gameとは?

ゲーム【game】

遊びごと。遊戯。「ゲームコーナー」

競技試合勝負。「白熱したゲーム」

テニスで、セット構成する1試合。「先に二ゲームとったほうが勝ち」

ゲームセット」の略。


Game

名前 ガム

ゲーム (曖昧さ回避)

(game から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 23:48 UTC 版)

ゲーム (game) は、遊戯競技もしくは賭博




「ゲーム (曖昧さ回避)」の続きの解説一覧

ゲーム

(game から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/26 11:51 UTC 版)

ゲーム: game)は、勝負、または勝敗を決めること。守るべきルールがあり、環境または他人との相互作用を元に行なわれる活動である。日本語へ取り入れられた際にプレイ: play)と混同され、国内では和製英語として「遊び」や「遊戯」の意味で使用されることもある。そのため本項では「遊び」にも重点を置いた解説をする。


  1. ^ 馬場章氏×遠藤雅伸氏 『ゲーム・テクノロジーから教育を変える』 Edu×Tech Fes2013 - YouTube
  2. ^ ドロッセルマイヤーズが考える,ゲームシステムと世界観の理想の関係とは? ボードゲーム制作の視点からメカニクス構築を紐解く講演会レポート”. 2014年2月22日閲覧。
  3. ^ I Have No Words & I Must Design” (日本語). 2010年2月10日閲覧。
  4. ^ a b Crawford, Chris (2003). Chris Crawford on Game Design. New Riders. ISBN 0-88134-117-7 
  5. ^ Salen, Katie; Zimmerman, Eric (2003), Rules of Play: Game Design Fundamentals, MIT Press, p. 80, ISBN 0-262-24045-9 
  6. ^ Costikyan, Greg (1994), I Have No Words & I Must Design, http://www.costik.com/nowords.html 2008年8月17日閲覧。 
  7. ^ Avedon, Elliot; Sutton-Smith, Brian (1971), The Study of Games, J. Wiley, p. 405, ISBN 0471038393 
  8. ^ 『風ノ旅ビト』誕生秘話――人の感情を動かすゲームが生まれるまで【GDC2013】”. 2013年3月31日閲覧。
  9. ^ 六百デザインの「嘘六百」: 時折綴る「子供にゲームをさせよ論」のコト”. 2013年12月26日閲覧。
  10. ^ ゲームの神様・遠藤雅伸氏(下)日本のゲームの素晴らしさを世界に伝えるために”. 2018年1月23日閲覧。
  11. ^ Flew, Terry and Humpphreys, Sal (2005) "Games: Technology, Industry, Culture" in Terry Flew, New Media: an Introduction (second edition), Oxford University Press, South Melbourne 101?144
  12. ^ Roleplay Simulation for Teaching and Learning”. 2008年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月30日閲覧。
  13. ^ Roleplay Simulation Gamer Site”. Playburg.com. 2009年7月29日閲覧。


「ゲーム」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「game」の関連用語

gameのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



gameのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゲーム (曖昧さ回避) (改訂履歴)、ゲーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS