兄弟とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 親族 > 兄弟 > 兄弟の意味・解説 

けい‐てい【兄弟】


きょうだい〔キヤウダイ〕【兄弟】

なかにし礼による自伝的小説平成9年1997)「オール読物」誌に連載単行本は翌平成10年1998刊行され、第119直木賞候補作にもなった。平成11年1999ドラマ化


きょう‐だい〔キヤウ‐〕【兄弟】

片親または両親同じくする男の子供たち。兄と弟また、その間柄。けいてい

男女の別なく、片親または両親同じくする子供たちまた、その間柄。兄弟姉妹。「姉二人、兄二人五人兄弟末っ子」「兄弟げんか」

養子縁組みなどにより親を同じくする間柄になった者。また、自分兄弟姉妹配偶者または自分配偶者兄弟姉妹義理の兄弟。

親し男性どうしが、くだけた場面用い呼び名。「おい兄弟、ひとつ頼むよ」

兄弟分(ぶん)」に同じ。

[補説] 23は「兄妹」「姉弟」「姉妹」とも書く。
書名別項。→兄弟


あに‐おとと【兄弟】

〔名〕 (「おとと」は「おとうと(弟)」の変化した語) 兄と弟はらからきょうだい

伊勢物語(10C前)六六「あにおとと友達ひきゐて、難波方に行きけり」


きょう‐だい キャウ‥ 【兄弟】

〔名〕

兄と弟また、その関係。けいていきょうてい

続日本紀神亀四年(727一二丁丑「冝市往氏、賜岡連姓、伝其兄弟」〔書経‐君陳〕

② 同じ父母から生まれ子どもたちを、男女別に関係なくいう。また、その子どもたち同士の関係をもいう。兄弟姉妹

謡曲玉井(1516頃)「豊玉姫御兄弟は御出でなされ

人情本・英対暖語(1838)五「実の姉妹(ケウダイ)よりも睦ましく」

片親同じくする人。また、自分兄弟姉妹配偶者または自分配偶者兄弟姉妹義兄弟

④ =きょうだいぶん兄弟分

百座法談(1110)三月二七日「われら皆兄弟として各あひたのまむとて」

(5) 男同士の、特に親しく気安い間柄用い呼び名

ぎやどぺかどる(1599)上「如何に兄弟、御作物の喚はる声皆以てかくのごとし

[語誌](1)日葡辞書」には、「兄弟」の読みを示す語が三語上がっている。「キャウダイ」は呉音読み、「ケイテイ」は漢音読み、「キャウテイ」は呉音漢音添え読みである。「ケイテイ」「キャウテイ」には文書語の注記がある。「キャウダイ」は出自漢語であるにもかかわらず古くから使用されていたことにより、身近な日本語として浸透していたようである。中世の古辞書類には「キャウダイ」しか登載されていず「キャウテイ」は中世に一時的にみられる読み思われる
(2)姉と妹」を示す「姉妹」も同様に中国語から日本語に入ってきたが、日本においては男女によって特に区別することはなかった。そのために、兄と弟限らず姉と妹であろうが、姉と弟兄と妹場合でもキョウダイ使用されてきた。また、兄と弟を特にオトコキョウダイと言ったり、姉と妹をオンナキョウダイと言ったりすることがあるように、キョウダイ兄弟・姉妹の上概念として使用されている。


きょう‐てい キャウ‥ 【兄弟】

〔名〕 =きょうだい(兄弟)①

相良家文書‐一・建長四年(1252)三月五日相良頼氏、同頼貞、同頼俊連署去状案「よてきゃうていおのおのかはんかくのごとし」


けい‐てい【兄弟】

〔名〕 (「けい」「てい」は、それぞれ「兄」「弟」の漢音) 兄弟(きょうだい)をいう。〔日葡辞書(1603‐04)〕

仮名草子尤双紙(1632)上「大切成物しなじな〈略〉師弟親子(しんし)、兄弟(ケイテイ)、夫婦の中」


ひん‐でい【兄弟】

〔名〕 (「ひん」「でい」はそれぞれ「兄」「弟」の唐宋音禅宗で、法の兄弟、兄弟弟子の意。

正法眼蔵123153十方先師これを泥弾子として兄弟を打著す」

温故知新書(1484)「兄弟 ヒンテイ


兄弟

両親子供達だけが構成する家族時として生物学的家族 1または核家族 1呼ばれる。兄弟 2姉妹 3について男女区別がない場合は、きょうだい 4呼ばれる片方の親とだけのきょうだい関係を異父母兄弟 5異父母姉妹 6と呼ぶ。拡大家族 7とは核家族よりも大きく一般的にいくつかの核家族から構成されているものである


兄弟

作者山本有三

収載図書少年少女日本文学館 7 ウミヒコヤマヒコ
出版社講談社
刊行年月1987.6


兄弟

作者ふみともしん

収載図書笑った顔が一番素敵。
出版社SDP
刊行年月2008.12


兄弟

作者魯迅

収載図書魯迅文集 1
出版社筑摩書房
刊行年月1991.3
シリーズ名ちくま文庫


兄弟

作者デイヴィッドB.シルヴァ

収載図書幽霊世界
出版社新潮社
刊行年月1994.7
シリーズ名新潮文庫


兄弟

作者丹羽あさみ

収載図書開拓の子
出版社日本民主主義文学同盟
刊行年月2001.6
シリーズ名民主文学自選叢書


兄弟

作者金士永

収載図書近代朝鮮文学日本語作品集―1939−1945 創作篇 4
出版社緑蔭書房
刊行年月2001.12


兄弟


兄弟

作者広野晃子

収載図書フーコー短編小説傑作15
出版社フーコー
刊行年月2004.7


兄弟

作者浜崎勢津子

収載図書路子と徹
出版社マルニ
刊行年月2006.8


兄弟

作者徳冨蘆花

収載図書梅一輪湘南雑筆徳冨蘆花作品集
出版社講談社
刊行年月2008.1
シリーズ名講談社文芸文庫


兄弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/08 06:16 UTC 版)

人間において兄弟(きょうだい)とは、本人から見て傍系2親等の男性のことを指す。


  1. ^ a b “姉妹校対決 佐野日大、宮崎日大と5日目の第3試合 高校野球/栃木”. 朝日新聞栃木版 (栃木: 朝日新聞社). (1997年8月6日) 
  2. ^ “第79回全国高校野球・組み合わせ抽選 佐野日大、相手は宮崎日大 /栃木”. 毎日新聞 地方版・栃木 (栃木: 毎日新聞社). (1997年8月6日) 


「兄弟」の続きの解説一覧

兄弟

出典:『Wiktionary』 (2021/07/14 13:10 UTC 版)

名詞

きょうだいけいてい

  1. 兄とのこと。またはその関係。
  2. 男女を問わず、同じ親を持つ子供同士兄弟姉妹
  3. 契りを結んだ男性同士のこと。義兄弟
  4. 同じ系統するとみなされるもの。類縁のあるもの。
  5. (隠語) 同じ女性性交体験があるどうし。穴兄弟

発音(?)

きょ↘ーだい

/kjoːdai/

用法

語義2の通り全員男性でなくても用いることができる語であるが、特に女性のみの場合は「姉妹」という。また兄と妹場合兄妹」、姉と弟場合姉弟」と表記してそれぞれきょうだい」と読ませる場合がある。その場合も含め男女混合の子総称する場合ひらがなで「きょうだい」と表記されることもある。

関連語

翻訳




兄弟と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「兄弟」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



兄弟のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの兄弟 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの兄弟 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS