ノストラダムスの大予言とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > ノストラダムスの大予言の意味・解説 

ノストラダムスの大予言

原題:
製作国:日本
製作年:1974
配給:東宝
スタッフ
監督:舛田利雄 マスダトシオ
製作:田中友幸 タナカトモユキ

田中収 タナカオサム
脚本:八住利雄 ヤスミトシオ
脚色:舛田利雄 マスダトシオ

坂野義光 サカノヨシミツ
構成:八住利雄 ヤスミトシオ
撮影:西垣六郎 ニシガキロクロウ

鷲尾馨 ワシオカオル
SFX:富岡素敬 

山本武 ヤマモトタケシ

井上泰幸 イノウエヤスユキ

池田泰平 イケダタイヘイ

田中一清 タナカカズキヨ

川北紘一 カワキタコウイチ
特撮監督:中野昭慶 ナカノテルヨシ
音楽:富田勲 トミタイサオ
美術:村木与四郎 ムラキヨシロウ
編集:小川信夫 オガワノブオ
録音:増尾鼎 
スクリプター:坂野義光 サカノヨシミツ

根本順吉 

宮脇昭 

斎藤守弘 

西丸震哉 

半村良 ハンムラリョウ

石川喬司 
スチール:石月美徳 
助監督:岡田文亮 オカダ
照明:小島真二 コジマシンジ
キャスト(役名
丹波哲郎 タンバテツロウ (西山良玄)
丹波哲郎 タンバテツロウ (西山玄哲)
丹波哲郎 タンバテツロウ (西山玄学
黒沢年男 クロサワトシオ (中川明
司葉子 ツカサヨウコ (西山伸
由美かおる ユミカオル (西山まり子
谷口香 タニグチカオリ (おりん)
田遠実  (玄武
青木義朗 アオキヨシロウ (柏尾憲兵少佐
竜崎勝 リュウザキカツ (大根
佐々木勝彦 ササキカツヒコ (吉浜
武藤章生 ムトウショウセイ (井原
浜村純 ハマムラジュン (木田
下川辰平 シモカワタッペイ (自衛隊々長)
平田昭彦 ヒラタアキヒコ (植物学者
小泉博 コイズミヒロシ (動物学者
平田未喜三 ヒラタミキゾウ (明の父・三治)
中村たつ ナカムラタツ (妻・勝子
志村喬 シムラタカシ (病院々長)
谷村昌彦 タニムラマサヒコ (田山
稲野和子 イナノカズコ (妻・浜子
山村聡 ヤマムラソウ (総理大臣
瀬良庄太郎 セラショウタロウ (開発大臣
鈴木瑞穂 スズキミズホ (環境庁長官
内藤武敏 ナイトウタケトシ (官房長官
岸田今日子 キシダキョウコ (ナレーター
解説
五島勉著「ノストラダムスの大予言」を、自らの手滅亡向いつつある人間への警鐘打ち鳴らすものとして、映画化した恐怖ロマン構成脚本八住利雄潤色は「人間革命」の舛田利雄、と坂野義光特技監督は「日本沈没」の中野昭慶監督舛田利雄撮影は「人間革命」の西垣六郎、と鷲尾馨それぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
東京街中にある西山環境研究所所長西山良玄は今日も若い所員達を指揮して、大気汚染分析にとりくんでいる。現在のまま自然破壊大気汚染が進めば、異常気象原因ともなり、早魃や冷害洪水招き人口増加に伴う深刻な食糧危機となる。そして地球破滅人類滅亡の日はノストラダムスの予言通り確実に近い将来現実のものとなる。良玄は学者立場から精力的にそのことを訴え続けるが、公害摘発態度対す企業からの報復妨害も行なわれた。良玄の娘まり子は、報道キャメラマン中川将来誓い合っていた。中川故郷豊かな漁村で、父はその漁協組合長として平和な暮しを送っていたが、ある日突然襲来した茶褐色の帯--赤潮発生一夜にして豊かな海の資源全滅させてしまった。一つ能力が異常に発達した子供達出現した。歩いてはいるのだが凄いスピードで走る子供ジャンプ力のみ異常に増大した女の子電子計算器に劣らぬ計算能力をもつ幼児。そして奇型児出産率30%を越え植物人間新しクル病発生等々、異常で奇怪事件現象日本各地起り始めていた。一方世界各地ではピラミッド吹雪舞い大洋氷結して巨大客船を氷でとざしてしまい東南アジアに起った大早魃は一千万人近い人々餓死線上をさまよわせていた。ニューギニア奥地に起った異常現象調査のため派遣された国連調査団は全員消息不明となってしまった。飛行中のSST突如爆発北極では氷山が溶け、東京には猛烈豪雨、そして、米国、オーストラリア・カナダなど主要食糧生産国は、大洪水、異常高温と早魃によりほぼ全滅となった。都市は完全にパニック態となり、食糧確保のため群集狂気のように、食糧倉庫スーパーマーケットを襲った。そしてそれらの狂乱下界状況呼応するかの如く太陽が濃いスモッグに蔽われて青緑色変り、街全体変色してきた。やがて、津波地震火山爆発など、世界各地起りつつある現象は、全て一つ方向示していた--人類滅亡--。西山良玄はこのような人類滅亡危機の中でこれを救う道は、学者英智政治決断実行力しかないことを必死訴えた。現代人類が、環境破壊エネルギー資源争奪戦続けるかぎり、ノストラダムスの予言のように、人類破滅の道を歩むしかないと。

ノストラダムスの大予言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/06 07:41 UTC 版)

ノストラダムスの大予言』(ノストラダムスのだいよげん)は、1973年祥伝社から発行された五島勉の著書。フランス医師占星術師ノストラダムスが著した『予言集』(初版1555年)について、彼の伝記や逸話を交えて解釈するという体裁をとっていた。その中で、1999年7の月に人類が滅亡するという解釈を掲載したことにより、公害問題などで将来に対する不安を抱えていた当時の日本でベストセラーとなった。実質的に日本のノストラダムス現象の幕開けとなった著作である。


  1. ^ 『朝日新聞』1974年3月2日付東京朝刊、5頁掲載の「祥伝社ノン・ブック」広告より。
  2. ^ 日本の論点1999』 p.688。なお、発行部数については、「発行部数」の節も参照のこと。
  3. ^ 志水 1992山本 1998山本 2000 etc.
  4. ^ 刊行直後の時期に本書への批判・反論をおこなった著作として、高木彬光の『ノストラダムス 大予言の秘密』(1975年、日本文華社)がある。
  5. ^ 山本 2000 pp.46-48
  6. ^ 田窪 1999 pp.146-147
  7. ^ cf. 山本 1999 pp.79-89
  8. ^ 山本 2000 p.85
  9. ^ 志水 1998 pp.39-40, 山本 2000 pp.85-86
  10. ^ 五島の解釈に従えば「7000年に別のものが」とでも訳されるはずの "Sept mil ans autre" について、ピエール・ブランダムールは "Sept mil ans outre"(7000年を越えて)の誤植とみなしている。これは極端な例であるにせよ、「恐怖の大王」に「別のもの」を対置するという解釈は五島による特殊な解釈であって、日本以外では一般的とは言いがたいものである。
  11. ^ 宮崎 1996山本 1999 pp.96-98 etc.
  12. ^ 大田俊寛『オウム真理教の精神史』 p.200
  13. ^ 本誌独自調査 予言書ベストセラーランキング これが最も売れている予言書トップ30(ホームページ版オリジナル)インターネットアーカイブのミラー)


「ノストラダムスの大予言」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ノストラダムスの大予言」の関連用語

ノストラダムスの大予言のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ノストラダムスの大予言のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノストラダムスの大予言 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS