帚木とは?

ははき‐ぎ【×箒木/×帚木】

【一】

ホウキギの別名。《 夏》

信濃長野県)の園原(そのはら)にあって、遠くからあるよう見え近づく消えてしまうという、ほうきに似た伝説上の木。転じて、情があるよう見え実のないこと、また、姿は見えるのに会えないことなどのたとえ。

園原伏せ屋生ふる—のありとは見えて逢はぬ君かな」〈新古今・恋一〉

語頭の2音が同音であるところから》母の意にかけて用いる。

大后の宮…日の本には—と立ち栄えはしまして」〈栄花駒競べ行幸

【二】

[一](帚木)源氏物語第2巻の巻名。光源氏17歳。源氏の、友人たちとの雨夜の品定めや、空蝉(うつせみ)との恋の前半部を描く。

[二](帚木)短歌雑誌昭和5年(1930)、吉沢義則主宰により創刊


はわき‐ぎ〔ははき‐〕【×箒木/×帚木】


ははき‐ぎ【箒木・帚木】

1 〔名〕 (「はわきぎ」の時代も)

① =ほうきぎ(箒木)《季・夏

元良親王集(943頃か)「ははきぎをまたすみがまにこりくべてたえしけぶりのそらにたつなは」

信濃国長野県園原にあって、遠くからはほうきを立てたように見えるが近寄ると見えなくなるという伝説上の樹木。転じて、情けあるよう見えて、実のないこと、姿は見えるのに会えないこと、また、見え隠れすることなどのたとえ。

古今六帖(976‐987頃)五「その原やふせやに生ふるははききのありとて行けどあはぬ君哉」

③ (語頭の二音が同じところから) 母の意にかけていう。

栄花(1028‐92頃)駒競行幸大后の宮、天の下三笠山と戴かれ給ひ、日の本には、ははきぎと立ち栄えはしましてより」

遊女ひそかにもっている情夫間夫(まぶ)。

随筆当世武野俗談(1757)新吉原松葉屋瀬川ははきぎとは 間夫と云ふてうなり」

2源氏物語第二帖の巻名。源氏一七歳の夏、五月雨の宵に源氏宿直所頭中将左馬頭らによってかわされた女性論「雨夜の品定め」と、翌日方違え空蝉かいまみ一度は強引に近づくが、空蝉二度と源氏に会おうとしなかったことを述べる。別伝的な巻。


帚木

作者北原亞以子

収載図書夢のなか慶次郎縁側日記
出版社新潮社
刊行年月2005.11


帚木


帚木

読み方:ハワキギ(hawakigi)

アカザ科一年草

学名 Kochia scoparia


帚木

読み方:ハハキギ(hahakigi)

ホウキ原料となる

季節

分類 植物


帚木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/25 08:10 UTC 版)

帚木(ははきぎ)は信濃国園原伏屋にある木。遠くから見ればを立てたように見えるが、近寄ると見えなくなるという伝説の木で、『延喜五年平貞文家歌合』、『古今和歌六帖』の坂上是則の歌「園原や伏屋に生ふる帚木のありとてゆけど逢はぬ君かな」で広く知られ、『新古今和歌集』に撰歌(ただし、新古今では、「ありとは見えて」。)された。そこから、近づいても逢ってくれない人、逢えそうで逢えない人の喩えに用いられ、『源氏物語』では第二帖の巻名にもなった(この場合の逢えない相手は空蝉。「帚木 (源氏物語)」参照)。また、ははきぎの「はは」が「母」に通うことから、まだ見ぬ母の喩えにも使われた。




「帚木」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「帚木」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||


帚木のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



帚木のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの帚木 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS