律_(仏教)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 律_(仏教)の意味・解説 

律 (仏教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/04 03:58 UTC 版)

(りつ、:: Vinaya, ヴィナヤ、漢:毘奈耶)とは、仏教において僧団(サンガ)に属する出家修行者(比丘, bhikkhu, bhikshu)が守らなければならない、規則の事である。様々な律蔵が漢訳によって伝えられたが、日本においては主に四分律が用いられた。僧侶(比丘・比丘尼)のみに課される戒である波羅提木叉(別解脱戒、具足戒)のことであり、僧団で守るべき集団規則である。




  1. ^ 末木文美士『日本仏教史―思想史としてのアプローチ―』新潮社〈新潮文庫〉


「律 (仏教)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「律_(仏教)」の関連用語

律_(仏教)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



律_(仏教)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの律 (仏教) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS