1999とは? わかりやすく解説

1999

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 04:10 UTC 版)

1999千九百九十九一九九九、せんきゅうひゃくきゅうじゅうきゅう)は、自然数また整数において、1998の次で2000の前の数である。




「1999」の続きの解説一覧

1999

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 04:00 UTC 版)

国際交流基金地球市民賞」の記事における「1999」の解説

(財)おはなしきゃらばんセンター東京都人形劇公演お話読み聞かせによる東南アジア日本の子供たちに対する識字教育国際理解教育実践。 いなみ国際木彫刻キャンプ 実行委員会富山県地元木工芸伝統生かして町ぐるみの国際木彫刻キャンプ開催琉球國祭り太鼓沖縄県沖縄の民芸能であるエイサー基本にした創作舞踊公演普及活動

※この「1999」の解説は、「国際交流基金地球市民賞」の解説の一部です。
「1999」を含む「国際交流基金地球市民賞」の記事については、「国際交流基金地球市民賞」の概要を参照ください。


1999

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 23:57 UTC 版)

タイ・ロー」の記事における「1999」の解説

シーズン開幕前、ローペイトリオッツとの契約延長に合意し、6年契約締結した第6週マイアミ・ドルフィンズ戦で7タックル決めダン・マリーノからインターセプトリターンタッチダウンを決め活躍をした。シーズン終盤手の怪我で3試合欠場し、このシーズン13試合出場57タックル、9パス妨害、2インターセプト、1タッチダウン記録残した

※この「1999」の解説は、「タイ・ロー」の解説の一部です。
「1999」を含む「タイ・ロー」の記事については、「タイ・ロー」の概要を参照ください。


1999

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/30 14:53 UTC 版)

アーヴ・カネモト」の記事における「1999」の解説

1999年にはビアッジ代わりジョン・コシンスキーチーム加入メインスポンサー失いブルーカラーリングNSR500シーズン戦った開幕戦ポールポジション獲得したものの、思ったような結果残せず、コシンスキーシリーズ8位に終わった資金難苦しんだチームは、この年をもってGP参戦一時休止することになる。

※この「1999」の解説は、「アーヴ・カネモト」の解説の一部です。
「1999」を含む「アーヴ・カネモト」の記事については、「アーヴ・カネモト」の概要を参照ください。


1999(1999, ABEAT-1999 A面)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 16:33 UTC 版)

キング&クイーン (音楽ユニット)」の記事における「1999(1999, ABEAT-1999 A面)」の解説

SUPER EUROBEAT VOL.101』収録

※この「1999(1999, ABEAT-1999 A面)」の解説は、「キング&クイーン (音楽ユニット)」の解説の一部です。
「1999(1999, ABEAT-1999 A面)」を含む「キング&クイーン (音楽ユニット)」の記事については、「キング&クイーン (音楽ユニット)」の概要を参照ください。


1999

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 06:16 UTC 版)

東雅雄」の記事における「1999」の解説

1999年シーズン、リエージュチームには冠スポンサーとしてベネトン・プレイライフが就き資金面での心配がなくなった。東は開幕戦マレーシアGPから3連勝、前半9戦中5勝を挙げチャンピオン争いリードしたま夏休み(約1ヶ月グランプリ開催がない期間)を迎えたこの時点では東自身周囲の人間チャンピオン獲得確信していた。 しかし休み明け第10戦チェコGP土曜日朝のフリー走行時、東はコース上で鹿に遭遇する。鹿と目を合わせてしまった東めがけて鹿が突進し両者激突、鹿は即死マシンバラバラになり東も全身打撲負ったその後痛み止め注射打って予選決勝レース出場したが、決勝途中で痛み止め切れてしまい、腰痛闘いながらの結果12位に終わった。 このレース以降東は大きく調子落とし勝利はおろか表彰台に立つことも叶わず、後半戦のベストリザルトはオーストラリアGPでの5位にとどまり最終的なシリーズランキング3位にまで落ちてしまった。この年チャンピオンとなったのは、1勝すら挙げなかったものの安定して上位フィニッシュ続けたエミリオ・アルサモラだった。

※この「1999」の解説は、「東雅雄」の解説の一部です。
「1999」を含む「東雅雄」の記事については、「東雅雄」の概要を参照ください。


1999

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 13:32 UTC 版)

史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND」の記事における「1999」の解説

1999年は、DREAMS COME TRUEデビュー10周年記念しアルバムthe Monster」のショーケースライブの春の夢、ホールツアーの夏の夢ドームツアー冬の夢、そして初の海外公演となる台湾公演2000年1月開催年間を通じて「ワンダーランドイヤー」というコンセプトのもと開催された。ちなみに秋の夢FUNK THE PEANUTS[R]の「you go girl!」発売もうひとつの夢・“ディスクワンダーランド”として初の公式ベストDREAMS COME TRUE GREATEST HITS "THE SOUL"」を2000年リリースした

※この「1999」の解説は、「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND」の解説の一部です。
「1999」を含む「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND」の記事については、「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1999」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1999」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「1999」に関係したコラム

  • 株365のFTSE100証拠金取引の見方

    FTSE100証拠金取引は、FTSE100指数(FTSE100種総合株価指数)に連動して値動きする銘柄です。そのため、FTSE100指数の値動きや構成銘柄の特徴を知ることでFTSE100証拠金取引の値...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1999のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1999のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1999 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの国際交流基金地球市民賞 (改訂履歴)、タイ・ロー (改訂履歴)、アーヴ・カネモト (改訂履歴)、キング&クイーン (音楽ユニット) (改訂履歴)、東雅雄 (改訂履歴)、史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS