページ。
  12. ^ 野村三郎「ウィーン国立歌劇場 すみからすみまで」音楽之友社、2014年182ページ。
  13. ^ UNESCO - The practice of opera singing in Italy” (英語). ich.unesco.org. 2023年12月9日閲覧。
  14. ^ 江戸時代の日本で歌われたオランダ歌曲 - International Association of Music Libraries, Archives and Documentation Centres Japanese Branch
  15. ^ GIOVANNI VITTORIO ROSI'S MUSICAL THEATRE:OPERA, OPERETTA, AND THE WESTERNISATION OF MODERN JAPAN1 p.9
  16. ^ 増井 1984, pp. 18–21, 二人の世界的プリマ・ドンナが続いて来日した.
  17. ^ 増井 1984, pp. 100–113, 第2章第1節. 明治三十六年の「オルフェウス」上演.
  18. ^ 2018年1月6日23時NHKEテレ放送ETV特集シリーズよみがえるアーカイブ第1回「日本とイタリア」
  19. ^ a b c 日本(語)のオペラと「不気味の谷」
  20. ^ イルデブランド・ピッツェッティ歌劇『大聖堂の殺人』カラヤン指揮、ヴィーン国立歌劇場によるCD(POCG-10096/7)の解説書、6、7頁。
  21. ^ 野村三郎「ウィーン国立歌劇場 すみからすみまで」音楽之友社、2014年、187、188ページ。
  22. ^ “小澤征爾さんに米グラミー賞=長野でのオペラ公演、渡辺さんは及ばず”. 時事ドットコム. (2016年2月16日). オリジナルの2016年2月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160224084216/http://www.jiji.com/jc/zc?k=201602/2016021600087 2016年2月16日閲覧。 
  23. ^ The History of the Opera Dress Code



オペラ (Hob. XXVIII)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/10 00:11 UTC 版)

ハイドンの舞台作品一覧」の記事における「オペラ (Hob. XXVIII)」の解説

ハイドンはオペラを13残しているが、うち10曲はエステルハーザのオペラハウスで特別の機会のために上演されたものであり、その後再演されなかったものも多い。ハイドン没後忘却され楽譜散逸していたが、20世紀にはいってから校訂進んだ1970年代から1980年にかけてアンタル・ドラティが8曲を録音する偉業をなしたが、その後一般的なレパートリーになったとはいい難い。 ホーボーケン番号Hob.番号)順XXVIII作品タイトル作曲年代ジャンル台本備考1 アチデとガラテア(Acide e Galatea) 1762 祝祭劇 1幕(3幕) G.B.ミリャヴァッカ 『アキス』とも。断片のみ現存1773年第2版作られているが、未完終わっている。 2 歌姫(La canterina) 1766 インテルメッツォオペラ・ブッファ) 2幕 不明C.ゴルドーニ?) ブラチスラヴァ当時ハンガリー領)で上演された 3 薬剤師(Lo speziale) 1768 ドラマ・ジョコーゾ 3幕 C.ゴルドーニ 本作から『アルミーダ』まではエステルハーザで初演第3幕は完全な形では残っていない 4 漁師娘たち(Le pescatrici) 1769 ドラマ・ジョコーゾ 3幕 C.ゴルドーニ1・2幕は完全な形では残っていない 5 勘違いの不貞(L'Infedeltà delusa) 1773 オペラ・ブッファ(ブルレッタ・ペル・ムジカ) 2幕 M.コルテッリーニ 『当てはずれ不貞』、『報われぬ不実』、『裏切られたまこと』などとも呼ばれる 6 突然の出会い意外なめぐりあい)(L'incontro improvviso) 1775 ドラマ・ジョコーゾ 3幕 K.フリーベルト 台本グルックのオペラ『思いがけないめぐりあい』を原作とする。 7 月世界(Il mondo della luna) 1777 ドラマ・ジョコーゾ 3幕 C.ゴルドーニ 8 真の貞節(La vera costanza) 1777/78 ドラマ・ジョコーゾ 3幕 F.プッティーニ(P.トラヴァリア編) 初稿焼失第2稿のみ現存 9 無人島(l'isola disabitata) 1779 アツィオーネ・テアトラーレ 2部 P.メタスタージオ 1802年フィナーレ部分改訂10 報われた誠(La fedeltà premiata) 1780 ドラマ・パストラーレ・ジョコーソ 3幕(2幕) G.B.ロレンツィ 『酬いられたまこと』とも。 11 騎士オルランド(Orlando Paladino) 1782 ドラマ・エロイコミコ 3幕 N.ポルタシャルルマーニュ騎士オルランド』、『オルランド・パラディーノ』とも 12 アルミーダ(Armida) 1783 ドラマ・エロイコ 3幕 J.ドゥランティ 13 哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ(L'anima del Filosofo ossia Orfeo ed Euridice) 1791 ドランマ・ペル・ムジカ 4幕(5幕) C.F.バディーニ ロンドン公演用に作曲されたが、作曲者生前には上演されず。1951年初演

※この「オペラ (Hob. XXVIII)」の解説は、「ハイドンの舞台作品一覧」の解説の一部です。
「オペラ (Hob. XXVIII)」を含む「ハイドンの舞台作品一覧」の記事については、「ハイドンの舞台作品一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「オペラ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

オペラ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 06:58 UTC 版)

イタリア語(あるいは英語) opera転写

名詞

オペラ

  1. 中の台詞などを、役者歌唱として表現する舞台芸術一つ

類義語

関連語


「オペラ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オペラ」の関連用語

オペラのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オペラのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリOperaの記事を利用しております。
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2024 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
すずらん工房すずらん工房
Copyright (c) 2000-2024 BOW All Rights Reserved.
原色大辞典原色大辞典
Copyright © 1997-2024 colordic.org All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオペラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのハイドンの舞台作品一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのオペラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS