オウム真理教とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 宗教 > 宗教 > オウム真理教の意味・解説 

オウム真理教

読み方:オウムしんりきょう

1995年の「地下鉄サリン事件」など、複数無差別テロ事件殺人事件起こしたことなどで知られるカルト宗教団体麻原彰晃本名松本智津夫)を教祖および最高指導者として崇めた。

オウム真理教は1987年に「オウム真理教」の名称で活動始めとされる1989年には坂本堤弁護士一家殺害事件実行1994年松本市神経毒ガスサリン散布する無差別テロ事件松本サリン事件」を実行した。松本サリン事件では被害者8名が死亡している。翌1995年3月に、東京都内複数地下鉄構内サリン散布する同時多発テロ地下鉄サリン事件」を実施13名の死者6000名を超える負傷者を出す大惨事となった。

オウム心理教の代表・麻原彰晃地下鉄サリン事件首謀者として1995年5月逮捕され、実行犯およびサリン製造者大半1996年までに逮捕された。判決が出ている者にはほぼ死刑無期懲役刑が下されている。

事件逃走続け平田信菊地直子高橋克也らは、警察庁による特別手配指定されたが、10年あまり消息がつかめなかった。2011年12月31日平田信警察署出頭し、17年目にして逮捕された。2012年6月3日には菊地直子逮捕され、続け高橋克也2012年6月15日逮捕された。これによりオウム真理教の事件絡み逃亡犯は全て逮捕されたことになる。

2012年6月18日現在、高橋克也逃走中にも教祖であった麻原彰晃写真著書所持していたこと、拘束中にも蓮華座立位礼拝といった修行行為を行うなど、現在もオウム真理教に帰依している様子見られることが報道されている。

事件後、オウム真理教の残った信者教団Aleph」を結成活動続けている。また、幹部一人であった上祐史浩宗教団体ひかりの輪」を結成している。

オウムしんり‐きょう〔‐ケウ〕【オウム真理教】


【オウム真理教】(おうむしんりきょう)

1980年代より日本存在したカルト宗教団体
松本サリン事件地下鉄サリン事件などのテロ行為のほか、数々反社会的活動を行っている団体である。

1996年宗教法人としての法人格を失ったものの活動継続
2000年破産に伴い団体名を「アレフ」に改称
さらに分裂改称経て、現在は「Aleph」と称する団体、「ひかりの輪」と称する団体分裂
それらの団体教義信者一部を引き継いでおり、現在も公安当局監視下に置かれている

オウム真理教の始まり

1984年松本智津夫自称麻原彰晃)が発足させたヨガサークル「オウム神仙の会」を母体とする。
1987年、「オウム真理教」と改称
1989年東京都知事から宗教法人資格取得

1989年以降積極的な布教活動を展開し、最盛期には約1万人の信者を擁した。
山梨県上九一色村の「サティアン」と称する大規模施設中核に、全国各地20箇所支部設置している。
アメリカドイツロシアスリランカ教団支部オーストラリア台湾関連企業を有していた。

教団理念教義既成宗教換骨奪胎した、いわゆるニューエイジ系」。
瞑想苦行によって煩悩捨て悟り開き神秘体験経て解脱に至る事を旨とする
強いて分類すればチベット仏教などに代表されるヴァジュラヤーナ仏教に近い。
松本智津夫自身チベットヒマラヤ山脈最終解脱を果たしたと詐称している。

テロ組織への変貌

組織拡大に伴い、オウム真理教は発展目標として「日本ジャンバラ計画」なるものを標榜
その手段として麻原彰晃独裁者として統治する祭政一致専制国家体制樹立が必要だと主張
この目的のために政治団体真理党」を結成し、1990年2月衆議院議員選挙麻原代表以下25人が出馬した。
結果、当然ながらというべきか、幸いにもというべきか、立候補者の全て落選に終わった。

また、1990年5月熊本県波野村進出した際、地元住民による反対運動を受ける。
同年10月国土利用計画法違反などの容疑強制捜査を受け、8人が逮捕32箇所差し押さえを受けた。

教団上層部こうした経緯を「国家権力による弾圧」であると被害妄想的に断定
教団存続拡大のために国家を「打倒」する必要がある、と内部主張始めた。
そのため自動小銃化学兵器開発計画など、テロ実行準備刻一刻と進めていった

また、1994年6月ごろには教団代表の麻原彰晃が「神聖法皇」「最終解脱者」を自称
自らを「尊師」「グル」と呼ばせ、信者絶対服従求めた。
ついには独裁前提とする23省庁内部設置し、一種擬似国家体裁を執り始めた。

これに伴って教団唱える教義暴力的変質
ポア」と称して教団指示による暗殺正当化し、ここに至って教団は完全にテロ組織と化した。

テロ事件

1989年11月教団は「坂本堤弁護士一家殺害事件」を実行

坂本弁護士は、出家信者母親から脱会についての相談を受けた。
これについてオウム真理教幹部交渉が持たれたが決裂坂本弁護士民事訴訟準備に入った。
教団はこれを教団発展対す障害として認識し、信徒弁護士暗殺を命じた。
結果信徒犯人グループ坂本弁護士宅に押し入って坂本夫妻長男殺害
遺体新潟富山長野山中遺棄された。

また1994年6月には「松本サリン事件」を実行

教団名義を偽って土地取得し、地主がこれを詐偽にあたるなどとして訴訟起こした。
この訴訟教団敗訴可能性が高く、また訴訟連動して地元住民による進出反対運動等を起こす
これに対して教団裁判官付近住民抹殺を命じ、研究段階にあったサリン散布された。
これにより住民7名が死亡144名が負傷した。

さらに、1995年2月に「目黒公証人役場事務長拉致監禁事件」を引き起こした。

1993年教団女性信者に対して約3億円相当(時価)の土地建物布施として譲渡するよう要求
女性信者はこれを拒否身の危険感じ逃亡し、その実兄である事件被害者に匿われた。
教団はこの件に対す尋問目的被害者ワゴン車拉致教団の「サティアン」に監禁した。
教団当初女性信者行方聞き出した後、麻酔薬記憶を消す予定であったが、失敗
記憶消去不可能である事にこの時点初め気付き、証拠隠滅のために殺害決断される。
被害者麻酔薬殺害された後、「教団独自の技術による焼却炉」で焼却され、湖に投棄された。

こうした事件繰り返す中、1995年には教団一連の事件における最有力容疑者として浮上
連日に渡る事件報道の中、教団上層部警察による大規模強制捜査対す危機感を募らせた。
これに対す捜査撹乱目的として「地下鉄サリン事件」を実行した。

強制捜査と裁判

地下鉄サリン事件から2日後、警察庁はオウム真理教に対す強制捜査決断
2500名の警察官投入される厳戒態勢で、教団施設対す一斉捜索が行われた。
自衛隊から防毒マスク貸与されるなど、非常な厳戒態勢の下での捜査であった。

同時に陸上自衛隊東部方面隊にも第三非常事態勤務体勢発令された。
これは「治安出動」を想定した厳戒態勢である。

結果松本智津夫筆頭489人の教団幹部逮捕され、うち189人が起訴された。
裁判では被疑者13人に死刑判決、5人に無期懲役判決が出された。


オウムしんりきょう 【オウム真理教】

麻原彰晃熊本県出身本名松本智津夫)が、一九八四(昭和五九)年、東京で「オウム神仙の会」を設立三年後に「オウム真理教」と改称八九八月に東京都から宗教法人認証許可静岡県富士宮市東京に総本部を置き、ヨーガ基本にした修行を行ったが、毒ガスによる無差別殺人を行うなど社会的大問題を起こし九五一二東京高裁から解散を命じられたが存続し、二〇〇〇年「アレフ」と改称した。アレフヘブライ語アルファベットAにあたるといい、「最上の」などの意味があるという。→ ポア

オウム真理教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/16 16:36 UTC 版)

オウム真理教(オウムしんりきょう)は、麻原彰晃教祖とするかつて存在した日本新宗教団体。1988年から1995年にかけて、オウム真理教事件を引き起こし、1996年(平成8年)1月宗教法人としての法人格を失ったが活動を継続。2000年(平成12年)2月には破産に伴いオウム真理教という名称は消滅した。




注釈

  1. ^ 読みは「シヴァたいしん」。オウム真理教におけるシヴァ大神はヒンドゥー教シヴァ神よりも更に崇高な存在とし、ニルヴァーナを超えるマハーニルヴァーナに存在する真理勝者の集合体であり、すべての根本神。
  2. ^ なお、当初は「真理教」とする筈だったが「しんりきょう」と発音する宗教団体(神理教)が他に存在していたため商標登録の都合上、オウム神仙の会の名前から取り「オウム真理教」と命名したのではないかという考え方もできる。
  3. ^ ブッダの心。
  4. ^ 立候補者が25名以上の政党には公職選挙法上確認団体と認められる利点がある。
  5. ^ オウム真理教の元代表野田成人は、教団の中では教祖である麻原彰晃の書籍以外は読んではいけないことになっていたが、中沢新一の『虹の階梯―チベット密教の瞑想修行』(1981年、平河出版社)はネタ本として半ば公になっており、教団内にふつうに存在し皆が参照していたと述べている。また、宗教学者の大田俊寛によると、ポアという言葉をオウム真理教に教えたのは本書である[83](ただし、同書にはポアの語は無く、代わりにポワと表記されており整合性に欠けている)。
  6. ^ 近代神智学とは、西洋と東洋の 智の融合・統一を企図したものであるされ、西欧神秘主義の伝統的な諸思想をアジアの諸宗教の用語によって装飾または再解釈したものであるが、チベットの霊的達人により伝えられた秘伝仏教であり、普遍の叡智であるとされた。
  7. ^ これは1個だけであり法律事務所に保管されていたため可能性はない。
  8. ^ 当初の横浜法律事務所との話の中で、教団は創価学会の名前を挙げた。
  9. ^ 11月17日夜にキャンセルされている。
  10. ^ 麻原彰晃が総選挙で出馬する選挙区。
  11. ^ 麻原の予言は自作自演であることから、自白とも取ることができる。

出典

  1. ^ 東京都に提出された宗教法人規則認証申請書より
  2. ^ a b オウム真理教について | 公安調査庁
  3. ^ a b 東京キララ社 2003, p. 27.
  4. ^ 東京キララ社 2003, p. 139.
  5. ^ a b オウム真理教 | 国際テロリズム要覧(Web版) | 公安調査庁”. www.moj.go.jp. 2019年1月26日閲覧。
  6. ^ a b 仏教経典に忠実なオウム真理教の教義 オウム真理教公式サイト(ウェイバックマシン)
  7. ^ なぜ人間はオカルトにハマってしまうのか?『現代オカルトの根源』の著者、大田俊寛氏に聞く”. 東洋経済online (2013年8月23日). 2020年6月15日閲覧。
  8. ^ a b 『生きている不思議 死んでいく不思議』-某弁護士日記「死刑執行回避署名のお願い」
  9. ^ 目次 オウム真理教 反社会的な本質とその実態(警察庁)
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 松本麗華『止まった時計』 p.37
  11. ^ 麻原彰晃モスクワラジオ電子自動制御大学講演会説法集説法集「宗教を科学する‐5大エレメントと分子運動」1992年4月25日
  12. ^ 『尊師に聞く1』AUM PRES 1992年 p.44
  13. ^ 有田芳生女性自身「シリーズ人間」取材班『「あの子」がオウムに!』 p.63
  14. ^ 瀬口晴義『検証・オウム真理教事件』 p.83
  15. ^ 高山文彦 『麻原彰晃の誕生』 文藝春秋、2006年、170-173頁
  16. ^ 目川重治 『目川探偵の事件簿』 データハウス、1995年、16-18頁
  17. ^ a b 江川紹子『救世主の野望』 p.41
  18. ^ 麻原彰晃」逮捕から20年 Yahoo!ニュース THE PAGE 5月16日(土)6時0分配信「キーワードで見るオウム真理教」
  19. ^ カナリヤの詩140号 カナリヤの会
  20. ^ 瀬口晴義『検証・オウム真理教事件』社会批評社、1996年、p.84
  21. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 渡邉学『南山宗教文化研究所所蔵オウム真理教関係未公開資料の意義について』 2009年 南山宗教文化研究所
  22. ^ a b c d e 『「オウム真理教」追跡2200日』p.145-152「ダライ・ラマ側近の証言」。
  23. ^ 麻原彰晃『イニシエーション』 1987年 p.1-2
  24. ^ 「坂本弁護士一家殺害事件5年10ヶ月の軌跡そして「真相」坂本弁護士と家族を救う全国弁護士の会 弁護士 瀧澤秀俊
  25. ^ 毎日新聞社会部『オウム「教祖」法廷全記録2』 p,319
  26. ^ 『オウム解体』宮崎学vs上祐史浩(雷韻出版 2000年5月1日
  27. ^ 島田裕巳『オウム なぜ宗教はテロリズムを生んだのか』(トランスビュー、2001年)
  28. ^ a b c 東京キララ社 2003, p. 23.
  29. ^ オウム真理教制作ビデオ「オウム真理教専属オーケストラ”キーレーンのすべて”-総監督麻原彰晃」
  30. ^ a b 未曾有のテロ(警視庁公式ウェブサイト)
  31. ^ 「神話 聖地訪れ「私はブッダ」」『朝日新聞』東京朝刊、1995年10月22日、p.31
  32. ^ a b c d e オウム真理教放送の開始から中止まで(アジア放送研究会制作「オウム真理教放送録音集」解説文から)
  33. ^ 布告──集え、我が前生の弟子よ! オウム真理教公式サイト(Internet Archive)
  34. ^ a b c d 『「オウム真理教」追跡2200日』p.114-121。
  35. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『「オウム真理教」追跡2200日』pp.500-517「麻原説法の途方もない罪」。
  36. ^ a b c d e f g h i j 平成7合(わ)141 殺人等 平成16年2月27日 東京地方裁判所
  37. ^ 広瀬健一第3章第2節 事件の動機に関する元信徒の供述の差異
  38. ^ a b c d 『「オウム真理教」追跡2200日』pp.336-352「麻原はすべてを知っている」。
  39. ^ a b 『「オウム真理教」追跡2200日』pp.452-477「被害者の会会長を襲った怪事件」。
  40. ^ a b オウムの教訓 -オウム時代の反省・総括の概要- 1990年 ひかりの輪公式サイト。
  41. ^ 上祐史浩 『オウム事件 17年目の告白』 扶桑社、90頁。
  42. ^ a b NHKスペシャル取材班「未解決事件 オウム真理教秘録」 p.79
  43. ^ 『「オウム真理教」追跡2200日』pp191-199「麻原彰晃の偽装工作」。
  44. ^ a b c 『「オウム真理教」追跡2200日』pp200-208「シャンバラ化計画」。
  45. ^ オウムを追い出した村、代償9.2億円 熊本・波野は今 朝日新聞 2018年7月6日
  46. ^ 毎日新聞社会部『元愛弟子への無期判決―オウム「教祖」法廷全記録3』 p.325
  47. ^ 降幡賢一『オウム法廷2下』 p.315
  48. ^ 降幡賢一『オウム法廷2上』 p.332
  49. ^ 東京キララ社 2003, p. 24.
  50. ^ 別冊宝島229号『オウムという悪夢』
  51. ^ a b 降幡賢一『オウム法廷 グルのしもべたち下』 p.33
  52. ^ 朝日新聞 1995年5月14日付 1面
  53. ^ 松本麗華『止まった時計』 p.71
  54. ^ カナリヤの詩第54号 カナリヤの会
  55. ^ カナリヤの詩45号 カナリヤの会
  56. ^ a b c d e f g オウムの教訓 -オウム時代の反省・総括の概要- 1994年 ひかりの輪公式サイト。
  57. ^ 麻生幾「ドキュメント強制捜査--日本治安史に残る「史上最大の作戦」の舞台裏 (地下鉄サリン殺人事件<特集>)」『文芸春秋』第73巻第6号、1995年5月、 170-177頁、 NAID 40003422213
  58. ^ “「死刑囚が異例の証言 被害者の孫は」”. NHK ONLINE. (2014年2月4日). http://www9.nhk.or.jp/nw9/marugoto/2014/02/0204.html 
  59. ^ “「地下鉄サリン事件「予言成就のため」 井上死刑囚が証言」”. 朝日新聞DIGITAL. (2015年2月20日). http://www.asahi.com/articles/ASH2N5J9RH 
  60. ^ 「信徒50人 衰弱状態」 朝日新聞 1995年3月22日
  61. ^ a b c d 『「オウム真理教」追跡2200日』pp.363-375「青山弁護士の証拠隠滅罪」。
  62. ^ 『「オウム真理教」追跡2200日』pp.9-23「序章」。
  63. ^ 裁判の迅速化を図るため麻原の起訴内容の内LSDメスカリン覚醒剤・麻酔薬等薬物密造に関わる4件に付いては2000年(平成12年)10月5日起訴を取り下げている
  64. ^ 破防法弁明●証拠の要旨の告知(2) オウム真理教公式サイト(Internet Archive)
  65. ^ 判例時報1544号』43頁、『判例タイムズ890号』38頁
  66. ^ 『判例時報1548号』26頁、『判例タイムズ894号』43頁
  67. ^ 『判例時報1555号』3頁、『判例タイムズ990号』160頁
  68. ^ 『判例時報1558号』3頁。
  69. ^ 『判例タイムズ907号』98頁。
  70. ^ オウム真理教 反社会的な本質とその実態活発化する動き」『焦点』260号、警察庁、1999年
  71. ^ 江川紹子『魂の虜囚』 2000年 p.37
  72. ^ a b c 東京キララ社 2003, p. 17.
  73. ^ 東京キララ社 2003, p. 38.
  74. ^ F君 | 『生きている不思議 死んでいく不思議』-某弁護士日記 滝本太郎ブログ
  75. ^ オウムの教訓 -オウム時代の反省・総括の概要- 1999年 ひかりの輪公式サイト。
  76. ^ Aleph広報部 [お知らせ]
  77. ^ 被害者への賠償、19億円未払い=オウム資産は着々増加―公安庁 時事ドットコム(2015/03/20配信)[リンク切れ]
  78. ^ オウム、青年層にターゲット 時事ドットコム(2010/03/15配信)[リンク切れ]
  79. ^ 内外情勢の回顧と展望 平成22年(2010年)1月 (PDF)
  80. ^ 滝本太郎オウム集団のここ10年 第2版
  81. ^ 松本聡香『私はなぜ麻原彰晃の娘に生まれてしまったのか』 p.57
  82. ^ 朝日増刊『「オウム全記録」』 p.95
  83. ^ 〈対談〉元アーレフ代表・野田成人×宗教学者・大田俊寛(前編) 『自ら「グル」になろうとした中沢新一ら研究者たちの罪と罰』”. 日刊サイゾー (2011年8月31日). 2015年12月22日閲覧。
  84. ^ 『尊師に聞く1』AUM PRES 1992年 p.50
  85. ^ アクエリアス文明序説16 世界の宗教の源泉について 上祐史浩公式サイト(InternetArchive)
  86. ^ 麻原彰晃『自己を超えて神となれ!』 p.48
  87. ^ a b 樫尾 1997.
  88. ^ 大田 2011, p. 76.
  89. ^ 麻原彰晃『超能力秘密の開発法』 p.26-42
  90. ^ 『超越神力・パート2』(オウム出版)
  91. ^ 『宝島30』1995年11月号「オウム真理教修行体験90日」大泉実成
  92. ^ 広瀬健一オウム真理教元信徒 広瀬健一の手記」 第二章 浄土真宗円光寺
  93. ^ Aleph公式サイト(2011年版)「気を自在に操る聖者 ヴァジラハーサ師(1)
  94. ^ 早川紀代秀川村邦光『私にとってオウムとは何だったのか』 2005年 p.54
  95. ^ 降幡賢一『オウム法廷2下』 p.282
  96. ^ 大田俊寛 「ひかりの輪」の宗教的活動に関する私見2014年11月17日 p.4
  97. ^ オウムとは何だったのか | 考える広場 | 朝夕刊 | 中日新聞プラス 2018年4月15日閲覧
  98. ^ 大田 2011, p. 270.
  99. ^ オウム『ヴァジラヤーナ・サッチャno.5』1994年 p.48-51
  100. ^ 麻原彰晃『日出づる国災い近し』1995年 p.295-349
  101. ^ 教訓は生かされているか 「オウム事件後」の宗教と宗教学(5/6ページ) 中外日報 2014年4月2日付
  102. ^ a b 大田 2011, p. 246.
  103. ^ 「空虚な幻想」から目を覚ますために――オウム真理教事件の根底にあるもの / 大田俊寛氏インタビュー SYNODOS -シノドス-
  104. ^ 破防法弁明●ハルマゲドンに集まったというプロセスは終了した オウム真理教公式サイト(Internet Archive)
  105. ^ 宗教情報リサーチセンター 2015, p. 153.
  106. ^ 『「オウム真理教」追跡2200日』 p.133
  107. ^ 江川紹子『魂の虜囚』 2000年 p.314
  108. ^ 東京キララ社 2003, p. 137.
  109. ^ 東京キララ社 2003, p. 9.
  110. ^ a b c 東京キララ社 2003, p. 13.
  111. ^ a b 東京キララ社 2003, p. 19.
  112. ^ 宗教情報リサーチセンター 2015, p. 66.
  113. ^ 破防法弁明●五仏の法則の真意とは? オウム真理教公式サイト(Internet Archive)
  114. ^ 【2】「ポワ、五仏の法則等の密教法則の解釈の過ち」 | 2.上祐史浩からアレフ信者へのメッセージ | 上祐史浩個人の総括 | オウムの教訓 -オウム時代の反省・総括の概要- ひかりの輪
  115. ^ ダライ・ラマ十四世テンジン・ギャムツォ著、石濱裕美子訳『ダライ・ラマの密教入門』光文社 p.273
  116. ^ a b オウム『尊師に聞く!』 p.12-21
  117. ^ 碧海寿広「麻原彰晃の対機説法」『情報時代のオウム真理教』 p.110
  118. ^ 林郁夫「オウムと私」, p. 104.
  119. ^ 林郁夫「オウムと私」, p. 209.
  120. ^ 「サンサーラ」1992年1月号 徳間書店
  121. ^ 「麻原オウム真理教と統一協会を結ぶ点と線」週刊現代 1995年5月27日号
  122. ^ ビートたけしのTVタックル 年末スペシャル』 テレビ朝日、1991年12月放送。『オウム真理教大辞典』 p.113。
  123. ^ BART』 1992年6月22日号、集英社
  124. ^ 『【宗教・こころ】吉本隆明氏に聞く(1)弓山達也氏と対談』 産経新聞 1995年9月5日夕刊
  125. ^ 伝説のベストセラー作家・五島勉の告白「私がノストラダムスを書いた理由」”. 週刊文春 (2018年1月1日). 2018年1月4日閲覧。
  126. ^ 瀬口晴義『検証・オウム真理教事件』 p.113
  127. ^ 1990年7月『別冊宝島』114号「オウム真理教はディズニーランドである」など
  128. ^ 『宝島30』1995年3月号「徹底検証!オウム真理教=サリン事件」
  129. ^ 江川紹子『「オウム真理教」追跡2200日』。
  130. ^ 浅見定雄『なぜカルト宗教は生まれるのか』
  131. ^ 『オウム―なぜ宗教はテロリズムを生んだのか』トランスビュー、2001年
  132. ^ 週刊ポスト1989年12月8日号「オウム真理教のどこが悪いのか」など
  133. ^ 江川紹子『救世主の野望』 p.52
  134. ^ 別冊宝島33号 独占手記・元オウム信者の告発「僕と中沢新一さんのサリン事件」宝島社
  135. ^ 島田裕巳『中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて』亜紀書房、2007年
  136. ^ 苫米地英人『スピリチュアリズム』にんげん出版、2007年。
  137. ^ 島薗進『現代救済宗教論』青弓社2006年
  138. ^ 島薗進 2001, p. 46.
  139. ^ a b 島薗進 2001, p. 131.
  140. ^ 生駒夏美、「悪者づくり -オウム真理教事件の物語化を巡って-」『国際基督教大学学報 3-A,アジア文化研究』 2009年 35号 p.241-264, 国際基督教大学
  141. ^ オウム真理教 | 国際テロリズム要覧(Web版) 公安調査庁
  142. ^ オウム裁判と15年間の変化-その3 滝本太郎ブログ
  143. ^ 森達也『A4』 p.148
  144. ^ 『ヴァジラヤーナ・サッチャ No.12』1995年 p.18-21
  145. ^ NCC宗教研究所/富坂キリスト教センター共編『あなたはどんな修行をしたのですか?オウムからの問い、オウムへの問い』 p.57-60
  146. ^ 有田芳生女性自身「シリーズ人間」取材班『「あの子」がオウムに!』p.258
  147. ^ a b 毎日新聞社会部『オウム「教祖」法廷全記録6』 p.55
  148. ^ a b 降幡賢一『オウム法廷5』 p.165
  149. ^ 江川紹子『救世主の野望』 p.186
  150. ^ 江川紹子『「オウム真理教」追跡2200日』 1995年
  151. ^ a b 毎日新聞社会部『冥い祈り―麻原彰晃と使徒たち』 p.146
  152. ^ CNAS 2012, p. 29.
  153. ^ 上祐史浩『オウム事件 17年目の告白』 p.292〜294
  154. ^ 産経新聞 2018.6.8 10:44 露当局、「オウム」幹部を逮捕 ロシア国内での活動の中心人物 日本と連絡か
  155. ^ 別冊宝島476『隣のオウム真理教』(宝島社
  156. ^ 江川紹子『魂の虜囚』 2000年 p.47
  157. ^ a b c d 東京キララ社 2003, p. 124.
  158. ^ a b 平成8年 警察白書 第1節 オウム真理教の誕生からテロ集団化に至るまで
  159. ^ 東京キララ社 2003, p. 64.
  160. ^ a b c d e f g h i j k l カナリヤの詩第48号カナリヤの会
  161. ^ 東京キララ社, p. 106.
  162. ^ 東京キララ社 2003, p. 28.
  163. ^ a b c 東京キララ社 2003, p. 21.
  164. ^ 東京キララ社 2003, p. 26.
  165. ^ a b 東京キララ社 2003, p. 100.
  166. ^ オウム関連資料 カナリヤの会
  167. ^ 東京キララ社 2003, p. 51.
  168. ^ 東京キララ社 2003, p. 34.
  169. ^ a b 『情報時代のオウム真理教』巻末年表
  170. ^ 東京キララ社 2003, p. 97.
  171. ^ 東京キララ社 2003, p. 74.
  172. ^ a b c 「ユーレイ企業は本当の幽霊だ」 AERA 1995年5月24日
  173. ^ a b 東京キララ社 2003, p. 88.
  174. ^ 東京キララ社 2003, p. 120.
  175. ^ 東京キララ社 2003, p. 76.
  176. ^ 降幡賢一『オウム法廷2 上』 p.138
  177. ^ 『「オウム真理教」追跡2200日』p.240
  178. ^ a b c d 降幡賢一『オウム法廷 グルのしもべたち上』 p.111-116
  179. ^ 東京キララ社 2003, p. 108.
  180. ^ 東京キララ社 2003, p. 35.
  181. ^ a b 東京キララ社 2003, p. 117.
  182. ^ 東京キララ社 2003, p. 67.
  183. ^ 「オウム真理教 細菌兵器の実用化着々」 産経新聞 1995年4月26日
  184. ^ 東京キララ社 2003, p. 29.
  185. ^ 東京キララ社 2003, p. 65.
  186. ^ 東京キララ社 2003, p. 79.
  187. ^ オウム信者は原発に潜入していた 元信者が語った幻の原子炉ジャック計画週刊朝日 AERA dot. (アエラドット)
  188. ^ 菊地直子ブログ「オウム真理教の変わった習慣①
  189. ^ 降幡賢一『オウム法廷 グルのしもべたち下』 p.93
  190. ^ 『麻原彰晃の誕生』 p.108-109
  191. ^ 宗教情報リサーチセンター『<オウム真理教>を検証する』 p.20
  192. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 宗教情報リサーチセンター『<オウム真理教>を検証する』 p.330-344
  193. ^ 大田 2011, p. 215.
  194. ^ 宗教情報リサーチセンター『<オウム真理教>を検証する』 p.25
  195. ^ オウム真理教元信徒広瀬健一の手記 序章 1頁 浄土真宗大谷派円光寺ウェブサイト
  196. ^ a b c 平成7年刑(わ)894号 平成14年7月29日 東京地方裁判所
  197. ^ a b c d e f g h i j k l m n NCC宗教研究所/富坂キリスト教センター共編『あなたはどんな修行をしたのですか?―オウムからの問い、オウムへの問い』 p.245-270
  198. ^ 静岡新聞 1988年11月5日付 夕刊7面
  199. ^ 降幡賢一『オウム法廷4』 p.219
  200. ^ 判例タイムズ1232号 p.150
  201. ^ 降幡賢一『オウム法廷4』 p.221, 233
  202. ^ a b c d 『「オウム真理教」追跡2200日』p.94-104「七つの疑問」。
  203. ^ a b c d e f 『「オウム真理教」追跡2200日』p.105-113「血のイニシエーション」。
  204. ^ a b c d e f g h 『「オウム真理教」追跡2200日』p.78-93「坂本弁護士vsオウム 暗闘六カ月」。
  205. ^ 鈴木秀美・山田健太・砂川浩慶 編『放送法を読みとく』p.83 2009年 商事法務
  206. ^ 毎日新聞社会部『オウム「教祖」法廷全記録 2』 p.9, 297
  207. ^ 降幡賢一『オウム法廷13』 p.181
  208. ^ 「中国道のトンネルで衝突、炎上 1人死亡、4人けが―広島」 毎日新聞 1990/8/16
  209. ^ a b c d e f g h i j オウムの教訓 -オウム時代の反省・総括の概要- 1991年 ひかりの輪公式サイト。
  210. ^ 江川紹子『魂の虜囚―オウム事件はなぜ起きたか』 2000年 p.133
  211. ^ a b c d e f g h i j k オウムの教訓 -オウム時代の反省・総括の概要- 1992年 ひかりの輪公式サイト。
  212. ^ a b c d e f g 『「オウム真理教」追跡2200日』pp.290-304「オウムに毒ガス疑惑」。
  213. ^ ばるぼら『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』 p.430
  214. ^ 宗教情報リサーチセンター『<オウム真理教>を検証する』 p.292
  215. ^ 降幡賢一『オウム法廷13』 p.96, 115
  216. ^ a b c d オウムの教訓 -オウム時代の反省・総括の概要- 1993年 ひかりの輪公式サイト。
  217. ^ a b c d e f g 降幡賢一『オウム法廷 グルのしもべたち下』 巻末年表
  218. ^ NHKスペシャル取材班「未解決事件 オウム真理教秘録」 p.162
  219. ^ a b 降幡賢一『オウム法廷 グルのしもべたち下』 p.50
  220. ^ a b c d e 『「オウム真理教」追跡2200日』pp.252-276「暴走した松本サリン事件報道」。
  221. ^ 江川紹子『魂の虜囚 下巻』p.445
  222. ^ カナリヤの会『オウムをやめた私たち』 教団年表
  223. ^ 破防法弁明●証拠の要旨の告知(2) オウム真理教公式サイト(Internet Archive)
  224. ^ NHKスペシャル取材班「未解決事件 オウム真理教秘録」 p.128
  225. ^ a b 文藝春秋1995年5月号
  226. ^ a b CNAS 2012, p. 33.
  227. ^ NHKスペシャル取材班「未解決事件 オウム真理教秘録」 p.129
  228. ^ a b 江川紹子『「オウム真理教」裁判傍聴記2』 p.288
  229. ^ a b 降幡賢一『オウム法廷7』 p.238-242
  230. ^ a b c d 平成8年警察白書 警察庁
  231. ^ 「元自衛官拉致事件 オウム大阪支部の幹部逮捕へ」 読売新聞 1995/4/24
  232. ^ 東京キララ社 2003, p. 46.
  233. ^ a b 『「オウム真理教」追跡2200日』pp.478-489「麻原逮捕の日を迎えて」。
  234. ^ 東京キララ社 2003, p. 85.
  235. ^ 降幡賢一『オウム法廷2上』 p.206
  236. ^ オウム関係資料 カナリヤの会
  237. ^ a b 「オウム麻原容疑者 潜伏、ナゾの2ヶ月間」 読売新聞 1995年5月16日
  238. ^ 東京キララ社 2003, p. 22.
  239. ^ 江川紹子『「オウム真理教」追跡2200日』pp.251-304「松本サリン事件」。
  240. ^ 降幡賢一『オウム法廷6』 p.287
  241. ^ 「オウムの関与 幹部が示唆 坂本弁護士一家の失踪事件」 朝日新聞1995年5月19日朝刊
  242. ^ 『「オウム真理教」追跡2200日』pp.490-499「宗教法人解散請求の行方」。
  243. ^ 毎日新聞社会部『オウム「教祖」法廷全記録3』 p.257
  244. ^ ロシアでの活動が分かる資料。一橋文哉『国家の闇』角川書店 2012年 p.84
  245. ^ ひかりの輪 アレフ問題の告発と対策
  246. ^ オウムの教訓 -オウム時代の反省・総括の概要- 1997年 ひかりの輪公式サイト。
  247. ^ 活発化する動き オウム真理教 反社会的な本質とその実態( InternetArchive) 警視庁
  248. ^ オウムの教訓 -オウム時代の反省・総括の概要- 1998年 ひかりの輪公式サイト。
  249. ^ はじめに 警視庁
  250. ^ 2015年11月27日無罪で釈放。2017年12月27日無罪確定
  251. ^ オウム裁判、完全に終結=高橋被告の異議棄却-最高裁 時事通信 2018年1月26日
  252. ^ “オウム真理教元代表、松本智津夫死刑囚の刑執行(写真=共同)” (日本語). 日本経済新聞 電子版. https://r.nikkei.com/article/DGXMZO32688690W8A700C1MM0000 2018年7月6日閲覧。 
  253. ^ “オウム事件:教団元代表の松本智津夫死刑囚の刑を執行 - 毎日新聞” (日本語). 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20180706/k00/00e/040/163000c 2018年7月6日閲覧。 
  254. ^ “岡崎一明死刑囚ら残る6人の刑執行 四半世紀経て事件終結”. 産経新聞. (2018年7月26日). http://www.sankei.com/affairs/news/180726/afr1807260007-n1.html 2018年7月26日閲覧。 
  255. ^ NHKスペシャル 未解決事件 File.02 オウム真理教(NHKオンライン)





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オウム真理教」の関連用語

オウム真理教のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オウム真理教のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオウム真理教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS