7月13日とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 7月13日の意味・解説 

7月13日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/13 03:25 UTC 版)

7月13日(しちがつじゅうさんにち)は、グレゴリオ暦で年始から194日目(閏年では195日目)にあたり、年末まであと171日ある。誕生花はホテイアオイニチニチソウ




  1. ^ Buckingham Palace”. Fact of the Day Calendar. 2020年7月13日閲覧。
  2. ^ 昭和21~24年(1950年)”. 一般社団法人 国立大学協会. 2020年7月13日閲覧。
  3. ^ 岩田一正. “1966年から1980年までの教育言説の相克-高校入試を中心として- (pdf)”. 2020年7月13日閲覧。
  4. ^ 「観客が投石・放火 八百長と騒ぐ 警官ら14人重軽傷」『朝日新聞』昭和44年(1969年)7月14日朝刊、12版、15面
  5. ^ 千本のビデオテープと二千人の顧客名簿が握りつぶされたプチエンジェル事件、容疑者の不可解な自殺方法とは【未解決事件ファイル】”. excite ニュース (2019年11月16日). 2020年7月13日閲覧。
  6. ^ 7月13日は開館記念日!!”. AOMORI MUSEUM OF ART. 2020年7月13日閲覧。
  7. ^ 南スーダンが国連加盟へ、安保理が勧告”. AFP (2011年7月14日). 2020年8月21日閲覧。
  8. ^ 天皇陛下「退位」の意向 日本報道”. BBC (2016年7月14日). 2020年8月21日閲覧。
  9. ^ 作家の堺屋太一さん死去産経新聞産経ニュース2019年平成31年)2月10日
  10. ^ “演出家の浅利慶太さんが死去 85歳 劇団四季創立メンバー”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年7月18日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/18/kiji/20180718s00041000159000c.html 2020年11月13日閲覧。 
  11. ^ “イラストレーターの藤田香さん死去 47歳の若さで 「黒魔女さんが通る」挿絵など”. スポーツニッポン. (2018年7月17日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/17/kiji/20180717s00041000332000c.html 2020年11月7日閲覧。 
  12. ^ 本初子午線経度計算方及標準時ノ件(ウィキソース)
  13. ^ 7月13日が「イーサン・ハントの日」に認定”. シネマトゥデイ (2015年6月26日). 2020年7月13日閲覧。
  14. ^ ヒロユキ『アホガール』1巻、講談社講談社コミックス〉、2013年5月17日、60頁。ISBN 978-4063848717
  15. ^ 『カードキャプターさくら』第2巻、講談社〈KCデラックス〉、1997年4月1日、55頁。ISBN 978-4063197914
  16. ^ 『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』アニメBD第5巻封入特典「プロ麻雀煎餅カード」での記述より。
  17. ^ キャラクター”. アニメ『ナナマル サンバツ』公式サイト. 2020年7月13日閲覧。
  18. ^ メンバー紹介”. プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!. 2020年7月13日閲覧。


「7月13日」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「7月13日」に関係したコラム

  • CFDを始めるための最低資金は

    CFDを始めるための最低資金は、商品を購入する際に支払う必要証拠金額になります。必要証拠金額は、商品の価格はもとより、レバレッジや取引単位、為替レートなどにより大きく変わります。例えば、日経平均株価(...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「7月13日」の関連用語

7月13日のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



7月13日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの7月13日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS