好くとは? わかりやすく解説

す・く【好く】

[動カ五(四)

人や物事に心が引きつけられる魅力を感じる。このむ。「だれからも—・かれる」「かけ事はどうも—・かない」

恋愛感情をいだく。「—・いて—・かれて一緒になる」「—・いたどうし

風流の道に心を寄せる

「よき人はひとへに—・けるさまにもみえず、興ずるさまも等閑(なほざり)なり」〈徒然一三七〉

好色である。多情である。

「—・きたる罪重かるべし」〈源・帚木


よく【善く/良く/好く/能く/克く】

[副]形容詞「よい」の連用形から》

念を入れてするさま。十分に。「歯を—磨く」「—勉強しなさい」

程度はなはだしいさま。非常に。たいそう。「あの親子は—似ている

その状態・条件ふさわしいさま。巧みに。うまく。「—書けました」「—設計された家」

困難なことをしたり、考えられないような喜ばしい結果得たりして感じ入るさま。本当にまあ。よくぞ。「—来てくれました」「月給だけで—やっていけるね」

相手非常識な言動などを非難するさま。4反語的にいう語。よくもまあ。「—のこのこと来られたものだ」

何度も同じことをするさま。しばしば。たびたび。「—物忘れする」「—行く店」


好く

読み方:えく、よく

【文語】ク活用形容詞好し」の連用形

用例

心好く



好く

読み方:えく、いく、よく

形容詞好い」の連用形

用例

心好く


日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

好く

大阪弁 訳語 解説
好く 好きになる
喜歡
連用形は「好き」となり、形容動詞としても活用する否定は「好かん」、過去形は「好いた」、受動形は「好かれる」。


す・く【好く】

方言味・解
す・く【好く】他動五)好きだ。

好く

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 11:38 UTC 版)

和語の漢字表記

(すく)

  1. すくを参照

「好く」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

好くのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



好くのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2022 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
博多弁推進会博多弁推進会
©1999-2022 博多弁推進会
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの好く (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS