本家とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 親族 > 血筋 > 本家の意味・解説 

ほ‐け【本家】

「ほんけ」の撥音無表記。

三日の夜は—、五日の夜は摂政殿より」〈栄花・さまざまの喜び


ほん‐け【本家】

一族中心となる血筋の家。

流派などで、そのおおもととなる家。家元宗家。「観世流の本家」

分家の出たもとの家。⇔分家

妻の親のほうの家。里方

三日の夜は—、五日の夜は摂政殿より」〈栄花・さまざまの喜び

本所(ほんじょ)1」に同じ。


ほ‐け【本家】

〔名〕 (「ほんけ」の撥音「ん」の無表記) =ほんけ(本家)


ほん‐いえ ‥いへ 【本家】

〔名〕 =ほんけ(本家)


ほん‐け【本家】

〔名〕

おおもとになる家筋一族中心になる家筋いえもと宗家また、一番のおおもと

幸若築島室町末‐近世初)「都より本家の一族下向あって」

分家した者が、分家以前まで、その家族として属していた家。また、別家した者が、別家以前まで、奉公人として属していた家。おもや。

人情本春色梅児誉美(1832‐33)初「親類縁者あらぬゆゑ、只本店の持同前、その本家(ホンケ)へは彼鬼兵衛如才なく機嫌をとり」〔後漢書王暢伝〕

③ 妻の親の家。里方

宇津保(970‐999頃)藤原の君「檜皮大殿、廊、渡殿板屋など、〈略〉本けの御れうに造らせ給ふ

④ =ほんじょ本所(一)

三国地志‐天喜元年1053三月二七日官宣旨案一「雖官符、猶張各本家之威勢敢無国務之輩

(5) 江戸時代武家で、ある家の子孫で知行分けてもらったり、また、幕府から別の知行をもらって一家立てた者から、そのもとの家をいう。〔諸例集‐六・嘉永二年(1849)正月二〇日・本家・末家方法古事類苑政治六四)〕

(6) 出入り仕事師職人などにとって、その主家

(7) 本国の家。

今昔1120頃か)一「各善き衣服を着、象馬に乗じて迦毗羅国の境を出て、宝の衣を脱ぎ象馬等を以て、優婆離に付て、各本家へ返す

(8)ほんけぢゃや本家茶屋)」の略。


本家

読み方:ホンケ(honke)

(1)宗家
(2)古代、荘国の領主の上位する院・官・摂関家など。
(3)中世一家一門などの中心となる家。
(4)近世別家した際の元の家。
(5)近代分家した者がそれまで属した家の称。


本家

読み方:ほんけ

  1. 多額金銭所持し居る者。或は警察署刑務所刑務所のことを「分家」ともいふ。

本家

読み方:ほんけ

  1. 多額金員所持セル人物。〔第二類 人物風俗
  2. 多額金銭所持している者。

本家

読み方:ほんけ

  1. 警察本署。〔第五類 一般建物
  2. 警視庁分家警察署に対して。〔盗〕

分類 盗/犯罪


本家

読み方:ほんけ

  1. 監獄ノコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎部・長野県〕
  2. 監獄-〔四国地方〕。〔第五類 一般建物
  3. 刑務所
  4. 刑務所を云ふ。むしとも云ふ。
  5. 刑務所多治見 不良仲間

分類 ルンペン大阪不良仲間不良青少年硬派)、四国地方長野県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

本家

読み方
本家ほんけ
本家もといえ
本家もとや

本家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/21 14:49 UTC 版)

本家(ほんけ)は、日本荘園制における重層的土地支配構造荘園公領制職の体系を参照)上、最上位に位置づけられる土地の名義上の所有権者である。開発領主(かいほつりょうしゅ)から寄進を受けた領家から更に寄進を受けた院宮家摂関家大寺社が本家となっていた。別儀に宗家ともいう。




「本家」の続きの解説一覧

本家

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 00:33 UTC 版)

名詞

(ほんけ)

  1. 一族一門などの中心となる
  2. 分家から見て、そのとなった



本家と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「本家」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||

6
78% |||||

7
78% |||||

8
78% |||||



本家のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



本家のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの本家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの本家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS