希望の党とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 希望の党の意味・解説 

きぼう‐の‐とう〔キバウ‐タウ〕【希望の党】


希望の党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 00:56 UTC 版)

希望の党(きぼうのとう)




「希望の党」の続きの解説一覧

希望の党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 00:52 UTC 版)

柿沢未途」の記事における「希望の党」の解説

2017年9月民進党代表選挙後、離党検討していることが報じられ9月28日離党届提出し、希望の党に参加する意向示した同年10月22日投開票第48回衆議院議員総選挙では希望の党公認出馬し、党への逆風から党勢しぼんでいき、2回続けていた小選挙区での議席死守できず、最終的に比例復活当選

※この「希望の党」の解説は、「柿沢未途」の解説の一部です。
「希望の党」を含む「柿沢未途」の記事については、「柿沢未途」の概要を参照ください。


希望の党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 04:52 UTC 版)

大島敦」の記事における「希望の党」の解説

2017年9月28日民進党両院議員総会で希望の党への事実上の合流方針了承された。10月3日、希望の党は第48回衆議院議員総選挙第1次公認192人を発表するが、その時点で大島の名はなかった。10月4日夜、同党大島を含む第2次公認9人を発表した10月22日総選挙結果、7選。 10月27日、希望の党の両院議員総会で、暫定的な執行部幹事長政調会長就任決まる。11月14日、希望の党共同代表選挙後発足した正式な執行部で、代表代行に就任した

※この「希望の党」の解説は、「大島敦」の解説の一部です。
「希望の党」を含む「大島敦」の記事については、「大島敦」の概要を参照ください。


希望の党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 19:03 UTC 版)

重複立候補制度」の記事における「希望の党」の解説

2017年衆院選では近畿ブロックにおいて、代表の小池百合子関係の深かった井上一徳他の重複立候補者よりも上位優遇した。また、細野豪志唯一重複立候補せずに小選挙区のみで立候補した当選)。

※この「希望の党」の解説は、「重複立候補制度」の解説の一部です。
「希望の党」を含む「重複立候補制度」の記事については、「重複立候補制度」の概要を参照ください。


希望の党(中山成彬代表)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 00:09 UTC 版)

第25回参議院議員通常選挙」の記事における「希望の党(中山成彬代表)」の解説

今回参院選では、公認候補擁立しなかった。希望の党は2019年6月5日不出馬意向表明した行田邦子参院議員が、埼玉県知事選挙への立候補準備のため離党(しかし、告示直前2019年8月6日熱中症疑い入院。翌7日に、立候補断念することになった)した事に伴い政党要件喪失していた。

※この「希望の党(中山成彬代表)」の解説は、「第25回参議院議員通常選挙」の解説の一部です。
「希望の党(中山成彬代表)」を含む「第25回参議院議員通常選挙」の記事については、「第25回参議院議員通常選挙」の概要を参照ください。


希望の党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 19:03 UTC 版)

馬淵澄夫」の記事における「希望の党」の解説

2017年10月22日第48回衆議院議員総選挙では希望の党公認立候補したが、自民党公認の小林茂樹小選挙区惜敗率97.27%で敗れ重複立候補していた比近畿ブロックでも同党が3議席しか獲得できなかったこともあり比例復活での当選出来ず落選決定2003年第43回衆議院議員総選挙以来14年守り続けてきた議席失い奈良県自民独占となった落選後の2018年4月同じく選挙敗北した民進党前職新人らを集めた政治団体一丸の会結成した

※この「希望の党」の解説は、「馬淵澄夫」の解説の一部です。
「希望の党」を含む「馬淵澄夫」の記事については、「馬淵澄夫」の概要を参照ください。


希望の党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 14:37 UTC 版)

古川元久」の記事における「希望の党」の解説

2017年10月第48回衆議院議員総選挙には希望の党公認出馬し自民党田畑毅破り8選。同年11月党幹事長に就任。

※この「希望の党」の解説は、「古川元久」の解説の一部です。
「希望の党」を含む「古川元久」の記事については、「古川元久」の概要を参照ください。


希望の党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 22:54 UTC 版)

若狭勝」の記事における「希望の党」の解説

2017年5月31日同年行われる東京都議会議員選挙において、自民党ではなく都民ファーストの会支援するためとして、党本部離党届提出同年6月30日小池百合子会い新し国政政党立ち上げについて話し合った7月2日都議選実施都民ファーストの会圧勝する。翌7月3日自民党若狭離党了承した同月13日には政治団体日本ファーストの会」を設立し、代表に就任。8月7日記者会見し、年内新党結成必要性明言民進党離党する意向の細野豪志念頭に、「自民党に代わる受け皿づくりを考えている人と、これから協議深めていく」と述べた8月25日長島昭久松沢成文都内で会談し、新党結成に向けて協議した9月11日夜、若狭細野小池百合子東京都港区で会食。新党結成に向けて協議している政策などについて小池報告した9月16日若狭都内政治塾「輝照塾」を開講。約200人の塾生参加した同年9月23日若狭細野新党の名称を「希望の党」とする方向最終調整入った9月25日新党「希望の党」は総務大臣党の設立届け出た。党の代表は小池とされ、設立届には若狭細野中山恭子現職国会議員9人が名を連ねた主たる事務所は、若狭がかつて代表を務めた自由民主党東京都第十選挙区支部」と同一の住所豊島区南池袋2丁目)に置かれた同年9月29日早朝小池民進党前原誠司代表は新宿区内のホテルで会談。「候補者調整については、若狭民進党総合選対本部長代行玄葉光一郎実務的話し合い進める」ことが確認された同日10時頃、若狭玄葉会い候補者調整着手9月30日も同じ時刻会い候補者調整行った10月2日夕方枝野幸男新党立憲民主党」を立ち上げる表明。これを受けて若狭は「立憲民主の候補者の選挙区にはきちんと候補者擁立する」と記者団語った同年10月3日若狭玄葉細野参議院議員会館記者会見し、希望の党の第1次公認192人を発表した。希望の党は、立憲民主党への参加者を切り崩すため、民進党側に無所属での立候補なら対抗馬立てない」と圧力をかけていた。そして実際に無所属での立候補者には対立候補立てなかった。立憲民主党結党メンバーである枝野長妻昭菅直人赤松広隆阿部知子初鹿明博の6人の選挙区には抜かりなく対立候補立てた同年10月22日行われた第48回衆議院議員総選挙東京10区から立候補東京10区は計6名による混戦となり、若狭得票数3番目で敗れた比例東京ブロック重複立候補したが、希望の党が獲得した3議席届かず若狭惜敗率63.524%)、落選した同年10月26日BSフジ出演した際に政治活動はいったんここで退く」と述べ政界引退表明自らの年齢60歳)も引退理由挙げ、「元気で65歳過ぎたら若い人女性に譲るべき」「自分例外だとは言いづらい」と述べた。希望の党の後方支援引き続き行っていくとしている。 2018年2月17日、「輝照塾」の講義終了時に閉塾を宣言3月1日日本ファーストの会解散した。現在はコメンテーターとして活動再開している。

※この「希望の党」の解説は、「若狭勝」の解説の一部です。
「希望の党」を含む「若狭勝」の記事については、「若狭勝」の概要を参照ください。


希望の党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 08:01 UTC 版)

中山成彬」の記事における「希望の党」の解説

2017年第48回衆議院議員総選挙では、妻・恭子と共に旧希望の党に参加し比例九州ブロックから同党比例単独1位出馬し当選した2018年5月、希望の党分党に伴い新たに発足した希望の党の最高顧問に就任。2019年5月28日党代表に就任。 2021年10月6日第49回衆議院議員総選挙には立候補せず、任期限り政界引退する意向明らかにした。同月18日中山記者会見引退正式に表明し、代表を務める希望の党については同月1日解党していたことを明かした

※この「希望の党」の解説は、「中山成彬」の解説の一部です。
「希望の党」を含む「中山成彬」の記事については、「中山成彬」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「希望の党」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

希望の党のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



希望の党のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの希望の党 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの柿沢未途 (改訂履歴)、大島敦 (改訂履歴)、重複立候補制度 (改訂履歴)、第25回参議院議員通常選挙 (改訂履歴)、馬淵澄夫 (改訂履歴)、古川元久 (改訂履歴)、若狭勝 (改訂履歴)、中山成彬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS