租税公課とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 租税公課の意味・解説 

租税公課

読み方:そぜいこうか

国税地方税などの租税や、賦課金罰金などの公課のこと。損益計算書費用項目であり、販売費及び一般管理費計上される。

租税公課として処理するものとしては、住民票印鑑証明書などの申請に必要な手数料や、収入印紙収入証紙などが挙げられる。また、税金延滞した際の延滞税駐車違反をした際の罰金なども租税公課として処理する。

例えば、住民票取り寄せるために手数料として現金250円を支払った場合仕訳次の通りとなる。

(借)租税公課 250 (貸)現金 250

租税公課

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/10/02 00:44 UTC 版)

租税公課(そぜいこうか)は、租税及び、公的な負担金である「公課」を総称したものである。類似した概念に「公租公課」があるが、こちらは、租税のうち、法人税等を含まない。




「租税公課」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「租税公課」の関連用語

租税公課のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



租税公課のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの租税公課 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS