各部とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 部分 > 各部の意味・解説 

かく‐ぶ【各部】

読み方:かくぶ

それぞれの部分。「人体—の構造

官公庁会社などの、それぞれの業務上部門。「—の部長

それぞれのクラブ。「—の合宿


各部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 02:30 UTC 版)

兵科」の記事における「各部」の解説

1937年昭和12年2月12日に「明治三十五年勅令第十一号 陸軍武官官等表」が改正され、各部の階級制度大幅に改訂された従来は「陸軍一等主計正」など兵科と全く異なった階級名用いられていたが、この改正により「陸軍主計大佐従来呼称陸軍一等主計正)」など、兵科階級名準じた階級名となったまた、同じく昭和12年2月12日付で、軍令 「朕陸軍武官官等陸軍兵等級に関する件を制定し之が施行命ず」により、「将校相当官将官相当官佐官相当官尉官相当官)」が「各部将校(各部将官・各部佐官・各部尉官)」に改められた。

※この「各部」の解説は、「兵科」の解説の一部です。
「各部」を含む「兵科」の記事については、「兵科」の概要を参照ください。


各部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 02:30 UTC 版)

兵科」の記事における「各部」の解説

技術部 - 定色山吹色昭和15年改正廃止された旧砲兵科定色と同じ)。 法務部 - 定色白色経理部 - 定色は銀茶色薄紫色)。 軍楽部 - 定色紺青色衛生部 - 定色深緑色獣医部 - 定色紫色上述の各部の定色昭和15年以降終戦にかけてのもの。

※この「各部」の解説は、「兵科」の解説の一部です。
「各部」を含む「兵科」の記事については、「兵科」の概要を参照ください。


各部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/03 02:03 UTC 版)

カルパティア山脈」の記事における「各部」の解説

詳細は「カルパティア山脈の各部(英語版)」を参照下の部分には、固有の名称がある。 タトラ山脈ビソケタトリ (Vysoké Tatry) とも。 北西部チェコスロバキアポーランド国境地帯東西に走る。最高峰スロヴァキアのゲルラホフスカ山 (Gerlachovský štít, 2663 m)。 ベスキディ山脈英語版) (Beskydy)北東部スロバキアポーランドウクライナ国境地帯北西南東に走る。最高峰はポーランド・スロヴァキア国境のバビヤ・グラ (Babia Góra, 1724 m)。 アプセニ山脈ルーマニア語版、英語版) (Apuseni)北部カルパチア盆地ハンガリー大平原トランシルヴァニア高原、クリシャナ(英語版)(Crișana)に接する。 トランシルヴァニア山脈トランシルヴァニア・アルプス南カルパティア山脈とも。 南部ルーマニア中部東西に走る。最高峰モルドヴェアヌ山 (Vârful Moldoveanu, 2544 m)。トランシルヴァニア高原の南縁をなす。 トランシルヴァニア高原トランシルヴァニア盆地とも。 ルーマニア中部カルパティア山脈南部が凵字型屈曲した部分囲まれた、三角形高原。 なお、西カルパティア山脈、東カルパティア山脈という用語もあるが、山脈長く屈曲しているため、 ルーマニア部分着目しトランシルヴァニア山脈より西が西カルパティア山脈、東が東カルパティア山脈(図) 東西北西南東に延びている部分着目しタトラ山脈とベスキディ山脈が西カルパティア山脈ルーマニア部分が東カルパティア山脈 と、指す範囲一定しない

※この「各部」の解説は、「カルパティア山脈」の解説の一部です。
「各部」を含む「カルパティア山脈」の記事については、「カルパティア山脈」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「各部」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「各部」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



各部と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

各部のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



各部のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの兵科 (改訂履歴)、カルパティア山脈 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS