限りとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > > 限りの意味・解説 

かぎり【限り】

時間空間数量程度などの境や限界また、終わり最後。「限りある命を生きる」「学問世界に限りはない」「今を限り鳴きしきる(せみ)」

活用語連体形名詞直接、または名詞に「の」の付いた形に付く。副詞的にも用いる)ある範囲制限の内にあることを表す。

㋐その範囲の内。あいだ。「私の聞いた限りでは、そうではなかった」「命ある限り忠誠尽くします」

㋑その制限の内。「本日限りの大安売り」「チャンス一回限りだ」「緊急の場合はこの限りではない

㋒その範囲内すべて。全部。「見渡す限り大平原

そのこと限度いっぱい限界まで。「力の限り戦う」「心強い限りである」「乱暴の限りを働く」

接続助詞的に用いて)…するあいだは。…である以上は。…するからには。「君がここにいる限り僕も付き合う」「正直に言わない限り帰さない」

命が絶える時。臨終

「国に行き着きければ、—なる様になりにけり」〈今昔三一二八

葬式野辺送り

「—の有様さへはかなげにて、煙も多くむすぼほれ給はずなりぬるも」〈源・総角

特定の場合物事限定していう。だけ。

「牛の—引き出でて往(い)ぬる」〈・二五〉

さだめ。きまり。規則

祭りのほど、—ある公事に添ふこと多く」〈源・

[下接語] 有らん限り有る限り命限り命の限りお見限り・根(こん)限り・身代限り・其(そ)の場限り・骨限り


きり【切り/限り】

【一】[名]

区切り切れ目。「—のよいところでやめる」「—をつける」

多くきりがない」「きりのない」などの形で用いる)かぎり。はて。際限。「欲をいえば—がない」

(限り)商品先物取引で、受け渡し期限限月(げんげつ)。「先—(さきぎり)」

芸能で、最後部分

謡曲で、1曲の最後部分

浄瑠璃歌舞伎で、一段一幕最後部分。「四の—」

寄席(よせ)で、その日最後出し物また、その演者

㋓「切能(きりのう)」の略。

㋔「切狂言(きりきょうげん)」の略。

碁で、相手の石の接続切断すること。また、そのような手。

【二】接尾助数詞。やや厚めに切ったものを数えるのに用いる。

干し瓜三—ばかり食ひ切りて」〈宇治拾遺・七〉


かぎり【限】

〔名〕 (動詞「かぎる(限)」の連用形名詞化時間空間程度における限界極限また、その限界点達するまでの範囲表わす

[一] 時間的限界

限界となる時点さかいめ。はて。期限また、ある特定の時期。折。機会

万葉(8C後)五・八八一かくのみや息づき居らむあらたまの来経(きへ)行く年の可伎利(カギリ)知らずて」

源氏100114頃)松風生きてまたあひみむことをいつとてかかぎりも知らぬ世をばたのまむ」

時間的限界到達すること。最終最後。おわり。

万葉(8C後)一四・三四九五「いはほろのそひの若松可藝利(カギリ)とや君が来まさぬうらもとなくも」

曾我物語南北朝頃)一〇「五郎も、かぎりと思ひてや」

限界達するまでのある期間。時間範囲。あいだ。

万葉(8C後)二〇・四四四一「立ちしなふ君が姿を忘れず世の可藝里(カギリ)にや恋ひ渡りなむ」

人生限界

(イ) 臨終最期危篤

大和(947‐957頃)五五今来んといひて別れ人なればかぎりと聞けどなほぞ待たるる」

うたたね1240頃)「心細かりつる思ひに病になりて、かぎりになりたる由を」

(ロ) 死者とむらうこと。死後の供養葬送とむらい。→限りの事

源氏100114頃)総角「かぎりの有様さへはかなげにて、煙も多くむすぼほれ給はずなりぬるも」

(5) 近世遊里の語。限りの太鼓また、それを打つ時刻。→限りの太鼓

歌舞伎韓人漢文手管始唐人殺し)(1789)一「廓の限り打迄に急度(きっと)二品お目掛けませふ」

[二] 空間的限界

限界となる地点。しきり。さかい。はて。

書紀720欽明一三年一〇月(寛文版訓)「此の法は能く量も無く辺(カキリ)も無き福徳(いきほひ)果報(むくい)を生(な)して」

大慈恩寺三蔵法師伝院政期点(1080‐1110頃)七「豈に四海の涯(カキリ)に達せむや」

*都のつと(1367)「南は塩釜の浦へ続きて、千嶋などいへども、なほそのかぎり見えず

限界達するまでのある範囲。「見渡すかぎり雪野原」

[三] 程度数量限界物事限度制約人間社会における制約として、「分限・きまり・おきて」などをも表わす

是則集平安中)「恋ひしさのかぎりだにある世なりせば年へて物は思はざらまし」

徒然草1331頃)二一七「限りある財をもちてかぎりなき願にしたがふ事、得べからず

東西南北(1896)〈与謝野鉄幹野菊「よその栄えは、うらやまじ、ものにはものの、分限(カギリ)あり」

[四] (「かぎりある」の形で) 限定されたという意から転じて、重大な、大事な、尊重されるべき、の意を表わす。必ずしも良い評価だけではなく、悪い評価場合にも用いる。→限ある位

薩摩比志島文書建長五年(1253)七月一〇日・栄置文案「親之計にてこそあれなとといいて、限有むする事お背き向背心有ん物者、其代官職皆々取へし」

[五] (活用語連体形、および助詞「の」に付いて、副助詞的、または接尾語的に用いる)

物事程度の上限を表わす。最高。最上

古今(905‐914)秋上一八九「いつはとは時は分かねど秋の夜物思ふことのかぎりなりける〈よみ人しらず〉」

俳諧鶉衣172779)前「てふの花に飛びかひたる、やさしきもののかぎりなるべし

② ある時点到達するまでの限られた範囲内表わす。…のあいだ。…のうち。事柄限定して条件とする場合用いられる。

万葉(8C後)四・五九五「わが命の全(また)けむ限(かぎり)忘れめやいや日に異(け)には思ひ益すとも」

古今(905‐914)春上・一一「春きぬと人はいへども鳴かぬかぎりはあらじとぞ思ふ壬生忠岑〉」

特定のものを限定していう。…だけ。…にかぎって

*竹取(9C末‐10C初)「色好みといはるる限五人思ひやむ時なく夜昼たりけり

俳諧奥の細道(1693‐94頃)旅立むつましきかぎりは宵よりつどひて」

④ ある範囲内にあるものすべて。あるだけ全部ありったけ。皆。

*竹取(9C末‐10C初)「つみの限はてぬれば、かくむかふる」

更級日記(1059頃)「びはの音(ね)のおぼゆるかぎり弾き聞かせむ」

(5) (「かぎりは」の形で) その動作や状態が続いているという条件のもとにある時は必ず…である(する)の意を表わす。(…である)以上は。(…している)以上は。

[語誌](1)上代では、「きわみ」が限界地点を指すのに対して、「かぎり」は時間的限界を指す形式名詞としての用法多く見られる
(2)「かぎり」の空間的限界を指す用法は、平安期訓点資料の例などに見られるもので、「無限」「無涯」「無辺」などの漢語影響考えられる
(3)程度限界表わす用法平安期から見られるようになるが、「かぎりあり」「かぎりなし」のように類型的用いるものが多く、この用法漢文空間的限界を指す用法関連があると思われる


きり【切・限】

1⃣ 〔名〕 (動詞「きる(切)」の連用形名詞化) 切ること。断つこと。限ること。また、そのもの

段落をつけること。ひとくぎり。きれめ。段落

浄瑠璃松風村雨束帯鑑(1707頃)四「つとめのよねは長客の、ひときり半や二きりは、ものの見事ゆるりっと、床の済むまで舞ふて居る」

限られた一定の空間都市の町などと同じ単位居住空間

本福寺跡書(1560頃)「殿原全人衆も、双方切限に、一切々々の水兵一艘々々に取乗取乗り、その戦い〈略〉会稽訖」

③ (「きりが無い」の形で用いることが多い) 限度際限。かぎり。はて。

玉塵抄(1563)五「三皇上代伏羲神農黄帝なり。皇は大の心ぞ。どこをきりともなくゆうゆうとある心ぞ」

契約期限

(イ) 貸借関係などの取引受け渡し期限

俳諧筑波(1638)二「ながされ人のまた物おもひ しちにをく男をきりにうけもせで〈時之〉」

(ロ) 年季期限

人情本・英対暖語(1838)初「其方(そなた)の年季も此六月が切(キリ)」

(5) 演劇芸能などで、最後に上演される幕、段、席。

(イ) 舞などの最後一節

古今著聞集(1254)六「光時颯踏急声二反を舞、行則一反を舞。第二の切絶たり」

(ロ) 能楽で、各曲の終末部分。特に、その中の七五調文章で、拍子に合う謡(うたい)だけをさす場合が多い。また、一日演能番組最後の一番。

多聞院日記天正一六年(1588)二月一三日「於当社能在之。金春汰之〈略〉しやうしやうきりにて終了

(ハ) 歌舞伎浄瑠璃で、各段あるいは各作品最後の場、幕。また、一日の上演中、最後番組にした狂言。大切(おおぎり)。切狂言(きりきょうげん)。

浄瑠璃心中二枚絵草紙(1706頃)上「初段から切迄、かたりぬかせにゃ堪忍せぬと」

(ニ) 寄席(よせ)で、その日最後一席

安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「夜るは並木亭で一寸中入前をつとめましてすぐに東橋亭の切(キリ)をはなして

(ホ) 宴席などが終わりになる頃合

洒落本契国策(1776)南方「ややすぎてもふ切りとみへて、いたこひき出し

(6) 短い時間限ってする売色また、そういうことをする下等遊女屋切見世(きりみせ)。また、その遊女

黄表紙・高漫斉行脚日記(1776)中「もう山川は見へさうなもの。ただしきりにしけたかしらぬ

(7) 年季切って奉公する中年上の下婢(かひ)。きりかか。きりばば。

浄瑠璃田村将軍初観音(1714)上「八十近きまかなひのきりが引手もみつわぐむ」

(8) 冷麦をいう女房詞

婦人養草(1689)食類の事「ひやむぎは きりと」

(9) 切炬燵(きりごたつ)をいう女房詞。〔日葡辞書(1603‐04)〕

(10) 刀の異称

名語記(1275)六「熊野詣の時、かたなをきりとなづく」

(11) 歌詞曲節。曲。

(12)きりあげ切上(5)」の略。

(13) カルタトランプ遊びなどの切り札

浮世草子世間娘容気(1717)三「切のなひかるたに虫持心地して」

(14) 碁で、相手の石がつながるのを切断すること。また、そういう手。

二老人(1908)〈国木田独歩〉上「だって此切断(キリ)は全く私の見落ですもの」

(15) 「にきり(煮切)」の略。

*すし通(1930)〈永瀬牙之輔〉二八「『煮切り』と云ふのは〈略〉商売人は略して単にキリと云って居る」

2⃣ 〔副助〕 (「限る」意の名詞から転じたもの。「ぎり」とも。また、促音が入って「っきり」となる場合も多い) 体言またはそれに準ずる語に付いて、それに限る意を表わす

① 「…かぎり」「…だけ」の意。

説経節・をくり(御物絵巻)(17C中)一一「てるてのために、ひけやとて、いんぐゎのくるまに、すがりつき、五ちゃうきりこそ、ひかれける」

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉八「風がこれっきりで静まればよいが」

まるまる…ごと全部の意を表わす

雑俳柳多留四六(1808)「傾城根太っ切り買ふ材木屋

③ (下に打消の語を伴って) 「…しか」の意。

東京灰燼記(1923)〈大曲駒村〉一七「其災害は実に想像以外と云ふきりない」

3⃣ 〔接尾

① やや厚めに切ったものを数えるのに用いる。切れ。

宇治拾遺(1221頃)七「干瓜(ほしうり)三きりばかり食ひ切りて」

年季などの年数数えるのに用いる。

洒落本やまあらし(1808)二「江津へでいしにやっておきやしたが、あすかア四切(よキリ)の二〆じゃアくわへていても、おさまりゃせん」

③ 「限度とする」「境目とする」の意を表わす

曾我物語南北朝頃)八「この太刀をぬかれければ、四方五段ぎりのも、翼もきれおちにければ」

④ (「ぎり」「っきり」とも) 動詞連用形に付いて、その動作最大限する意を表わす。…かぎり。

浮世草子好色一代女(1686)二「此酒の有切(ありギリ)にあそぶなれば」

(5) (「っきり」となることが多い) 動詞連用形に付いて、その動作長く継続する意を表わす。ずっと…する。

坊っちゃん(1906)〈夏目漱石一一角屋の丸ぼやの瓦斯(ガス)燈の下を睨めっきりである」

(6) (「っきり」となることが多い) 動詞などの終止形に付く。

(イ) 単にその動作だけが行なわれることを表わす。…だけ。

化銀杏(1896)〈泉鏡花〉六「遣(や)って試るです、といふっきりで、取付島何もない

(ロ) (「…たっきり」の形で) その状態が継続することを表わす。…したまま。

死者生者(1916)〈正宗白鳥〉七「其処主人肺病寝たっ切りだったので」


限り

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



限りと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「限り」に関係したコラム

  • CFDの原油取引とは

    CFDの原油にはWTI原油とブレント原油があります。WTI(West Texas Intermediate)原油は、米国産の原油のことです。WTI原油スポットともいいます。スポットとは、1回限りの取引...

  • 株式投資で評価損が出た時の対処法

    株式投資における評価損とは、その時点で手持ちの株式を売却すると損失が発生することです。ここでは、株式投資で評価損が出た時の対処法を紹介します。▼損切り損切りとは、手持ちの株式を損失が発生した状態で売却...

  • 株式やFX、CFDのギャン理論とは

    株式やFX、CFDのギャン理論とは、ウィリアム・デルバート・ギャン(William Delbert Gann)の考案した相場を張る時のルールのことです。ギャン理論は、「ギャンの価値ある28のルール(G...

  • 株式の売買注文の種類

    株式の売買注文の方法にはさまざまな種類があります。どのような注文方法があるのかを知ることで、投資家に有利な注文をすることも可能です。ここでは、株式の売買注文の種類を紹介します。▼成行注文株価を指定しな...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「限り」の関連用語

限りのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



限りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS