スリランカの仏教とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > スリランカの仏教の意味・解説 

スリランカの仏教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/04 09:53 UTC 版)

スリランカの仏教では、スリランカにおける仏教について記す。




  1. ^ 橘堂正弘、「スリランカ仏教教団のカースト問題 : Udarata Amarapura Mahanikayaの場合」『パーリ学仏教文化学』 1995年 8巻 p.27-44, doi:10.20769/jpbs.8.0_27, パーリ学仏教文化学会
  2. ^ a b c 川島耕司、「現代スリランカにおける仏教ナショナリズムとキリスト教」『国士舘大学政治研究』 2010年 1巻, ISSN 1884-6963, 国士舘大学政経学部附属政治研究所
  3. ^ 地球の歩き方スリランカ 2005-2006年版』ダイヤモンド社、2005年。
  4. ^ J.A.T.D. Nishantha(にしゃんた)、「スリランカ内戦と解決のための日本の役割」『山口県立大学国際文化学部紀要』 2007年 13巻 p.87-92, 山口県立大学
  5. ^ [1][リンク切れ]
  6. ^ 日・月食の記号論」『法政大学教養部紀要. 社会科学編』 1987年 63巻 p.1-66, hdl:10114/4389, 法政大学教養部
  7. ^ a b 現代スリランカ仏教の仏教教団 - 橘堂正弘
  8. ^ King Mahasena”. Mahavamsa. Ceylon Government. 2008年9月12日閲覧。
  9. ^ CHAPTER IV THE POLONNARUWA KINGS,1070-1215”. A SHORT HISTORY OF LANKA. Ceylon Government. 2012年6月13日閲覧。
  10. ^ 杉本良男、「儀礼の受難 : 楞伽島綺談」 『国立民族学博物館研究報告』 2003年 27巻 4号 p.618-681, doi:10.15021/00004031, 国立民族学博物館
  11. ^ 川島耕司、「文明化への眼差し : アナガーリカ・ダルマパーラとキリスト教」『国立民族学博物館調査報告』 2006年 62巻 p.353-370, doi:10.15021/00001581, 国立民族学博物館
  12. ^ 川島耕司、「植民地下スリランカにおけるミッションと反キリスト教運動」『国立民族博物館調査報告』 2002年 31巻 p.151-183, doi:10.15021/00002014
  13. ^ a b 外務省スリランカ内戦の終結~シンハラ人とタミル人の和解に向けて わかる!国際情勢 Vol.40
  14. ^ Up to 100,000 killed in Sri Lanka's civil war: UN” (英語). ABC News (2009年5月20日). 2019年7月30日閲覧。
  15. ^ Religiously motivated conflicts in Sri Lanka中韓を知りすぎた男 - スリランカの国内事情Telegraph - Sri Lanka's Buddhist monks are intent on war
  16. ^ Boyle urges divestment-disinvestment campaign against "apartheid" Sri Lanka” (英語). 2019年7月30日閲覧。
  17. ^ Francis Boyle[2]The Rights of Tamils on the island of Sri Lanka under International Law and Practice


「スリランカの仏教」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スリランカの仏教」の関連用語

スリランカの仏教のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スリランカの仏教のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスリランカの仏教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS