行幸とは?

ぎょう‐こう〔ギヤウカウ〕【行幸】

[名](スル)《「ぎょうごう」とも》天皇外出すること。行く先が2か所以上にわたるときには巡幸という。みゆき。→行啓(ぎょうけい)


み‐ゆき【行幸/幸】

【一】行くことを敬っていう語。特に、天皇外出をいう。行幸(ぎょうこう)。古くは、上皇法皇女院にもいったが、のちに御幸(ごこう)と音読して区別した。

群臣或は帝に勤むるに浙(せつ)に—するを以てするあり」〈露伴運命

こちごち花の盛りに見(め)さずともかにもかくにも君が—は今にしあるべし」〈万・一七四九〉

【二】(行幸)源氏物語29巻の巻名。光源氏36歳から37歳。冷泉帝大原野行幸、玉鬘(たまかずら)の裳着(もぎ)の行事などを描く。


ぎょう‐こう ギャウカウ 【行幸】

〔名〕

① (━する) (「ぎょうごう」とも) 天皇皇居を出て、よそへ行くこと。なお、行く先が二か所以上にわたるときには巡幸という。みゆき。いでまし

令義解718儀制車駕。〈行幸所称〉」

徒然草1331頃)一五六他所へ行幸ありけり」〔漢書武帝紀〕

香木の名。分類伽羅(きゃら)。

[語誌](1)「幸」のみで「行幸」の意味がある天子お出ましになると、その地方人々は食帛を賜い、爵祿与えられ、田租を免じられるなどの僥倖を得るからという〔蔡邑‐独断〕。
(2)「行幸」は漢音では「カウカウ」、呉音では「ギャウギャウ」であるが、一般には早くから「ギャウカウ」の形が用いられ、中世近世には「ギャウガウ」と連濁した形も見られる


み‐ゆき【行幸・御行・御幸】

(「み」は接頭語

1 〔名〕

① 行くことを敬っていう語。

万葉(8C後)九・一七四九「彼方(こち)此方(ごち)の 花の盛りに めさずとも かにもかくにも 君が三行(みゆき)は 今にしあるべし」

② 特に、天皇外出をいう。行幸(ぎょうこう)。臨幸古く上皇法皇女院にもいったが、後には御幸(ごこう)と音読して区別した。皇后皇太子には行啓(ぎょうけい)という。

万葉(8C後)四・五四三大君の 行幸(みゆき)のまにま」

2 (行幸) 「源氏物語第二九帖の名。玉鬘十帖第八源氏三六歳の一二月から三七歳の二月まで。冷泉帝大原野行幸を見物する玉鬘玉鬘宮仕えに出そうと企図する源氏玉鬘が父内大臣紹介され、やがて裳着が行なわれることなどを描く。


行幸

天皇外出されること。

行幸

読み方:ミユキmiyuki

天皇出かけること


行幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/10 05:49 UTC 版)

行幸(ぎょうこう、みゆき)とは、天皇が外出することである。目的地が複数ある場合は特に巡幸(じゅんこう)という。




注釈

  1. ^ これについて、高埜利彦は江戸幕府が社会に広く天皇の存在と権威を直接示すことを拒む朝廷統制策(「江戸幕府による行幸禁止政策」)があったとする。これに対して藤田覚は行幸の衰退・廃絶傾向は鎌倉時代後期から一貫して見られる現象であり、なおかつ財政的な問題もあったことから、それが江戸時代における朝廷側の行幸への消極的な姿勢につながっているとする[1]。また、鎌倉時代後期から行幸の衰退・廃絶について、佐古愛己は財政的な問題に加え、行幸に際して随行した公家たちの対する叙位が行われたことで、随員に選ばれず他者に超越される(位階を越される)ことになった公家の反発を招いて公家社会内部でのトラブルが深刻化したことにより、徳政の目標として「公平な人事」を求める声が高まり、叙位発生の原因となる行幸そのものが抑制された可能性を指摘する[2]
  2. ^ この規則は、天皇の行幸、皇后、皇太后、皇太子及び皇太子妃の行啓並びにその他の皇族のお成りの場合の警衛に関し必要な基本的事項を定め、もってその適正な実施を図ることを目的とする[3]

出典

  1. ^ 藤田覚『近世政治史と天皇』(吉川弘文館、1999年)第6章「天保期の朝廷と幕府-朝覲行幸再興を中心に」
  2. ^ 佐古愛己『平安貴族社会の秩序と昇進』(思文閣出版、2012年)補論2「中世公家社会における叙位の一考察」
  3. ^ 国家公安委員会規則『警衛要則』第1条
  4. ^ 富山県護国神社『富山県における聖帝四代の御製を拝す 』富山県護国神社、2012年、p27。
  5. ^ 柴崎力栄「関東地方における明治天皇親率演習---一八八一年の厚木行幸を中心に」(年報近代日本研究12・近代日本と情報、山川出版社、1990年)133-136頁に「明治天皇聖蹟の史跡指定」について記述がある。
  6. ^ 永田英明「天皇の行幸」館野和己・出田和久 編『日本古代の交通・流通・情報 2 旅と交易』(吉川弘文館、2016年) ISBN 978-4-642-01729-9 P94-95
  7. ^ 山本雅人『天皇陛下の全仕事』(2009年、講談社現代新書)
  8. ^ 第71航空隊 US-1A 90号除籍記念式典



行幸

出典:『Wiktionary』 (2021/08/18 12:16 UTC 版)

名詞

 ぎょうこう

  1. 天皇外出すること、みゆき
  2. 中国皇帝訪れること。

関連語




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「行幸」の関連用語

行幸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



行幸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
宮内庁宮内庁
Copyright (C) 2022 宮内庁 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの行幸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの行幸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS