プロレスラーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > プロレスラーの意味・解説 

プロレスラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 16:01 UTC 版)

プロレスラーは、プロレス興行に参戦してリングで試合を行う者の総称である。レスラー選手(せんしゅ)とも呼ばれている。


注釈

  1. ^ この種の逸話としては、アンドレ・ザ・ジャイアントキラー・カーンのエピソードが有名。
  2. ^ 実際に永源はプロレスラー引退後もプロレスリング・ノア常務取締役を長く務め、所属団体の営業面の一翼を担っていた。
  3. ^ 当時WWEで最もファン人気があったダニエル・ブライアンは、しばしば観客に「YES!」のチャントを行わせるムーブを行っていたが、ブライアンのコアなファン層はソーシャルメディアを通じてブライアンが会社に対する要求事項をマイクパフォーマンスで提示した際に最大級のチャントを送るように示し合わせを行った事で、現実のWWEのストーリーラインにまで影響を与える事態にまで発展してしまった。結局ブライアンは観客を味方に付ける形でトリプルHとのシングルマッチ及び、WWE王座決定トリプルスレットマッチへの挑戦権の両方をWWEに認めさせ、WM30では両方の試合に勝利してWWE王座を獲得した。トリプルHはWM30の後、ブライアンの事前の策略とネットユーザーがWWEの想像を越えてストーリーラインの意思決定プロセスを知り尽くしているという事実を認め、一連の事態を指してリアリティ時代英語版の幕開けであると総括した。リアリティ時代以降、WWEのケーフェイの管理は明確に緩和され、プロレスラーがリング外でギミックを崩す事があってもファンから大きな拒絶の声が上がることは少なくなったという。
  4. ^ 痛みや苦しみが観客に暗に伝わるような悲鳴や呻き声の類ならば許容されるが、「痛い」などと直接的な言葉を発する事は観客を興醒めさせる要因となるため絶対の禁忌である。
  5. ^ ギミックを維持できず素の性格に戻ってしまう事と同義であると見做される為。
  6. ^ 特に左膝が直角に曲がらなくなった大仁田厚や、直立した状態で両膝が曲がったために人工関節を入れた武藤敬司が有名である。
  7. ^ ラッシャー木村が典型的な例で、2004年に「体力の限界」を理由に引退を表明したが、現役引退直後に脳梗塞で倒れていたことは、2010年の死去まで隠され続けた。
  8. ^ 共に頸髄損傷によって全身不随に陥ったハヤブサや高山善廣が有名である。
  9. ^ 一般的には、このような状態となり、明確な引退発表を行わないままプロレスラーとしての活動が途絶えた者はセミリタイヤ状態として形容される事が多い。ただし、安定した収入が得られるようになった後に、本業の合間に趣味程度の割合でリングに復帰する者も散見される。
  10. ^ ただし、実際には数試合限定ながら復帰している。詳しくは本人の項を参照。

出典

  1. ^ 「日本版アスレチックコミッション」 - 東京都議会議員 早坂よしひろ 公式ホームページ
  2. ^ 東京スポーツ・2009年3月18日付 7面
  3. ^ プロレスに「医師の出場許可書」を義務化 - 日刊スポーツ・2009年7月28日
  4. ^ 東京スポーツ・2011年3月6日付 28面
  5. ^ 「大日本プロレス」求人広告の待遇と特典が率直すぎる - ねとらぼ・2014年5月23日
  6. ^ [https://ameblo.jp/asateru/entry-12172610082.html 屋台村プロレス!!!! - インディーズデザインブランド、D.m.m 、CS,designer、asateru massiveの歪み日記
  7. ^ 持ち逃げ250万円、リーマンショック……DDTプロレス高木大社長の「飲食運営はつらいよ」【レスラーめし】 - メシ通 - ホットペッパー
  8. ^ 東京スポーツ・2009年5月20日付「格斗半世紀」第57回
  9. ^ a b 佐々木学,梅垣昌士,田村和義,櫻井公典,朝本俊司「プロレスラーの頚椎ドック4年間の経過報告」『脊髄外科』第30巻第3号、日本脊髄外科学会、2006年、 290-292頁、 doi:10.2531/spinalsurg.30.290
  10. ^ 2007年9月5日付 ABC News(英文リンク)
  11. ^ a b 滝澤透,成澤良「プロレスラーの死因に関する一考察」『八戸大学紀要』第45巻、八戸学院大学、2012年12月、 106-116頁。



「プロレスラー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

プロレスラーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プロレスラーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプロレスラー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS