往生とは?

おう じょう わうじやう [1]往生

スル
この世を去って、他の世界生まれ変わること。特に死後極楽に往()って生まれること。 極楽
死ぬこと。 -を遂げ 大-
抵抗などをあきらめること。断念すること。 いい加減に-しろ
打開策がみつからなくて非常に困ること。 英語が通じなくて-した 立ち-
圧状おうじように同じ。 無理-

おう じょう あふじやう

人を脅し強制的に書かせた文書人をおどして思ふ様の文を書かせんと仕るをば、乞素(こつそ)-と申して/盛衰記 23
(「往生」と書く)脅すようにして、いやいや承知させること。
「往生」に似た言葉
死歿      死に  死没


往生

読み方:オウジョウ(oujou)

この世を去って、他の世界生まれ変わること


往生

読み方:オウジョウ(oujou)

(1)現世を去って仏の世界生れかわること。
(2)死ぬこと、あきらめ行動をやめること。
(3)どうしようもなくなること。


往生

読み方:おうじょう

  1. 死ぬることをいふ。浄土論に「願見弥陀仏、普共諸衆生往生安楽国。」とある。〔僧侶語〕
  2. 死ぬることをいふ。浄土論に「願見弥陀仏、普共諸衆生往生安楽国。」とある。

分類 僧侶

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

往生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/24 15:15 UTC 版)

往生(おうじょう)とは、大乗仏教の中の成仏方法論の一つである。






「往生」の続きの解説一覧

往生

出典:『Wiktionary』 (2018/05/06 23:38 UTC 版)

名詞

(おうじょう)

  1. 仏教輪廻転生一環として前世因縁を受けて、他の世界、特に浄土、さらに狭義には極楽浄土生まれること。
  2. 死ぬこと。
  3. 災難困難にあって身動きが取れなくなること。
  4. 聞き分けのない相手に当たり閉口すること。
  5. 抵抗やめること。観念すること。覚悟すること。

発音

お↘ーじょー

派生語

動詞

活用

サ行変格活用
往生-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「往生」の関連用語

往生のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



往生のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの往生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの往生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS