エキサイトとは? わかりやすく解説

エキサイト【excite】

読み方:えきさいと

[名](スル)興奮すること。また、試合などが白熱すること。「―した観衆


エキサイト株式会社

主な事業インターネットコンテンツ制作運営コンテンツのダウンロード販売インターネット広告3つなかでも事業中心になっているのは情報ポータルサイトの「エキサイト」である。都市生活者ターゲットにしたポータルサイトとして1997年12月から運営している。ホームページ検索サービス中心に国語辞典英和/和英辞典から用語を検索する辞書検索」、英文海外ホームページ丸ごと翻訳する機能など各種サービス拡充してきた。検索サービス以外にとくに力を入れるのはエキサイトフレンドやチャット掲示板などのコミュニティーサービス2006年には「Media2.0」という目標を掲げた。インターネット上情報共有し有益な情報発信するツールとして活用することを目指している。広告事業次いで売上高をあげているのはコンテンツ販売99年11月年に開設され日本初女性向け情報サイト「Woman.Excite」と連動したECサイト人気コンテンツ一つになっている。最近ではオンラインゲームポータルサイト事業音楽ダウンロード販売にも力を入れるなど、ブロードバンド時代背景コンテンツ販売拡充させている。

事業区分 金融 広告マーケティング インターネットサービス コンテンツ・ゲーム制作配信 EC物販 携帯電話・PHS機器
代表者 山村幸広
本社所在地 150-6020
東京都 渋谷区 恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー
企業URL http://japan.zdnet.com/company/20012360/
設立年月日 1997年08月01
上場区分 上場
従業員数 175
子会社・関連会社 クロスネットワークス,,パー七十二プラザ,クロスリスティング,エキサイトクレジット
主要株主 伊藤忠商事,伊藤忠テクノソリューションズ,NTT東日本,NTT西日本,スカイパーフェクト・コミュニケーションズ,伊藤忠エレクトロニクス株式会社,ファミリーマート,みずほキャピタル
決算期 3月
資本金 3,222,632,000
売上高 11,937,727,000
経常利益 92,509,000


※「ZDNet Japan 企業情報に関するお問い合わせこちら

エキサイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/04 07:19 UTC 版)

エキサイト株式会社Excite Japan Co.,Ltd. )は、日本で検索エンジンポータルサイトADSLFTTHなどのブロードバンド接続サービスなどを展開する企業。出会い系サービスの「エキサイトフレンズ」や女性向けサービス「Woman.excite」、ブロードバンド接続サービス「BB.excite」などのサービスで知られる。




「エキサイト」の続きの解説一覧

エキサイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/17 18:21 UTC 版)

NOT LIVES -ノットライヴス-」の記事における「エキサイト」の解説

ヘルメット被っている青年

※この「エキサイト」の解説は、「NOT LIVES -ノットライヴス-」の解説の一部です。
「エキサイト」を含む「NOT LIVES -ノットライヴス-」の記事については、「NOT LIVES -ノットライヴス-」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「エキサイト」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「エキサイト」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エキサイト」の関連用語

エキサイトのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エキサイトのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリExciteの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエキサイト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのNOT LIVES -ノットライヴス- (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS