イエスとは? わかりやすく解説

イエス【Jesus】

読み方:いえす

イエス=キリスト


イエス【yes】

読み方:いえす

【一】[名]承知賛成。「―かノーか」

【二】[感]応諾の語。そうです。はい。そのとおり

[補説] 【二】は、「やった」「よし」など喜び気持ちを表すときにも発する


イエス

名前 Jesus

イエス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/19 12:30 UTC 版)

イエス (人名) または Yes




「イエス」の続きの解説一覧

イエス(JESUS)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/05 09:20 UTC 版)

Faith Fighter」の記事における「イエス(JESUS)」の解説

『マタイによる福音書』3章16節では、神の霊聖霊)がの姿で現れているTURN THE OTHER CHEEKとは「(一方の頬を打たれても)他の頬も向けなさい」の意。福音書にあるイエスの教え一つ

※この「イエス(JESUS)」の解説は、「Faith Fighter」の解説の一部です。
「イエス(JESUS)」を含む「Faith Fighter」の記事については、「Faith Fighter」の概要を参照ください。


イエス(人名)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 00:04 UTC 版)

「イエス」の記事における「イエス(人名)」の解説

ヘブライ語: יהוה‎(ヤハウェ)は救い」を意味するユダヤ人男性名原語であるヘブライ語では יֵשׁוּעַ Yēšūaʿ(イェシュア)または יְהוֹשֻׁעַ Yehoshuʿa(イェホーシューア、ヨシュア)。当時ユダヤ人としてはありふれた一般的な男性名であったキリスト教のもととなったイエスの存在については、フラウィウス・ヨセフス1世紀)、タキトゥス1世紀)、スエトニウス1世紀)などの歴史家がその著作の中で言及している。 日本語表記の「イエス」は、ヘブライ語のイェシュア、あるいはアラム語: ܝܶܫܽܘܥ Yešū'(イェシュー)の古代ギリシア語: Ίησοῦς Iēsoûs [i.ɛː.sôːs]:イエースース(中世現代ギリシア語: Ιησούς Iisoús [i.iˈsus]:イイスース)、古典ラテン語: Iēsūs [iˈeː.suːs]:イエースース(教会ラテン語: Jesusjeːzus]:イェーズス)に由来する教会ラテン語由来の「イエズス」(かつてのカトリック教会での呼び方)、中世ギリシア語および教会スラヴ語由来の「イイスス」(正教会)、「イエスス」(共同訳)、「エス」などとも呼ばれる古くポルトガル語由来するゼス」「ゼズス」なども使われた。英語形ではJesusジーザス)、中国語では耶穌/耶稣 (Yēsū)。日本語訳版聖書においては原語ヘブライ語である旧約聖書では「ヨシュア」、ギリシア語原語新約聖書では、旧約登場するヨシュアを指す場合除いて「イエス」と表記するのが一般的英語版聖書でも「Joshua」「Jesusと書き分けられているケースが殆どである。なお、新約聖書ギリシア語本文では旧約ヨシュアを指す場合も Ίησοῦς と表記されている。 ナザレのイエス - 紀元前1世紀末頃生まれたとされるユダヤ人宗教指導者。以下を参照イエス・キリスト - キリスト教における観点を扱う記事 ナザレのイエス - 歴史上の人物としての観点を扱う記事 イスラームにおけるイーサー - イスラームにおける観点を扱う記事 ナザレのイエス以外のイエス - 新約聖書登場するイエス バラバ呼ばれたイエス - 強盗・殺人犯として逮捕されていたユダヤ人ナザレのイエス代わりに恩赦され釈放された。 ユストとも呼ばれるイエス - コロサイの信徒への手紙登場する1世紀ユダヤ人キリスト教徒使徒パウロ同伴者一人とされる魔術師バルイエス - 名前は「イエスの子という意味使徒行伝登場するキプロスの地方総督セルギオ・パウロ交際していたユダヤ人の偽預言者直後に出てくる魔術師エルマ同一人物考えられ使徒パウロ宣教邪魔したので聖霊によってしばらくの間盲目にされた。

※この「イエス(人名)」の解説は、「イエス」の解説の一部です。
「イエス(人名)」を含む「イエス」の記事については、「イエス」の概要を参照ください。


イエス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 16:16 UTC 版)

キリスト教とイスラム教」の記事における「イエス」の解説

詳細は「イエス・キリスト」および「イスラームにおけるイーサーを参照 イスラムキリスト教とでは、イエスの本質、磔、復活といった基本的な見解相違があるキリスト教徒は、イエスは神の子であると信じている。ほとんどのキリスト教徒三位一体信じており、イエスは神聖であって福音書定めた神の3位格の1つであると信じているキリスト教徒は、イエスはサンヘドリンローマ帝国総督ポンティウス・ピーラートゥスのために磔刑処せられた後で復活果たした信じているイスラム教では、イーサー最も重要な予言者の1人で、神ではなく人間だと教える。ムスリムは、キリスト教徒信じるようにイーサー神の子だと考えたり三位一体の神1部だと考えたりはしないイスラームではイーサー人間預言者で、他の預言者同様、イスラエルの子らただ一人神を崇拝するように努めた人物である。処女懐胎奇跡によりイーサーは母マルヤムから生まれたムスリム信じているイーサーは、最初の預言者アーダム同様、神の手創造されたため人間の父を持たないムスリム信じているムスリムは、イーサー磔刑処せられそうになった奇跡的に救われたと信じているイーサー神の唯一性を分割すること(シルク)には異を唱えると、出エジプト記クルアーンをもとにムスリム主張する対照的にキリスト教徒ほとんどは新約聖書、特にヨハネによる福音書三位一体について触れており、イエスは神の子であり本質的に神であると主張する

※この「イエス」の解説は、「キリスト教とイスラム教」の解説の一部です。
「イエス」を含む「キリスト教とイスラム教」の記事については、「キリスト教とイスラム教」の概要を参照ください。


イエス(宗教者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 02:32 UTC 版)

一神教 (唯一神)」の記事における「イエス(宗教者)」の解説

イエスの宗教は、異端認めていたという点で、「父なる神としての唯一神信仰するところの拝一神教であったといえる神の子については、「平和をつくりだす人々」という複数人間について神の子であるとしていた。自分一人神の子であると語っていたわけではないので、神の啓示としては、人類神の子であるという認識啓示されていたようである。また。聖霊に対する罪は、永遠に許されることはないとしていた。唯一神は、神と聖霊別格であるという啓示を、イエスに下していたと見ることができる

※この「イエス(宗教者)」の解説は、「一神教 (唯一神)」の解説の一部です。
「イエス(宗教者)」を含む「一神教 (唯一神)」の記事については、「一神教 (唯一神)」の概要を参照ください。


イエス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 00:07 UTC 版)

イエス・キリスト」の記事における「イエス」の解説

「イエス#イエス(人名)」も参照 イエスの語源は、ヘブライ語で「ヤハウェיהוה)は救い(הוֹשִׁיעַ hoshía)」を意味するユダヤ人男性名原語であるヘブライ語では יֵשׁוּעַ Yēšúa(イェーシュア)または יְהוֹשֻׁעַ Yĕhōšúa(イェホーシューア、ヨシュア)。『旧約聖書』の「民数記」や「ヨシュア記」に登場するイスラエル人ユダヤ人)の指導者ヨシュアなどと同名である。他の預言者や王などと同様に、יהוהヤハウェ)の短縮形である יהו(Yah)を含む。ただ、当時ユダヤ人としてはありふれた一般的な男性名であった日本語の「イエス」は、ヘブライ語のイェーシュア、またはアラム語: ܝܶܫܽܘܥ Yešū [jeʃuʕ](イェシュー)を元にしたと思われる古代ギリシア語あるいは古典ラテン語「イエースース」の慣用的表記である。これらの表記語尾主格形であり、格変化すると異な語尾変化する日本語慣用表記「イエス」は、古典ギリシア語再建音から、日本語にない固有名詞格変化語尾省き名詞幹のみとしたものである。 中世現代ギリシア語からは「イイスース」と転写しうる。日本ハリストス正教会用いる「イイスス」は、Ιησούς の中世ギリシア語現代ギリシア語、あるいは教会スラヴ語由来する転写である。正教古儀式派では、イススという、東スラヴ地域でかつて伝的だった呼称を現在も用いている。 かつての日本のカトリック教会では、教会ラテン語発音からイエズスという語を用いていたが、現在ではエキュメニズム流れに沿ってイエスに統一されている。 戦国時代から江戸時代初期にかけてのキリシタンは、ポルトガル語発音からゼズまたはゼズス呼んでいた。その他の読みとしてはエスとも。 アラビア語からは「イーサー」と転写しうる。

※この「イエス」の解説は、「イエス・キリスト」の解説の一部です。
「イエス」を含む「イエス・キリスト」の記事については、「イエス・キリスト」の概要を参照ください。


イエス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 02:30 UTC 版)

シュガー・ラッシュ:オンライン」の記事における「イエス」の解説

バズ・チューブ」のカリスマ運営者ウェブの機能熟知しトレンドにも敏感な彼女は次に流行りそうな動画求めて、常に目を光らせているシャンク友人で、ラルフたちのお金稼ぎ協力しラルフ挑戦したおもしろ動画”に可能性感じ世界中にセンセーション巻き起こそうとする

※この「イエス」の解説は、「シュガー・ラッシュ:オンライン」の解説の一部です。
「イエス」を含む「シュガー・ラッシュ:オンライン」の記事については、「シュガー・ラッシュ:オンライン」の概要を参照ください。


イエス( عيسى イーサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/11 15:56 UTC 版)

聖書の説話とクルアーンの関係」の記事における「イエス( عيسى イーサー)」の解説

詳細は「イエス・キリスト」および「イスラームにおけるイーサーを参照 イエス(イーサー)は聖書4つの福音書マタイマルコルカヨハネ全体占め同様に新約聖書以降の本の焦点となるイーサークルアーン何度も登場する関連部分はさらに多い。 クルアーンには、イーサー生涯についての物語はほとんど存在しないが、聖書共通する短い叙述含まれている。 死人生き返らせメシアである 使徒がいる 弟子不信心者布教していた 盲人ハンセン病患者治した 聖霊によりうまれた 現在は天国生きている 揺りかごにいるころから話ができた キリスト教世界では大多数教派が、イエスは三位一体位格1つであるという見解を持つ。聖書はイエスを、神から別れた人格であり、様々な称号と、通常神と同等の特質を持つとする。新約聖書においては聖霊同様に考えられるクルアーン三位一体考え方否定するクルアーンによればイーサーマルヤム自身への崇拝望んだことはなく、神への信仰人々説いている。またクルアーンによれば、神は『唯一無二』であり、神が肉体を持つと考えること自体が罪であるとみなす。

※この「イエス( عيسى イーサー)」の解説は、「聖書の説話とクルアーンの関係」の解説の一部です。
「イエス( عيسى イーサー)」を含む「聖書の説話とクルアーンの関係」の記事については、「聖書の説話とクルアーンの関係」の概要を参照ください。


イエス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/14 02:27 UTC 版)

マジックディスク」の記事における「イエス」の解説

この曲も前曲と同じく、ストラトスフィア・サウンドでレコーディングされた。後藤曰く今までASIAN KUNG-FU GENERATIONの手に対する決別歌った曲」。

※この「イエス」の解説は、「マジックディスク」の解説の一部です。
「イエス」を含む「マジックディスク」の記事については、「マジックディスク」の概要を参照ください。


イエス (Jesus)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 08:53 UTC 版)

Fight of Gods」の記事における「イエス (Jesus)」の解説

キリスト教神の子多様なコンボ技を用いた格闘展開する

※この「イエス (Jesus)」の解説は、「Fight of Gods」の解説の一部です。
「イエス (Jesus)」を含む「Fight of Gods」の記事については、「Fight of Gods」の概要を参照ください。


イエス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 00:42 UTC 版)

クオ・ヴァディス (漫画)」の記事における「イエス」の解説

歴史上のイエス・キリスト本人ジョシュアオーディンDNA用いてマリア産ませた子供だが、その事実をオーディン知らなかった。イエスもまた不老不死であるが、磔刑にされた後に復活した際に少年の姿になっていた。

※この「イエス」の解説は、「クオ・ヴァディス (漫画)」の解説の一部です。
「イエス」を含む「クオ・ヴァディス (漫画)」の記事については、「クオ・ヴァディス (漫画)」の概要を参照ください。


イエス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 06:28 UTC 版)

マリア像」の記事における「イエス」の解説

マリア像においてイエスは最重要マリアアトリビュート持物といえる。イエスをマリア以下にみなすということではなく図像ごとに相対的な重要度。Iconclass 分類11 F 4 マドンナ幼児イエスを伴う)11 F 7 1 特定の部分マドンナ表現幼児イエスの部分

※この「イエス」の解説は、「マリア像」の解説の一部です。
「イエス」を含む「マリア像」の記事については、「マリア像」の概要を参照ください。


イエス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/02 00:07 UTC 版)

ベノワ・ディヴィッド」の記事における「イエス」の解説

2008年この年行なわれるイエスのツアーに向け、スティーヴ・ハウクリス・スクワイアアラン・ホワイトから成る編成のリード・シンガーとして、ディヴィッドの名が発表された。(イエスのリーダーである)スクワイアディヴィッド知ったのは、YouTube にあったクロース・トゥ・ジ・エッジの演奏によってであったディヴィッドは、この年はじめに急性呼吸不全から健康を害してツアーができなくなっていたジョン・アンダーソン代役果たした。このツアーは、スクワイア体調を崩して当初の予定より短縮されディヴィッドは、ミステリーとクロース・トゥ・ジ・エッジの仕事戻ったディヴィッドその後もイエスの一員とどまり2009年から2010年にかけてツアー加わった2009年10月ディヴィッド正式にイエスに加入したことが発表された2011年はじめ、イエスはディヴィッドリード・ボーカル据え、新アルバムフライ・フロム・ヒア (Fly From Here)』を完成させた。 ディヴィッドは、イエスへの参加後も、クロース・トゥ・ジ・エッジの一員として活動し続けたが、ディヴィッドのイエスへの関与深まったために2009年行なった一連のライブ以降、このバンド活動休止状態になったディヴィッドと、ギタリストのフィル・シャルメタン(Phil Charmettant)は、クロース・トゥ・ジ・エッジを離れ代わりメンバー加入してバンド活動継続した2012年2月スクワイアへのインタビューによってディヴィット正式な脱退明らかになった(かねてから患っていた呼吸不全のため)。

※この「イエス」の解説は、「ベノワ・ディヴィッド」の解説の一部です。
「イエス」を含む「ベノワ・ディヴィッド」の記事については、「ベノワ・ディヴィッド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「イエス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

イエス

出典:『Wiktionary』 (2021/08/07 08:08 UTC 版)

名詞

イエス

  1. はい。○(まる)。賛成同意を表す。

用法

クイズアンケートなどで、同意を表すときに用いる。この時、英語の yes異なり否定疑問文に対して同意するなら イエス反対するなら ノー となる。

語源

発音(?)

イ↗エ↘ス

関連語

固有名詞

イエス

  1. イエス・キリスト

発音(?)

イ↘エス

翻訳


「イエス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「イエス」に関係したコラム

  • 株式の投資基準とされる売上高伸び率とは

    株式の投資基準とされる売上高伸び率とは、企業の予想売上高が最新の売上高の何パーセント増加しているかを表したものです。予想売上高が伸びればその分、株価も上昇するのが一般的とされています。売上高伸び率は、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イエス」の関連用語

イエスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イエスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイエス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのFaith Fighter (改訂履歴)、イエス (改訂履歴)、キリスト教とイスラム教 (改訂履歴)、一神教 (唯一神) (改訂履歴)、イエス・キリスト (改訂履歴)、シュガー・ラッシュ:オンライン (改訂履歴)、聖書の説話とクルアーンの関係 (改訂履歴)、マジックディスク (改訂履歴)、Fight of Gods (改訂履歴)、クオ・ヴァディス (漫画) (改訂履歴)、マリア像 (改訂履歴)、ベノワ・ディヴィッド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのイエス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS