検出とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 検出 > 検出の意味・解説 

けん‐しゅつ【検出】

読み方:けんしゅつ

[名](スル)微量成分などを検査して見つけ出すこと。「毒物が―される」

「検出」に似た言葉

検出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/30 05:31 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「検出」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「検出」を含むページの一覧/「検出」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「検出」が役に立つかも知れません。


検出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 08:29 UTC 版)

遺伝子組換え食品」の記事における「検出」の解説

詳細は「:en:Detection of genetically modified organisms」を参照 食品および飼料内にあるGMO試験は、ポリメラーゼ連鎖反応バイオインフォマティクスといった分技術用いて日常的に行われている。 2010年1月論文では、完全な産業用ダイズ油処理チェーン沿ったDNA抽出および検出法除草剤耐性 (RR) ダイズ存在監視するとして、次のように書かれている。「ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) 終点によるダイズレクチン遺伝子の増幅は、完全に精製されたダイズ油に至るまで抽出および精製プロセス全段階で、無事成功終わったイベント特異プライマー使用したPCR試験法によるRRダイズ増幅また、恐らくサンプル不安定性に起因する精製中間段階中和洗浄漂白)を除いて抽出および精製全段階達成された特定の探査針を使用したリアルタイムPCR試験法全ての結果確認し完全に精製されたダイズ油中の遺伝子組み換え生物を検出および定量化できることを証明した。我々の知る限り、このことは決し以前報告されたことがなく、精製油中の遺伝子組み換え生物トレーサビリティに関する重要な成果を表すものである」。 トーマス・レディックによると、他家受粉の検出および予防農業局と天然資源保護局提供する提案を通じて可能である。この提案には、共存重要性に関する農家への教育共存促進するツールインセンティブの提供、遺伝子流動理解および監視するための研究実施作物における品質多様性保証農家への実際の経済的損失に対する補償の提供などが含まれる

※この「検出」の解説は、「遺伝子組換え食品」の解説の一部です。
「検出」を含む「遺伝子組換え食品」の記事については、「遺伝子組換え食品」の概要を参照ください。


検出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/01 05:23 UTC 版)

Hisタグ」の記事における「検出」の解説

Hisタグは、抗Hisタグ抗体や、金属イオンのついた蛍光プローブ用いて検出できる。6xHisタグ付加によりタンパク質は1 kDaほど大きくなる。しかしSDS-PAGEでの泳動度は理論的な予想より小さくなる傾向があり、見かけの分子量が数kDa上大きくなることもある。

※この「検出」の解説は、「Hisタグ」の解説の一部です。
「検出」を含む「Hisタグ」の記事については、「Hisタグ」の概要を参照ください。


検出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 19:21 UTC 版)

ステライルニュートリノ」の記事における「検出」の解説

ステライルニュートリノディラック質量を通して通常のニュートリノ混合しうる。ステライルニュートリノおよび通常のニュートリノはまたマヨラナ質量持ちうる。マヨラナ質量を持つニュートリノ二重ベータ崩壊中に現れるマヨラナ質量組み崩壊過程の終状態に出現しないため、ニュートリノ存在しない二重ベータ崩壊の検出がマヨラナ質量を持つニュートリノ存在証明する可能性がある。 あるモデルでは、ディラックおよびマヨラナ質量は、通常のニュートリノ質量押し下げるシーソー機構使われステライルニュートリノ標準模型基本的な力相互作用する通常のニュートリノよりもかなり重くする。またあるモデルでは、重いニュートリノGUTスケール (~1015 GeV)と同程度重さを持つ。他のモデルでは、それらはνMSMモデルではGeVからKeV間の質量を持つWおよびZボソンよりも軽い。軽いステライルニュートリノ (質量 ~1 eV) は、LSND実験の結果可能にする説明として示唆された。 2007年4月11日フェルミラボでのMiniBooNE実験研究者は、そのようなステライルニュートリノ存在支持するどのような証拠見つからなかったと発表した。より最近の結果分析では、ステライルニュートリノ存在いくらか支持されている。 2014年6月24日NASAチャンドラ欧州宇宙機関XMM-Newtonが、70以上におよぶ距離1億数十光年銀河団X線観測した結果X線含まれる輝線これまでに知られている物質のものにあてはまらない波長のものが含まれていたと発表したこの結果ハーバード大学スミソニアン天体物理学センター研究チームが、この輝線ステライルニュートリノ崩壊した兆候かもしれないとした。

※この「検出」の解説は、「ステライルニュートリノ」の解説の一部です。
「検出」を含む「ステライルニュートリノ」の記事については、「ステライルニュートリノ」の概要を参照ください。


検出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 21:20 UTC 版)

APINACA」の記事における「検出」の解説

薬物ではAKB48という名称で販売されていることがある薬機法の法基準はこの薬物でも有効である。フォレンデックス (Forendex) のウェブサイトにおいて乱用可能性がある薬物リストアップされている

※この「検出」の解説は、「APINACA」の解説の一部です。
「検出」を含む「APINACA」の記事については、「APINACA」の概要を参照ください。


検出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 07:54 UTC 版)

アルファ粒子」の記事における「検出」の解説

アルファ粒子観測するには、電離作用利用される場合多く古典的に帯電した検電器ガイガーカウンター霧箱などが利用されたが、近年シンチレーション検出器などが利用される場合が多い。ガイガーミュラー管の場合はマイカ雲母)窓式のもの、シンチレーション検出器の場測定部位には硫化亜鉛よく用いられる

※この「検出」の解説は、「アルファ粒子」の解説の一部です。
「検出」を含む「アルファ粒子」の記事については、「アルファ粒子」の概要を参照ください。


検出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 18:17 UTC 版)

SARSコロナウイルス2-アルファ株」の記事における「検出」の解説

アルファ株系統B.1.1.7)は、ゲノムデータと、国による規制にも関わらずケントにおける感染率低下していないという知見組み合わせることにより、2020年12月初旬最初に検出された。B.1.1.7属す2つの最も初期のゲノムは、2020年9月20日ケント収集され、もう1つ同年9月21日グレーターロンドン収集されたこれらの配列GISAID配列データベース登録された(それぞれ配列アクセッションEPI_ISL_601443およびEPI_ISL_581117)。 遺伝的証拠用いた後方追跡では、B.1.1.72020年9月出現し11月中旬まで市中で非常に低いレベル循環したことを示唆している変異株関連する症例増加は、PHEケントにおける感染率低下しなかった理由調査していた11月下旬最初に明らかになった。その後PHEは、この変異株関連したクラスターロンドンエセックスにおいて急速に広がっていることを発見したまた、主にイギリス使用されているRT-PCR検査一種であるサーモフィッシャーサイエンティフィックの「TaqPathCOVID-19」も重要であった。この検査3つの所でRNA一致しB.1.1.7スパイクタンパク質HV 6970欠失スパイクタンパク質それぞれ69位と70位のヒスチジンバリン欠失)により、スパイク遺伝子機能停止したこれによりゲノム配列決定によってどの症例B.1.1.7であったかをよりよく疑うことができるため、予備的な同定容易になった。 変異株慢性的に感染した免疫不全の人に由来している可能性があり、ウイルスの増殖進化長い時間がかかることが示唆されている。

※この「検出」の解説は、「SARSコロナウイルス2-アルファ株」の解説の一部です。
「検出」を含む「SARSコロナウイルス2-アルファ株」の記事については、「SARSコロナウイルス2-アルファ株」の概要を参照ください。


検出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/16 14:08 UTC 版)

GW170104」の記事における「検出」の解説

シグナルは、10:11:58.6 UTCLIGO検出された。ハンフォード・サイト検出器リビングストン検出器よりも3ミリ秒早く検出した重力波波長ピークは、160-199 Hzであった

※この「検出」の解説は、「GW170104」の解説の一部です。
「検出」を含む「GW170104」の記事については、「GW170104」の概要を参照ください。


検出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/06 23:14 UTC 版)

融合遺伝子」の記事における「検出」の解説

近年では次世代シーケンシング技術によって既知そして新規の遺伝子融合イベントをゲノムスケールでスクリーニングすることが可能となっている。大規模な検出を行うための前提条件は、細胞トランスクリプトームのペアエンドシーケンスである。融合遺伝子の検出のボトルネックは、主にデータ解析可視化段階となりつつある。Transcriptome Viewer(TViewer)と呼ばれる検出され遺伝子融合転写産物レベルで直可視化する新たなツール開発されている。

※この「検出」の解説は、「融合遺伝子」の解説の一部です。
「検出」を含む「融合遺伝子」の記事については、「融合遺伝子」の概要を参照ください。


検出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 14:01 UTC 版)

ハロゲン化物」の記事における「検出」の解説

KClKBrKI のようなハロゲン化物は、硝酸銀 AgNO3 水溶液によって検出することができる。ハロゲン化物イオンAg+ イオン反応しハロゲンによって様々な色の沈殿生じる。 AgF: 沈殿なし AgCl: 白色 AgBr: 淡黄色 AgI: 緑色黄色ハロゲンを含む有機化合物に対しては、バイルシュタイン試験用いられる

※この「検出」の解説は、「ハロゲン化物」の解説の一部です。
「検出」を含む「ハロゲン化物」の記事については、「ハロゲン化物」の概要を参照ください。


検出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 15:23 UTC 版)

アンモニウム」の記事における「検出」の解説

それに金属水酸化物加えると、アンモニア生成される

※この「検出」の解説は、「アンモニウム」の解説の一部です。
「検出」を含む「アンモニウム」の記事については、「アンモニウム」の概要を参照ください。


検出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/17 04:17 UTC 版)

レジオネラ・ニューモフィラ」の記事における「検出」の解説

血清は、スライド凝集反応蛍光抗体法蛍光標識抗体使用した組織内細菌直接検出)の両方使用されている患者特定の抗体は、間接蛍光抗体検査によって決定できるELISAおよび微小凝集検査適用されている。 レジオネラは 、グラム染色では不十分に染色され、銀では陽性に染色されシステインを含む緩衝木炭酵母エキス培養される。

※この「検出」の解説は、「レジオネラ・ニューモフィラ」の解説の一部です。
「検出」を含む「レジオネラ・ニューモフィラ」の記事については、「レジオネラ・ニューモフィラ」の概要を参照ください。


検出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/17 16:34 UTC 版)

ImgBurn」の記事における「検出」の解説

DVDInfoPro と連携してドライブメディア検査し両方特性チェックする機能各種情報一緒にCPU使用率などのグラフ表示されるチェック前に書き込みベリファイが行われる。

※この「検出」の解説は、「ImgBurn」の解説の一部です。
「検出」を含む「ImgBurn」の記事については、「ImgBurn」の概要を参照ください。


検出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/04 19:30 UTC 版)

テトラブロモビスフェノールA」の記事における「検出」の解説

環境中排出されたTBBPAは、水圏土壌底質極低濃度検出されるまた、下水汚泥ハウスダストからも検出される。TBBPAは、460以上の研究レビューしたEUリスク評価手順に基づいて8年間に渡る評価が行われている。リスクアセスメント結果は、2008年6月EU官報掲載されたリスクアセスメント結論は、欧州委員会SCHER委員会(健康および環境リスクに関する科学委員会)で承認された。TBBPAはREACH登録されている。

※この「検出」の解説は、「テトラブロモビスフェノールA」の解説の一部です。
「検出」を含む「テトラブロモビスフェノールA」の記事については、「テトラブロモビスフェノールA」の概要を参照ください。


検出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 00:38 UTC 版)

DNAシークエンシング」の記事における「検出」の解説

DNA断片長さを知るためには普通は電気泳動法を用いて分離する元来スラブ平板)型のポリアクリルアミドゲル電気泳動によって分離するのが主流であった。しかし自動化高速化流れの中で1990年キャピラリー電気泳動による装置登場し21世紀迎えると主流キャピラリー電気泳動移ったキャピラリー電気泳動利点は、径が小さい(0.1mm以下)ことから発熱制御容易でその分高電圧電気泳動することが可能なため高速高分解能になることである。最近ではさらに微細高速化を図るマイクロチップ電気泳動による装置登場している。 以前は放射性標識一般的に用いられており、泳動したスラブゲルを乾燥させX線フィルム感光させて塩基配列読み取っていたが、放射性標識取り扱い制約あることから忌避される傾向がある。あまり一般的ではないがビオチン標識介した化学発光系を使う方法もある。しかし現在一的に利用されているのは、蛍光標識用い自動化されDNAシークエンサーである。蛍光標識決定的な利点は、4種類塩基対応したそれぞれ波長異な蛍光色素標識することができ、そのため1つ配列を読むのに1つの検出系だけで足りということである。またX線フィルム代わりに撮像素子を使うことでより迅速簡便に利用できるマクサム-ギルバート法では配列決定したいDNA断片の端を標識する以外に方法がないが、サンガー法ではデオキシリボヌクレオチド標識しておく元々の方以外にもプライマーまたはターミネーター標識しておく方法の計3通り考えられる放射性標識の場合、最初検出感度良くなるデオキシリボヌクレオチド標識使われたが、サイクルシーケンス法により感度上がるシグナル均一になるプライマー標識使われるようになった一方蛍光標識の場合にはデオキシリボヌクレオチド標識合成反応影響を与える可能性があり好ましくないプライマー蛍光標識する方法をダイプライマー法 (dye-primer) と呼ぶこの方法ではプライマー標識ターミネーター種類対応させる必要があることから反応4つ分けて行い、それを混ぜて泳動することになる。標識プライマーを常に4種類用意する必要があるため、通常特定のベクタークローニングして、そのベクター配列認識する標識済みプライマー使い回すことになる。 一方ターミネーター蛍光標識する方法をダイターミネーター法(dye-terminator)と呼び、こちらが現在の主流となっている。この方法では4種類ターミネーターそれぞれ異な蛍光色素標識されているため、1つの系に4種類ターミネーター加えて反応行い、それをそのまま泳動するだけで済む。プライマー標識する必要がないため、サブクローニングせずに新しくプライマー設計して続き配列読むことプライマーウォーキング法)もより安価にできる。逆にダイターミネーター法の欠点としてシグナル強度不揃いになりやすく、ダイプライマー法と比べて一度読める配列短くなる傾向挙げられる。ダイターミネーターには大きな蛍光発色団ついているため、通常のジデオキシヌクレオチドと比べてDNAへの取り込み効率鋳型配列によって変化しやすいめであるかつてはダイターミネーターはダイプライマーの半分程度長さしか読めないされていた。しかしこれはDNAポリメラーゼ標識色素の改良によって大きく改善され現在では1,000塩基程度とダイプライマー法と比べて遜色のない性能になっている

※この「検出」の解説は、「DNAシークエンシング」の解説の一部です。
「検出」を含む「DNAシークエンシング」の記事については、「DNAシークエンシング」の概要を参照ください。


検出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/16 14:07 UTC 版)

重力波の初検出」の記事における「検出」の解説

GW150914は、2015年9月14日世界時09:50:45に、LIGOハンフォードリビングストン観測所によって検出された。このときLIGOはエンジニアリングモード、つまり検出器稼働しているものの正式な科学観測には入っておらず(3日後の9月18日開始予定されていた)、当初はこの検出が実際の信号捉えたものなのか、シミュレーションデータを人為的に挿入したものなのかを区別することは難しかった。のちに人為的信号挿入が行われていないことが明らかになり、実際の検出に成功したことが確かとなった信号0.2秒間にわたって記録されており、8周期間に周波数35ヘルツから250ヘルツへと増加し同時に振幅増加した。この周波数人間可聴域にあり、鳥のさえずりのようでもあった。この信号検出の発表後ソーシャルメディア上でこのさえずり模倣する天体物理学者他の分野研究者現れた。(周波数増加するのは、合体瞬間に向けてふたつの天体軌道運動がどんどん速くなることによるものである。) 信号入感から3分以内に、重力波検出の可能性知らせアラート出された。これは、検出を検証するためのデータ解析研究者促すめである世界時09:54発せられた自動アラート続いて人為的信号挿入なされていないことを確認する内部電子メール回覧された。このあとLIGO研究チームメンバーたちは、これが実際の重力波検出である可能性が高いことを悟り重力波が示す物理パラメータ導出行った信号をより統計的に詳細に解析し、また2015年9月12日から10月20日までのデータ比較することで、GW150914確かに重力波検出したものであること、その有意性少なくとも5.1シグマ(有意レベル 99.99994%)であることが明らかになった。LIGOリビングストン観測所では、ハンフォード観測所よりも7ミリ秒早く信号検出していたことも明らかになった。重力波光速伝搬するが、この時間差はふたつの場所における光の到達時間差一致することも確かめられた。重力波は、光の速度10億年以上も旅し続けてきたことになる。 この重力波地球到達したとき、イタリアピサにあるVirgo干渉計アップグレード作業途中で観測行っていなかった。もし観測中であったならばVirgo干渉計でも十分に検出されていたしその場合には発生源位置決定精度大幅に上昇していたはずである。ドイツハノーファー近郊にある GEO600の感度は検出には十分でなかった し、日本のKAGRA建設中であったこのためGW150914重力波信号検出できる検出器は、LIGO以外に存在しなかった。

※この「検出」の解説は、「重力波の初検出」の解説の一部です。
「検出」を含む「重力波の初検出」の記事については、「重力波の初検出」の概要を参照ください。


検出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/29 15:06 UTC 版)

ルートキット」の記事における「検出」の解説

あらゆるルートキット検出プログラムには、それが疑わしいシステム上で動作する限り、それにつきもの制約がある。それは、ルートキットシステム上の全てのプログラム頼っているライブラリツール多く修正してしまうプログラムということである。あるルートキット動いているカーネルを(Linux多くのUNIXライクOSではローダブルモジュールを、MS Windowsなどではおそらくは仮想デバイスドライバなどを通じて修正するルートキット検出の根本的問題は今動いているオペレーティングシステム信用できないということにある。言い替えれば、全ての作動中プロセス表示ディレクトリの中の全てのファイルリスト表示要求といった行為の結果が、元々の設計者意図したような振舞いであると信用できないということである。 もっとも信頼できる最良のルートキット検出の手段は、感染疑いのあるコンピュータシャットダウンして、他のメディアから(例えレスキューCD-ROMUSBから)起動してストレージ検査することである。動いていないルートキットはその存在を隠すことができず、ほとんどの確立したアンチウイルスプログラムは(おそらくルートキットによって修正されているはずの)標準的なOSコール低レベルクエリーに頼るルートキット検出可能である。なぜならそれらは信頼性保っているはずだからである。もし何か違いがあればルートキット感染想定されるルートキット検査終了するまで動いているプロセス監視して自らの隠蔽行動停止することで、ルートキットスキャナーに引っかからないステルス機能のないマルウェア装うことで自らを守ろうとすることもある。 セキュリティベンダルートキット検出を既存アンチウイルス製品統合するソリューション構想している。ルートキットスキャン中に自分隠そうとすればステルス検出によって見分けられる。もし一時的にシステムからアンロードしようとするならば、今までアンチウイルスソフトパターンファイルによって発見するだろう。この統合された防御によって、ルートキットメモリからセキュリティソフトウェアを強制的に削除し実質的にアンチウイルスソフト殺してしまう反撃機構(retro routine)を攻撃者実装することを余儀なくされるルートキット検出できるプログラムはいくつかある。Unix系システムでもっとも有名なものを二つ挙げるならchkrootkitとrkhunterだろう。Windowsプラットフォーム個人用でなら無償使用できるステルススキャナーとしてはBlacklightというソフトがベータ版としてF-Secure社のWebsiteからダウンロードできる。他のWindows用検出ソフトとしてはRootkitRevealerというソフトがSysinternalsから入手できる。これはいまある全てのルートキットOS返す一覧と実際にディスクそれ自身から読み出した一覧とを比較することで検出することができる。ただし、いくつかのルートキットはこのプログラム隠蔽先から外し始め実質上二つの一覧の違い無くすことで検出ソフトによって表示されないようにしてきている。しかしrootkitrevealer.exeというファイル名ランダムな前に変更することでこれは対処できる。この機能最新のRkdetectorのリリースにも含まれている。

※この「検出」の解説は、「ルートキット」の解説の一部です。
「検出」を含む「ルートキット」の記事については、「ルートキット」の概要を参照ください。


検出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 01:31 UTC 版)

エクソソーム (小胞)」の記事における「検出」の解説

エクソソーム直径典型的に100 nm以下であり、屈折率も低いため、現在用いられている多くの技術検出限界下回っている。エクソソーム分析促進するため、ナノテクノロジーマイクロ流体力学利用したマイクロシステムが多数開発されている。こうした新たなシステムとしては、microNMR装置、ナノプラズモンチップ、タンパク質プロファイリングのための磁気ビーズ電気化学センサ組み合わせたmagneto-electrochemical sensorRNAの検出のための一体型マイクロ流体カートリッジなどがある。フローサイトメトリー懸濁したエクソソームの検出に適した手法である。しかし、単一エクソソームの検出のためのフローサイトメトリー利用は、感度限界swarm detectionなどの測定アーティファクト可能性のため、まだ不十分である単一のエクソソーム検出する他の手法には、原子間力顕微鏡ナノ粒子トラッキング解析英語版)、ラマンマイクロ分光、Tunable resistive pulse sensing透過型電子顕微鏡などがある。

※この「検出」の解説は、「エクソソーム (小胞)」の解説の一部です。
「検出」を含む「エクソソーム (小胞)」の記事については、「エクソソーム (小胞)」の概要を参照ください。


検出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/30 05:42 UTC 版)

フェノール」の記事における「検出」の解説

フェノールに塩鉄(III)水溶液滴下するフェノール錯体生成し赤紫(青紫)色を呈するFe 3 + {\displaystyle {\ce {Fe^3+}}} は6配位イオンであるが、フェノキシドイオンは立体的にかさ高いので [ Fe ( OC 6 H 5 ) n ( H 2 O ) 6 − n ] 3 − n {\displaystyle {\ce {[Fe(OC6H5)_{n}(H2O)_{6-n}]^{3-n}}}} のような錯体作っていると考えられる。 この反応フェノールヒドロキシ基をもつ化合物簡易的検出法として広く用いられている。

※この「検出」の解説は、「フェノール」の解説の一部です。
「検出」を含む「フェノール」の記事については、「フェノール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「検出」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

検出

出典:『Wiktionary』 (2021/10/28 12:22 UTC 版)

名詞

けんしゅつ

  1. 検査して見付け出したり、取り出したりすること。

動詞


「検出」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



検出と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「検出」に関係したコラム

  • FXのチャート分析ソフトMT4のフラクタルの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)のフラクタルの見方について解説します。フラクタル(Fractals)は、為替レートの高値と安値からトレンドの転換点を探...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「検出」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



検出のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの検出 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの遺伝子組換え食品 (改訂履歴)、Hisタグ (改訂履歴)、ステライルニュートリノ (改訂履歴)、APINACA (改訂履歴)、アルファ粒子 (改訂履歴)、SARSコロナウイルス2-アルファ株 (改訂履歴)、GW170104 (改訂履歴)、融合遺伝子 (改訂履歴)、ハロゲン化物 (改訂履歴)、アンモニウム (改訂履歴)、レジオネラ・ニューモフィラ (改訂履歴)、ImgBurn (改訂履歴)、テトラブロモビスフェノールA (改訂履歴)、DNAシークエンシング (改訂履歴)、重力波の初検出 (改訂履歴)、ルートキット (改訂履歴)、エクソソーム (小胞) (改訂履歴)、フェノール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの検出 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS