国税庁とは?

国税庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/23 05:52 UTC 版)

国税庁(こくぜいちょう、英語:National Tax Agency、略称:NTA)は、内国税の適正かつ公平な賦課及び徴収の実現、酒類業の健全な発達及び税理士業務の適正な運営の確保を図ることを任務とする、財務省外局である。




  1. ^ a b 財務省定員規則(平成13年1月6日財務省令第3号)」(最終改正:令和2年3月30日財務省令第10号)
  2. ^ a b 令和2年度一般会計予算 (PDF) 財務省
  3. ^ [http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/005/0388/00505130388020.pdf 第5国会衆議院内閣委員会会議録20号p12昭和24年05月13日 池田国務大臣(大蔵大臣)の修正案の趣旨説明
  4. ^ 一般職国家公務員在職状況統計表(令和元年7月1日現在)
  5. ^ a b 国税庁 「第3部第1章第2節 : 任用及び採用試験」『第68回 : 事務年報 - 平成30年度』 2020年1月、pp.86-88。
  6. ^ 国税庁等について 採用情報 総合職試験(事務系)採用実績
  7. ^ 大学等を卒業した日又は大学院の課程等を修了した日のうち最も古い日から起算して8年を経過した者が対象
  8. ^ 国公労連 「国公労働運動の歴史(国公労働運動50年史年表から抜粋)」 京都国公
  9. ^ 法政大学大原社会問題研究所 「第2部第2編第7章 全国財務労働組合」『日本労働年鑑 : 第23集 - 1951年版』 時事通信社、1951年1月
  10. ^ 法政大学大原社会問題研究所 「大原クロニカ 『社会・労働運動大年表』解説編 国税会議(国税労働組合全国会議)」 2012年9月6日閲覧。
  11. ^ 「同盟……77年には、それまでも事実上その傘下にあった全日本紙パルプ・紙加工産業労働組合総連合(紙パ総連合)約2万9000人、国税労働組合全国会議(国税会議)約2万7000人等を正式加盟させることで、形のうえでは傘下組合員数を約1000人増加させた」(法政大学大原社会問題研究所編著 「第2部I 労働組合の組織現状と組織運動」『日本労働年鑑 : 第50集 - 1980年版』 労働旬報社、1979年11月)
  12. ^ 民間労働法制における不当労働行為に相当
  13. ^ 秦郁彦『官僚の研究』(講談社、1983年)p.239。川村裕三『ものがたり公務員法』(日本評論社、1997年)がp.177で引用。
  14. ^ [1]
  15. ^ 商工中金 役員異動(pdf)
  16. ^ [2]
  17. ^ 「国家公務員法第106条の25第1項等の規定に基づく国家公務員の再就職状況の報告(平成28年10月1日~同年12月31日分)」内閣官房内閣人事局
  18. ^ 「人事、信金中央金庫」日本経済新聞2017/5/18 17:05
  19. ^ [3]株式会社シグマクシス
  20. ^ 当時は法人課税課ではなく法人税課。


「国税庁」の続きの解説一覧



国税庁と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国税庁」の関連用語

国税庁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



国税庁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国税庁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS