太閤検地とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 政治活動 > 検地 > 太閤検地の意味・解説 

たい こうけんち -かふ- 【太閤検地】

1582年天正10以降豊臣秀吉全国的に行なった統一的検地実際に土地丈量調査行い従来貫高で示されていた田畑石高生産高)で示すように改めた。また、六尺三寸四方一歩として三〇〇歩を一段とする段歩制を採用耕地上・中下・下々の等級分け使用ます)を京枡統一ごとに検地帳を作って直接耕作農民の名を記し、耕作権保証するとともに年貢負担者とするなど、従来検地比べて、規模方法ともにまったく一新した画期的事業となった。天正の石直し

太閤検地

読み方:タイコウケンチ(taikoukenchi)

豊臣秀吉が行った検地


太閤検地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/06 07:53 UTC 版)

太閤検地(たいこうけんち)は、羽柴秀吉が日本全土で行なった検地田畑(山林は除く)の測量及び収穫量調査)。天正の石直し文禄の検地ともいう。




  1. ^ 領地の収穫高を厳密に調べるよう家臣に命じた書状で、羽柴姓を名乗る7月以前の元亀4年(1573年)5月の日付が見える。藤本久格 (2015年7月11日). “秀吉「親類縁者でも見逃すな」 収税めぐる書状発見”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASH7B56XKH7BPTFC00K.html 2016年1月16日閲覧。 
  2. ^ 神田千里「信長と石山合戦」
  3. ^ a b 堀 新「天下統一から鎖国へ」
  4. ^ 以下この段落は「日本中近世移行期論」(池上裕子 2012年)による。また、池上は太閤検地での斗代・分米が鎌倉時代の荘園制のそれとほぼ近似していることを指摘している。
  5. ^ 野中準編, 「慶長三年地検目録」, 「町歩下組帳」『大日本租税志 中巻』, 1908年.
  6. ^ 『社会科資料図解大事典〈日本歴史編〉』 全国教育図書、1965年。ASIN B000JAC75M


「太閤検地」の続きの解説一覧



太閤検地と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「太閤検地」の関連用語

太閤検地のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



太閤検地のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの太閤検地 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS