根源とは?

こん‐げん【根源/根元/根原】

物事の一番もとになっているもの。おおもと根本。「腐敗政治の—を絶つ」「諸悪の—」

物事始まり。「紛争の—となる事件」「—をさかのぼる」

本家元祖

お茶の湯の—とも言はるる秦野官翁に向かひ」〈伎・三十石艠始〉


こん‐げん【根源・根元】

〔名〕

① 川などの流れのもととなる所。水源みなもと

本朝麗藻1010か)上・暮春侍宴左丞相東三条第同賦度水落花舞〈大江匡衡〉「問根源於岸口、若梨園、出

② ある物事成立させる一番もとのもの。おおもとまた、ねもと。根本

発心集(1216頃か)七「此の身罪の根元として、心の為にあだ敵なれども」〔謝霊運山居賦〕

事の起こり物事始まり原因理由由来

後二条師通記寛治四年(1090一二月一〇日「頼治参、被根元、不子細」〔詩経集伝‐大雅柔〕

本家元祖

雑俳雲鼓万句合寛延二(1749)「かなでぜさいと書根元

歌舞伎三十石艠始(1759)四幕「禁廷お茶根元(コンゲン)とも云はるる官翁に向ひ」

(5) 男根陰茎)をいう。

禁令考‐前集第五・巻四二・寛文一二年(1672)七月一一日「右条々、堅可守之、若相背は或根元を切、或は死罪に可行之者也」


根源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/16 07:10 UTC 版)

根元(こんげん)あるいは根源(こんげん)とは、


  1. ^ a b 広辞苑第六版【根元・根源・根原】
  2. ^ アリストテレス『形而上学』A3、983b6
  3. ^ 『岩波 哲学思想事典』岩波書店、1998、p.474


「根源」の続きの解説一覧

根源

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 01:17 UTC 版)

別表記

名詞

こんげん

  1. ものごとおおもと

関連語

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「根源」の関連用語

根源のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



根源のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの根源 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの根源 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS