比例とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 比例 > 比例の意味・解説 

比例

比例(ひれい)とは、二つの量が一定の割合増減する関係を指す言葉である。一方の量が増えれば、もう一方も同じ割合増え一方減ればもう一方も同じ割合で減る。このような関係性を持つ量同士を「比例する」と表現する。比例の概念は、日常生活から科学技術経済学など、多岐にわたる分野用いられる。 比例の具体的な例としては、速度時間価格数量、距離と時間などが挙げられる例えば、ある速度一定の時間移動すれば、その距離は速度時間の積となり、これは比例の関係を示している。また、商品価格購入する数量も比例の関係にある。数量増えればその分だけ支払金額増えるこのように、比例は我々の生活の中で頻繁に出現する概念である。

ひ‐れい【比例】

読み方:ひれい

[名](スル)

例をあげてくらべること。

目高が湖に泳ぐような—で海が広いとは云え」〈葉山海に生くる人々

物の形において、各部相互間または全体部分との割合釣り合っていること。

眼の長さが顔の幅に—しないとか」〈漱石・それから〉

二つのものが一定の関係をもつとき、一方増減につれて他方増減すること。「身長と体重は必ずしも—しない」

二つ変数の間で、一方が2倍・3倍となるにつれて他方も2倍・3倍となっていくこと。関係をyaxaは0でない定数)と表す。正比例

二つ変数の比が他の二つ変数の比と等しいこと。abcdで表す。


比例

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/12/15 05:59 UTC 版)

比例(ひれい、: proportionality)とは、変数を用いて書かれる二つの量に対し一方が他方の定数倍であるような関係のことである。




「比例」の続きの解説一覧

比例(方式)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/22 09:23 UTC 版)

マイニング・プール」の記事における「比例(方式)」の解説

マイナーたちは(そのマイニング一巡のその終了の)そのプール或るブロック探すまで分け前を稼ぐ。その後各々ユーザー報酬 R = Bn N {\displaystyle R=B\cdot {\frac {n}{N}}} を得る、ここに n {\displaystyle n} は彼の自己の分け前らの合計、そして N {\displaystyle N} はこの一巡でのすべての分け前らの合計であり、言い換えればすべての分け前らは等しいが、しかしそれのコストはひとつの一巡のその終了においてのみ計算される

※この「比例(方式)」の解説は、「マイニング・プール」の解説の一部です。
「比例(方式)」を含む「マイニング・プール」の記事については、「マイニング・プール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「比例」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

比例

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 04:47 UTC 版)

名詞

ひれい

  1. ふたつのについて、等しいこと。その数式
  2. あるものに対す割合

語源

マテオ・リッチ造語[1]

発音(?)

ひ↗れー

翻訳

熟語

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
比例-する

参考文献


「比例」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



比例と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「比例」に関係したコラム

  • 株365とCFDとの違い

    株365とCFDはどちらも株価指数をもとにした商品を取り扱っています。ここでは、2012年9月3日現在の株365の日経225証拠金取引とGMOクリック証券のCFD商品の日経225を比べてみます。▼取引...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「比例」の関連用語

1
96% |||||

比例のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



比例のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの比例 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマイニング・プール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの比例 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS