飛行機事故とは? わかりやすく解説

航空事故

(飛行機事故 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/02 05:02 UTC 版)

航空事故(こうくうじこ、: aviation accident)は、航空機の運航中に起きる事故である。


注釈

  1. ^ フライトシミュレーターの運用と医学など分野を越えて分析研究が行われている。
  2. ^ アメリカン航空から1957年製造のダグラス DC-7型機を譲渡され小規模の様々な実験後1963年には離着陸失敗事故想定の再現検証実験に使用した[12]
  3. ^ 実施場所の条件、政府当局からの許可手続きと協力など。
  4. ^ 管制下の民間共用空港と市街地域の飛行から遠隔操作の無人離陸は許可されなかった。
  5. ^ 日本国内では、ディスカバリーチャンネルで2012年11月6日に『好奇心の扉:航空機事故は解明できるのか?』として放送された他、2020年4月20日に日本テレビ系列の「世界まる見え!テレビ特捜部」でも放送された。

出典

  1. ^ Fatal Events and Fatal Event Rates of Airlines
  2. ^ a b c d 「航空機・列車における重大事故リスクへの対応」「リスクマネジメント最前線」2014,No 2, 東京海上日動リスクコンサルティング,p.5
  3. ^ a b 以下、Survivability of Accidents Involving Part 121 U.S. Air Carrier Operations, 1983 Through 2000 , Safety Report NTSB/SR-01/01 March 2001 PB2001-917001 Notation 7322 ,pp.2-3.
  4. ^ a b c d e 秋本俊二「数字に見る航空機事故の確率」2001年07月16日,ALL ABOUT.及び同記事における杉浦一機『知らないと損するエアライン〈超〉利用術』(平凡社新書,2001年)内容紹介
  5. ^ a b c d e 「2020年航空機事故死者が299人に増加、運航本数は激減=民間調査」ロイター2021年1月4日
  6. ^ a b 橋賀秀紀「重大航空事故に遭遇する確率は? 最新統計ではわずか468万分の1!」CREA2016.8.15,文藝春秋. Aviation Safety Network,https://www.jacdec.de
  7. ^ a b c Adrian Young ,A DIFFERENT OPERATIONAL SCENARIO, SOME OF THE SAME OLD PROBLEMS: 2020 IN REVIEW,1 JAN,To70.
  8. ^ 米満孝聖「世界の旅客航空機事故による人的被害」国際交通安全学会誌 Vol.27,No.3 ,2002年11月,p51.
  9. ^ planecrashinfo.com による統計
  10. ^ ボーイング社による航空事故統計
  11. ^ 小学館ランダムハウス英和大辞典第二版より。この場合のTin()は金属の代名詞
  12. ^ FAA FIlm on crash safety tests, circa 1963. [1] From the archives of the San Diego Air and Space Museum[2]
  13. ^ 好奇心の扉:航空機事故は解明できるのか? | ディスカバリーチャンネル
  14. ^ Sandia National Laboratories: Sled Track



飛行機事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/13 21:51 UTC 版)

ノーウォーク (カリフォルニア州)」の記事における「飛行機事故」の解説

1958年2月夜間ノーウォーク上空で軍輸送機ダグラスC-118機とアメリカ海軍偵察爆撃機P2V-5Fネプチューン機が衝突した乗員47人が死亡し地上落ちてきた破片23歳女性市民死んだ1961年にアメリカン・リージョンが建立した事故追悼する銘板は、ファイアストーン・ブールバードとパイオニア・ブールバードの角の小さなショッピングセンター内にあり、事故起こった地点示している

※この「飛行機事故」の解説は、「ノーウォーク (カリフォルニア州)」の解説の一部です。
「飛行機事故」を含む「ノーウォーク (カリフォルニア州)」の記事については、「ノーウォーク (カリフォルニア州)」の概要を参照ください。


飛行機事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/17 18:43 UTC 版)

フィリップ・ドナルド・エストリッジ」の記事における「飛行機事故」の解説

1985年8月ドン・エストリッジ不慮の飛行機事故(デルタ航空191便墜落事故を参照)で妻と共に亡くなった48歳働き盛りであった当時IBMエントリー・システム部門1万人を雇用する部門になっていた。

※この「飛行機事故」の解説は、「フィリップ・ドナルド・エストリッジ」の解説の一部です。
「飛行機事故」を含む「フィリップ・ドナルド・エストリッジ」の記事については、「フィリップ・ドナルド・エストリッジ」の概要を参照ください。


飛行機事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 13:38 UTC 版)

トラヴィス・バーカー」の記事における「飛行機事故」の解説

2008年9月19日トラヴィスのほか有名DJDJ AM」ら6人が搭乗していた小型飛行機墜落。計4名が死亡しトラヴィス自身も、足から腰までに第3火傷を、そして両手第2以上の火傷を負う重体となった当時小型飛行機12日深夜に、サウスカロライナ州コロンビアメトロポリタン空港飛び立つ予定となっていたが、離陸失敗し飛行機滑走路そのまま飛び出しフェンス乗り越えその後、5車線ハイウェイ横切り、脇の土手ぶつかりようやく止まった直後に飛行機炎上し操縦士副操縦士トラヴィスアシスタントトラヴィスのセキュリティガードの4人が死亡生き残ったのは、トラヴィスDJ AMの二人だけだった。この後トラヴィスインタビューにて「生きていることに感謝している」と話し、さらに「俺は飛行機嫌いなんだ。1番恐れていたのが、飛行機事故に巻き込まれることだった。それが起きたいま、ただ生きていることに感謝している。この場にいるのを嬉しく思ってる」と付け加えたその後トラヴィス自身のアパレル・サイトで、亡くなった彼のアシスタントとセキュリティガードの遺族サポートするため、追悼基金設置し寄付呼びかけた

※この「飛行機事故」の解説は、「トラヴィス・バーカー」の解説の一部です。
「飛行機事故」を含む「トラヴィス・バーカー」の記事については、「トラヴィス・バーカー」の概要を参照ください。


飛行機事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/21 15:11 UTC 版)

ヒル・GH1」の記事における「飛行機事故」の解説

1975年11月29日の夜、世界チャンピオングラハム・ヒルフランスからロンドンに向けてパイパー・アステカ軽飛行機操縦していた。乗客はチームマネージャーのレイ・ブリンブル、ドライバートニー・ブライズデザイナーのアンディ・スモールマン、メカニックのテリー・リチャーズ、トニー・アルコックであった。彼らは1976年マシンヒル・GH2ポール・リカール・サーキットテストしそこから帰国する途中であった。機はエルスツリー飛行場着陸し、彼らはそこからロンドンパーティー会場に向かう予定であった。午後10時頃、機体濃霧の中アークリーゴルフコース木々ぶつかった機体爆発し搭乗者全員死亡した。サブマネージャーとメカニック2名のみ残されたエンバシー・ヒル運営不可能となり、チーム閉鎖した

※この「飛行機事故」の解説は、「ヒル・GH1」の解説の一部です。
「飛行機事故」を含む「ヒル・GH1」の記事については、「ヒル・GH1」の概要を参照ください。


飛行機事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/04 22:29 UTC 版)

ジャヴァリ谷」の記事における「飛行機事故」の解説

2009年10月保護地区中央に飛行機緊急着陸した。マティス族の人々が、11人のうち9人の生存者発見し生存者たちヘリコプター保護地区から搬送された。

※この「飛行機事故」の解説は、「ジャヴァリ谷」の解説の一部です。
「飛行機事故」を含む「ジャヴァリ谷」の記事については、「ジャヴァリ谷」の概要を参照ください。


飛行機事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/17 03:32 UTC 版)

ビル・チェイス」の記事における「飛行機事故」の解説

1974年半ばに4目のスタジオ・アルバム制作していたチェイス仕事1974年8月9日終了した。ジャクソン・カウンティ・フェアで予定されていたパフォーマンスに向かう途中チェイスミネソタ州ジャクソンチャーターされた双発機パイパー・ツイン・コマンチ(Piper Twin Comanche)の墜落事故死亡したパイロット副操縦士キーボード奏者のウォリー・ヨーン(Wally Yohn)、ギター奏者のジョン・エマ(John Emma)、ドラマーウォルター・クラーク(Walter Clark)が死亡した

※この「飛行機事故」の解説は、「ビル・チェイス」の解説の一部です。
「飛行機事故」を含む「ビル・チェイス」の記事については、「ビル・チェイス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「飛行機事故」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「飛行機事故」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

飛行機事故のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



飛行機事故のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの航空事故 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのノーウォーク (カリフォルニア州) (改訂履歴)、フィリップ・ドナルド・エストリッジ (改訂履歴)、トラヴィス・バーカー (改訂履歴)、ヒル・GH1 (改訂履歴)、ジャヴァリ谷 (改訂履歴)、ビル・チェイス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS