2019年とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 2019年の意味・解説 

2019年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/13 08:47 UTC 版)

2019年(2019 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、火曜日から始まる平年平成31年/令和元年。




  1. ^ 台風1号発生、元日は初 統計上最も早く”. 日本経済新聞 (2019年1月2日). 2019年1月5日閲覧。
  2. ^ 台風1号(パブーク) 元日に南シナ海で発生”. 沖縄タイムス+プラス (2019年1月1日). 2019年1月5日閲覧。
  3. ^ カリフォルニア州 プラ製ストローをレストランで使用禁止”. Sputnik 日本 (2018年9月21日). 2018年9月22日閲覧。
  4. ^ 嫦娥四号探测器成功着陆月球背面 传回世界第一张近距离拍摄月背影像图 国家航天局(2019年1月3日)
  5. ^ 台風1号 気象庁の監視域外へ出る 21年ぶりにサイクロンに”. ウェザーニュース (2019年1月5日). 2019年2月3日閲覧。
  6. ^ “産油国ガボンでクーデターか 大統領は国外で療養中”. 朝日新聞. (2019年1月7日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASM175RHCM17UHBI01P.html 2019年1月7日閲覧。 
  7. ^ “産油国ガボンでクーデターか 大統領批判の声明”. 日本経済新聞. (2019年1月7日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO3971226007012019910M00?s=0 2019年1月7日閲覧。 
  8. ^ “アフリカ・ガボンでクーデター未遂、関与者の大半を逮捕”. AFPBB. (2019年1月7日). http://www.afpbb.com/articles/-/3205342?cx_amp=all&act=all 2019年1月7日閲覧。 
  9. ^ “カシミール地方でテロ、40人死亡 印パ、非難の応酬”. 産経新聞. (2019年2月15日). https://www.sankei.com/world/news/190215/wor1902150015-n1.html 2019年8月22日閲覧。 
  10. ^ トランプ大統領、壁建設へ非常事態宣言 民主党は法廷闘争の構え 時事通信社 2019年2月16日配信 2019年2月16日閲覧
  11. ^ ヘリ墜落、観光相ら7人死亡=ネパール 時事通信 2019年2月27日
  12. ^ 最高裁判所第三小法廷 平成30(受)234 平成31年3月5日判決
  13. ^ 日本経済新聞2019年3月5日
  14. ^ 産経新聞2019年3月5日
  15. ^ 日本経済新聞2019年3月10日
  16. ^ “エチオピアで旅客機墜落 搭乗の157人全員死亡”. 日本経済新聞. (2019年3月10日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO42274620Q9A310C1CR8000 2019年3月12日閲覧。 
  17. ^ サイクロンで150人死亡 アフリカ南部3カ国” (2019年3月17日). 2019年3月16日閲覧。
  18. ^ NZ銃乱射の死者、51人に”. 時事通信 (2019年5月3日). 2020年2月13日閲覧。
  19. ^ イチローが現役引退、大リーグで数々の金字塔”. AFPBB News. AFP (2019年3月22日). 2019年3月31日閲覧。
  20. ^ タイ総選挙、親軍政党が最多得票 選管発表”. 日本経済新聞 (2019年3月29日). 2019年3月31日閲覧。
  21. ^ hermesauto (2019年3月31日). “Thousands march in Hong Kong over proposed extradition law changes”. The Straits Times. 2019年6月11日閲覧。
  22. ^ 新元号は「令和」、万葉集から出典 「希望あふれる新時代に」と首相”. ロイター (2019年4月1日). 2019年4月1日閲覧。
  23. ^ 4月7日(日本時間)に2度目の「GPS週数ロールオーバー」” (日本語). みちびき(準天頂衛星システム). 2019年4月2日閲覧。
  24. ^ イスラエル総選挙、右派過半 首相続投の見通し”. 日本経済新聞 (2019年4月10日). 2019年4月19日閲覧。
  25. ^ パリのノートルダム大聖堂が炎上 大統領は再建を宣言”. 産経ニュース. 産経デジタル (2019年4月16日). 2019年4月19日閲覧。
  26. ^ “コメディー俳優がトップ=現職と決選投票へ-ウクライナ大統領選”. https://www.jiji.com/jc/article?k=2019040100191&g=int 2019年4月2日閲覧。 
  27. ^ Easter Sunday attacks SC grants Leave to proceed 12 FR Petitions”. Daily Mirror Online (2019年10月3日). 2020年2月13日閲覧。
  28. ^ Sri Lanka intel chief sacked over Easter attacks”. Asia Times (2019年12月9日). 2020年2月13日閲覧。
  29. ^ 退位の日、皇居緊張の1日”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2019年5月1日). 2019年5月1日閲覧。
  30. ^ 天皇陛下「国民に心から感謝」最後のお言葉”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2019年4月30日). 2019年5月1日閲覧。
  31. ^ 「令和」幕開け 新天皇陛下が即位”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2019年5月1日). 2019年5月1日閲覧。
  32. ^ 新天皇陛下「国民に寄り添う」即位の儀式終了”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2019年5月1日). 2019年5月1日閲覧。
  33. ^ NASA、有人月面着陸計画「アルテミス」のスケジュール発表”. AFBニュース. AFBニュース (2019年5月24日). 2019年5月24日閲覧。
  34. ^ “タイ、プラユット氏を首相に選出 親軍政の連立政権発足へ”. Reuter Japan. Thomson Reuter. (2019年6月6日). https://jp.reuters.com/article/thailand-politics-idJPKCN1T62PJ 2019年6月6日閲覧。 
  35. ^ “香港で最大規模のデモ 中国本土への容疑者引き渡し案に反対” (英語). (2019年6月10日). https://www.bbc.com/japanese/48578227 2019年11月12日閲覧。 
  36. ^ 香港で200万人デモ、条例改正案完全撤回求め-行政長官は陳謝” (日本語). Bloomberg.com. 2019年11月12日閲覧。
  37. ^ 7月3日早朝に皆既日食!NASAが南米チリから生中継(sorae 2019年7月2日)
  38. ^ 韓国軍、領空侵犯のロシア軍機に警告射撃 竹島上空で”. AFP (2019年7月23日). 2019年7月23日閲覧。
  39. ^ ゴルバチョフ氏、INF失効批判「世界の安全保障損なわれる」”. 共同ニュース (2019年8月2日). 2019年8月2日閲覧。
  40. ^ 米テキサスで銃乱射、20人死亡=白人の男拘束、憎悪犯罪か-土曜の商業施設”. 時事通信社 (2019年8月4日). 2019年8月4日閲覧。
  41. ^ インドネシアの新首都はカリマンタン東部=ジョコ大統領、移転先発表”. 時事通信 (2019年8月26日). 2019年8月26日閲覧。
  42. ^ https://www.epochtimes.jp/p/2019/09/47159.html
  43. ^ 香港行政長官、逃亡犯条例改正案を正式に撤回-抗議活動収束は不透明”. Bloomberg NEWS (2019年9月4日). 2019年9月4日閲覧。
  44. ^ カナダ総選挙、トルドー首相続投 過半数届かず他党協力必要に”. ロイター (2019年10月22日). 2019年12月7日閲覧。
  45. ^ 天皇陛下、「即位礼正殿の儀」で国内外に即位を宣言 - BBCニュース”. BBC (2019年10月22日). 2019年12月7日閲覧。
  46. ^ 豪「エアーズロック」、19年から登山禁止に 「ディズニーランドではない」”. AFPBB NEWS (2017年11月1日). 2017年11月2日閲覧。
  47. ^ 成田空港発着を午前0時まで延長 開港以来初”. 朝日新聞デジタル (2019年10月28日). 2019年11月5日閲覧。
  48. ^ 世界遺産の首里城で火災、正殿などが全焼”. BBCニュース (2019年10月31日). 2019年12月1日閲覧。
  49. ^ トランプ大統領を弾劾訴追 米史上3人目 ウクライナ疑惑「権力乱用」認定”. 毎日新聞 (2019年12月19日). 2019年12月20日閲覧。
  50. ^ 太陽に最接近したボリソフ彗星アストロアーツ 2019年12月17日)
  51. ^ 新型肺炎が感染拡大、やはり隠蔽していた中国政府”. JBpress (2020年1月23日). 2020年1月23日閲覧。
  52. ^ ユーロ誕生20周年”. 新華網日本語. 新華社 (2019年1月1日). 2019年1月1日閲覧。
  53. ^ 米中首脳、国交樹立40周年を祝い書簡を交換 貿易戦争は停戦か”. AFPBB News. AFP (2019年1月1日). 2019年1月1日閲覧。
  54. ^ Gathering around the site of the molasses tank to remember its victims” (英語). Universal Hub (2019年1月15日). 2019年4月14日閲覧。
  55. ^ 初代「Macintosh」誕生35周年、クックCEOがお祝いツイート”. CNET Japan (2019年1月25日). 2019年4月14日閲覧。
  56. ^ 革命から40年祝うイラン、新型巡航ミサイル実験成功と発表”. AFP (2019年2月3日). 2019年4月14日閲覧。
  57. ^ 韓国「三・一独立運動」から100年、ソウルで記念日祝う市民”. フランス通信社 (2019年3月2日). 2019年8月3日閲覧。
  58. ^ メルトダウンから40年、米スリーマイル島原発9月閉鎖に揺れる地元”. フランス通信社 (2019年4月8日). 2019年8月3日閲覧。
  59. ^ セナ氏没後25年、イモーラで追悼式典 世界中から多くのファン参加”. AFPBB News. AFP (2019年5月2日). 2019年12月6日閲覧。
  60. ^ ダビンチの髪の房? 没後500年の企画展で初公開 イタリア”. フランス通信社 (2019年5月3日). 2019年8月3日閲覧。
  61. ^ 米大陸横断鉄道150年 伝説の蒸気機関車が登場”. 産経新聞 (2019年5月11日). 2019年8月3日閲覧。
  62. ^ 防衛駐在官メモが語る「六四天安門事件」~「勇気ある市民」流血の記録~(上):時事ドットコム”. 時事通信社 (2019年6月7日). 2019年12月6日閲覧。
  63. ^ マイケル・ジャクソン没後10年、虐待疑惑再燃でも衰えない人気”. フランス通信社 (2019年6月25日). 2019年8月3日閲覧。
  64. ^ 人類初の月面着陸から50年、米国で記念行事”. フランス通信社 (2019年7月21日). 2019年8月3日閲覧。
  65. ^ 独大統領 第二次世界大戦についてポーランドに許しを乞う”. Sputnik 日本 (2019年9月1日). 2019年12月6日閲覧。
  66. ^ 中華人民共和国、建国70年の記念行事 中国揺るがす「勢力ない」と習主席 - BBCニュース”. BBC (2019年10月1日). 2019年12月6日閲覧。
  67. ^ 外務省外交史料館 企画展示 国書・親書展 南北アメリカ編(2) | 外務省
  68. ^ 日・パラグアイ外交関係樹立100周年(2019年)事業認定の申請 | 外務省
  69. ^ 北欧作家の遺作小説「ミレニアム」、続編売行き好調で続・続編もロイター2015年10月15日2016年10月29日閲覧
  70. ^ 全世界1億部を突破したミステリ・シリーズの完結編、『ミレニアム6──死すべき女』訳者あとがき(Hayakawa Books & Magazines, 2019年12月9日)
  71. ^ 「逆転裁判4」第四話
  72. ^ Vol.81 THE 地球防衛軍2”. SIMPLE2000シリーズ. ディースリー・パブリッシャー. 2013年9月16日閲覧。
  73. ^ 川原礫『絶対ナル孤独者1 ー咀嚼者 The Biterー』KADOKAWA アスキー・メディアワークス、2014年、22・23・129・130・149 - 153・158 - 160・199 - 202頁。ISBN 978-4-04-866510-0
  74. ^ STORY - 『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッドIII』公式サイト(インターネットアーカイブ)。2006年4月30日、2018年2月2日閲覧。
  75. ^ 大友克洋『AKIRA PART 1 鉄雄』講談社、1984年、8・9頁。ISBN 978-4-06-103711-3
  76. ^ “実写版「AKIRA」監督は「アンノウン」ジャウム・コレット=セラ”. 映画ドットコム. (2011年7月15日). http://eiga.com/news/20110715/20/ 2011年7月22日閲覧。 
  77. ^ ジョー・ホールドマン『擬態 ーカムフラージュー』早川書房、2007年、8 - 13・18・19・26 - 33・82頁。ISBN 978-4-15-208818-5
  78. ^ 有川浩『図書館戦争シリーズ1 図書館戦争』角川書店、2011年、17 - 19頁。ISBN 978-4-04-389805-3
  79. ^ 作品概要”. 「図書館戦争」公式サイト. 2013年9月16日閲覧。
  80. ^ 伊藤計劃『ハーモニー〔新版〕』早川書房、2014年、36・164・195頁。ISBN 978-4-15-031166-7
  81. ^ 『ブレードランナー』あらすじ”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2013年9月16日閲覧。
  82. ^ 朱白あおい『乃木若葉は勇者である 下』KADOKAWA、2017年、205・220頁。ISBN 978-4-04-892857-1


「2019年」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「2019年」の関連用語

2019年のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



2019年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの2019年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS