諸法無我とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 諸法無我の意味・解説 

諸法無我

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/23 04:20 UTC 版)

諸法無我(しょほうむが、: sabbe dhammā anattā、सब्बे धम्मा अनत्ता[2])は、全てのものは因縁によって生じたものであって実体性がないという意味の仏教用語[3]三法印四法印の一つ[4][3][5]




  1. ^ a b アルボムッレ・スマナサーラ 『無我の見方』 サンガ、2012年、Kindle版、位置No.全1930中 1501-1522 / 78-79%。ISBN 978-4905425069 
  2. ^ Dviprasad Morya (2009). Jīvana kā yathārtha aura vartamāna jagata. Kalpaz Publications. p. 89. ISBN 8178357283. 
  3. ^ a b 中村元『広説佛教語大辞典』中巻、東京書籍、2001年6月、927頁。
  4. ^ a b アルボムッレ・スマナサーラ 『無我の見方』 サンガ、2012年、Kindle版,chapt.3。ISBN 978-4905425069 
  5. ^ 四法印(しほういん)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年9月22日閲覧。


「諸法無我」の続きの解説一覧

諸法無我

出典:『Wiktionary』 (2018/04/06 06:43 UTC 版)

成句

諸法 無我しょほうむが

  1. 仏教基本的哲学的な主張表わす成句で、「あらゆる存在ダルマ)の中にはアートマン)は無い」という意味。(アートマンバラモン教用語概念)で、「意識の最も深い内側にある根源」のこと。真我と訳されることもある。)

発音

ショホー ム↘カ°

語源

サンスクリット सर्व धर्म अनात्मन् (sarva-dharma-anātman) の漢語による意訳

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「諸法無我」の関連用語

諸法無我のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



諸法無我のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの諸法無我 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの諸法無我 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS